« VAIOのUMPCはなかなかよいのかも? | トップページ | 【あーはいはい】スワップ枠無制限っていう夢を見たんだね? »

2009/01/08

丁BSの年末番組に潮さんが異議を・・・

私は見てないんですよね・・・。残念です。
【断 潮匡人】TBSに次回作を提案する (1/2ページ) - MSN産経ニュース

【断 潮匡人】TBSに次回作を提案する (1/2ページ) - MSN産経ニュース

2009.1.8 02:36
このニュースのトピックス:TV番組

 昨年12月24日夜、TBS系列で「あの戦争は何だったのか 日米開戦と東條英機」が放送された。「ドラマとドキュメンタリーで綴(つづ)る」2部構成。ドラマで東條英機役を務めたビートたけし氏ら俳優陣の演技は秀逸だった。

 気になったのはドキュメンタリーだ。「A級戦犯・東條英機 その責任と統帥権」と題し、統帥権を「魔物」と酷評。内閣、防衛省、自衛隊と降りる図解を用い、安住紳一郎アナが「公民の授業のようになりますが」「内閣の中に防衛省があり、今の自衛隊はその指揮下にあります」と説明。続けて鳥越俊太郎氏が「これがシビリアンコントロール」と解説した。

 正確を期すなら、自衛隊は防衛省の指揮下にはない。防衛省と自衛隊は同じ組織の別名である。誤解が消えないのは、公民の授業で防衛問題を忌避してきた結果であろう。

 番組の善悪二分法にも違和感を覚えた。行司役は、監修者でありオリジナルテキスト著者の保阪正康氏。海軍善玉、陸軍悪玉史観に加え、東條に冷たく、近衛文麿と山本五十六を持ち上げた。

 山本の作戦指導にも疑問が残るが、何より、仏印進駐も、政党政治の終焉(しゅうえん)も、支那事変も「その責任」を問われるべきは近衛であろう。次回は「近衛文麿 その責任と新体制」で企画頂きたい。

 ちなみにロンドン軍縮条約を「統帥権干犯」と非難したのは政友会の犬養毅や鳩山一郎。政治とマスコミが「魔物」を産んだ。

 統帥権に代わる現代の魔物は、さしずめ文民統制であろう。(評論家)


ドキュメンタリーの一番大事なところでポカしているのがご愛嬌か?
まぁ、防衛省のなかに陸海空自衛隊があるというのは間違いではないですが。

海軍善玉、陸軍悪玉?
東条英機が東京裁判で「海軍が無理といえば戦争はできなかった」と供述しているのは無視ですか?

近衛文麿?
とっちらかして投げ出した張本人じゃないの?まぁ、「国民党政府を相手にせず」と言い切ったのは一部理解できなくもないですけどね。当時の中国の体制と来たら国民党政府だけが政府じゃないですし・・・。というよりはちゃんと国を代表する一つの機関が存在したわけでもないですしね。

統帥権問題も軍縮されちゃった海軍が言い出したことなんです。でも、天皇陛下を輔弼する内閣が決めたことを一軍人がぼそっと反対してもそんなもん、海軍省の大臣も納得しているわけですから無視できること。それを政党人の鳩山とか犬養が政局にしようとしてマスコミを煽って、その後の軍部の増長の一端となったのは周知の事実。

紛争拡大を必死に抑えていた政府を批判し、どんどんやれ!と煽ったのはマスコミ。マスコミに煽られれば世論も動く、世論が動けばその尻馬に乗る「軽い」政治屋も動く。ただそれだけのこと。

そういう意味では、一億総懺悔というのが一番ぴったりします。

( ´ー`)y―┛~~

最近読んだ本でいろいろと「シビリアンコントロール」について知るところがあったんですが、一番目からうろこだったのが、あるブログの方からも勉強させていただきましたけど、文民の側にも覚悟がいるってこと。だから文民の側にも国を守るというしっかりした覚悟がないのに軍をコントロールするだの、国防などということを議論すること自体無理があるってこと。

それと次に知ったことが、シビリアンコントロールという言葉自体、あやふやな状態だということ。文民というところはいいとして、コントロールという部分があやふや。何を?どう?規定されていないというわけです。そこが固まっていないのに、やれ思想統制しろだの、やれ「村山談話」は金科玉条だのという議論はおかしいわけです。

大体、ただの左翼政治家で国民を数千人見殺しにして「なにぶんはじめてのことだったから・・・」というような言い訳しかできない無能政治家が残した、最低の政治家の最後っ屁とでも言っていいような談話を、後生大事にその後の政府も踏襲するなど、民主主義国家にあるまじき姿でしょう。河野談話しかり。

片や、ことが起これば命を捨てますと宣誓させられている方々、片や???

自分の命を捨てても国を守れ!と教育するのに、村山談話で教育できますか?しかも嘘に塗り固められたような世迷言で?

( ´ー`)y―┛~~

田母神氏の論文(というか、エッセイでしょうね)は、直接村山談話には触れてもいません。日本の近代を俯瞰して自分の意見を言っているだけです。しかも、その内容は特に間違いのないものでしょう。論文ではなくエッセイとしては。枝葉末節にこだわっている人としては、その内容を学会に発表するとか教科書に載せるという前提でお話されているのかもしれませんが(笑)

田母神氏の論文が村山談話と違うということは、すなわち村山談話が間違っているんでしょう。どうして間違っている談話を踏襲するんですか?

唾棄すべき村山、河野、宮澤の各世迷言を即刻破棄すべし。
 


↓麻生首相は「フシュウ」らしいから、踏襲はしていないはずと思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« VAIOのUMPCはなかなかよいのかも? | トップページ | 【あーはいはい】スワップ枠無制限っていう夢を見たんだね? »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 丁BSの年末番組に潮さんが異議を・・・:

« VAIOのUMPCはなかなかよいのかも? | トップページ | 【あーはいはい】スワップ枠無制限っていう夢を見たんだね? »