2008/11/09

おめでとう、西武が日本一!

完璧な試合でしたね。Gもよくやったとは思うものの、3回以降ランナーが出ない状況では何も出来ませんでしたね
Yomiuri Giants Official Web Site:11月9日 対西 武7回戦・東京ドーム 逆転され「奪回」ならず

Yomiuri Giants Official Web Site:11月9日 対西 武7回戦・東京ドーム 逆転され「奪回」ならず


2回、坂本がソロアーチを放ったが…

 最終戦の第7戦までもつれ込んだ今年の日本シリーズは、ジャイアンツが序盤に2点をリードしたものの、埼玉西武ライオンズに逆転され、6年ぶりの日本一奪回はならなかった。

 巨人の先発は内海、西武は西口。

 巨人は初回、二つの四球と小笠原の二塁打で一死満塁とすると、亀井の打席で西口が暴投。木村拓がすかさず先制のホームを踏んだ。二回には先頭の坂本が左翼スタンドに1号ソロをたたき込み加点した。

 巨人の攻撃はここまで。2点をリードした巨人は五回、内海が代打・ボカチカにソロ本塁打を浴び、1点差に。巨人打線は西武継投陣の前にヒットが出ない。

 八回には3番手・越智が、先頭の片岡に死球を与えると、盗塁と送りバントで三進。内野ゴロの間に同点とされる。さらに、平尾にタイムリーを打たれて勝ち越しを許す。

 西武は先発・西口を二回に見切りをつけ、石井一、さらに中2日でエース・涌井を投入する小刻みな継投策。巨人打線は三回以降一本のヒットも打てずに西武継投陣に抑え込まれた。


Snap_25__0811092139_001

Snap_25__0811092137

がっぷり四つの日本シリーズ、本当に楽しめました。

原監督は就任してから

一年目は4位
二年目は優勝、CS敗退
三年目も優勝、日本シリーズ出場⇒敗退

是非4年目は日本シリーズ優勝をお願いします!

うーん、惜しい試合でした。8回は頭から山口ではなかったか?勝ってるんだし。まぁ、今何を言っても負け惜しみになりそうなのでこれくらいで。

西武には是非日本代表ということでアジア一になって欲しい。

ガンバレ、L戦士達!
 


↓と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

| | コメント (4) | トラックバック (7)

ええぃ!パリーグの岸は化け物か?

岸にやられちゃいましたねぇ・・・
Yomiuri Giants Official Web Site:11月8日 対西 武6回戦・東京ドーム もう1本が出ず 決着はあすに

Yomiuri Giants Official Web Site:11月8日 対西 武6回戦・東京ドーム もう1本が出ず 決着はあすに


9回、代打・阿部は2塁打を放ちチャンスを広げたが…

 ジャイアンツは序盤の失点を取り返そうと、繰り返し得点圏に走者を送ったが、もう1本が出なかった。埼玉西武ライオンズとの戦績は3勝3敗となり、あす9日の第7戦が日本一奪回への最後の決戦となる。

 巨人の先発は高橋尚、西武は帆足。

 高橋尚は立ち上がり、ヒットと2四球で満塁のピンチを招き、平尾に走者一掃の二塁打を浴びて3点を失った。

 巨人は二回、ラミレスとイ・スンヨプの連打で無死一、三塁とすると、亀井の右翼線へのタイムリー二塁打で1点を返上。その後、二死二、三塁となり、原監督が高橋尚に代えて代打・大道を送ったが、内野ゴロに倒れた。

 四回にはラミレスの二塁打などで一死一、三塁のチャンス。しかし西武が中2日で投入した2番手・岸に後続を断たれた。

 その後も、岸を打ち崩せず、八回にも一死一、三塁でラミレスが内野フライ、イ・スンヨプが見逃し三振に打ち取られた。九回には代打・阿部の右翼越二塁打と加藤のヒットで、3回目の一死一、三塁。続く木村拓、鈴木尚とも打席で粘ったが、いずれも空振り三振に終わった。

 マウンドの2番手・東野、3番手・西村健は粘りの投球で西武の猛攻をしのぎ、大量失点を防いだ。4番手・久保、5番手・山口は被安打ゼロの力投だった。


あいかわらず中継ぎ陣は絶好調!打つほうはあと一本でしたね。打順のめぐりも悪かったような?亀井もタカヒロもネ申レスも好調をキープしていますから、そこに如何にしてつなぐかでしょうか。

しかし、惜しい試合でした。初回だけですもんねぇ。オケツ、リズムを作る前にやられちゃったって感じですね。でも、この試合も前の試合も、先発が悪くてもゲームは作れていますからね。

特にフランケン、四球3つで満塁の後を受けてよく凌いでくれました。感謝感謝です。あそこで一本出ていれば大負けになったような試合ですしね。

さて、王手返しをされてしまいましたが最後に勝つのはG!Gしかない!

絶対勝つ!

夢は叶えてこそ夢!

ガンバレ、G戦士達!
 


↓死んでもガンバレ!と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008/11/06

ついに王手!ラッキーセブンに怒涛の連打で大逆転!

亀井・脇谷・坂本の連打が素晴らしかったですね♪ネ申レスも劇走、ネ申もHR&タイムリー!小技も決めて、さぁ、土曜日に決めるだけだ!!!
Yomiuri Giants Official Web Site:11月6日 対西 武5回戦・西武ドーム  脇谷2点タイムリー三塁打 日本一に王手

Yomiuri Giants Official Web Site:11月6日 対西 武5回戦・西武ドーム  脇谷2点タイムリー三塁打 日本一に王手


7回、左中間を破るタイムリー三塁打を放つ脇谷

 ジャイアンツは1点を追う七回に打線が爆発。脇谷のタイムリー三塁打などで一挙に4点を奪い、逆転に成功。守っては埼玉西武ライオンズ打線に13安打を浴びながらも6投手の継投で3失点に抑え込み勝利した。対戦成績は巨人の3勝2敗となり、21回目の日本一に王手をかけた。

 巨人先発の上原は初回、3連打で無死満塁とされるが、中村から空振り三振を奪うなどの力投を見せ、内野ゴロで失った1点のみに抑える。

 ピンチを脱した直後の二回表、5番・指名打者でスタメン出場の阿部のバックスクリーンへのソロホームランで同点に追いつく。

 しかし、上原は三回に失策で出塁したランナーを二塁に背負い、石井義にタイムリーヒットを浴び、勝ち越しを許す。

 四回からはリリーフ陣を投入、2番手の山口、3番手の西村健がそれぞれ走者を出しながらも、要所を締め追加点を許さない。

 六回まで涌井の前に2安打と抑えられていた巨人打線だが、七回に猛攻を見せる。口火を切ったのはラミレス。センター前への打球がイレギュラーする間に一気に二塁を陥れチャンスを作る。この好走塁に応えるように、阿部がライト前にタイムリーを放ち試合を振り出しに戻す。さらには亀井が二塁打を放ち一死二、三塁とすると、脇谷の2点タイムリー三塁打で巨人が勝ち越しに成功。続く坂本もタイムリーを放ち、5連打で4点を奪い試合をひっくり返す。

 七回を豊田、八回を越智がそれぞれ無失点に抑えると、九回には代打・谷のタイムリー、鈴木尚のスクイズで貴重な追加点を挙げる。

 最終回は守護神・クルーンが登板。粘る西武打線にソロホームランを浴びるなどしたが逃げ切った。


エース上原は2点で凌いでいたものの打たれましたね・・・。3連打とかなかなか打たれない人なのにね・・・。でも、監督がいうように今日はみんなが助けてくれましたね。次はアジアシリーズで登板があるでしょうし、今度はみんなを助けてくれるようなピッチングを期待していますよ♪

( ´ー`)y―┛~~

タカヒロのスクイズはめっちゃくちゃ驚きました。ってのが、当たった瞬間に打球があがりましたもんね。思わず「え?ダブルプレー???」っていうことで、そういう驚きですw

山口もフランケンも豊田も越智も完璧でしたね。なんというか、中継ぎ陣はGのほうがいいように感じますね。まー、クルーンはお愛嬌のHRを打たれていますけど、さすがに5点差があればねw

あいにくとチケットがない&都合も悪いってことで聖地での胴上げは見れなくなりそうですが、そんなこと気にせずに決めちゃってください♪

ガンバレ、G戦士達!あと一つだ!!!
 


↓ここまで来たなぁ・・・と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (11)

2008/11/05

悔しいけど完敗だ、おかわりされちゃぁねぇ・・・

片岡って守備もいいんですね、あのプレーはびっくりしましたな!
Yomiuri Giants Official Web Site:11月5日 対西 武4回戦・西武ドーム 岸を打ち崩せず完封負け

Yomiuri Giants Official Web Site:11月5日 対西 武4回戦・西武ドーム 岸を打ち崩せず完封負け


中村に2打席連続の2ランを打たれたグライシンガー
 ジャイアンツは先発・グライシンガーが2本の2ランを浴びるなど失点を重ね、打線も埼玉西武ライオンズの先発・岸を最後まで打ち崩すことが出来ず完封負けを喫した。対戦成績は2勝2敗のタイとなった。

 先発のグライシンガーは初回に1点の先制を許すと、四回に中村に初球をレフトスタンドに運ばれリードを広げられる。さらに六回にも中村に2打席連続となる2ランを浴び、降板。

 後を受けた山口、東野、豊田はそれぞれ無失点。いすれもこのシリーズ初登板ながらも、追加点を許さなかった。

 巨人打線は、岸に九回まで毎回三振を奪われるなどわずかに散発4安打。クリーンナップの小笠原、ラミレス、イ・スンヨプの三人がノーヒット6三振と完璧に抑え込まれた。


でも、G投手陣は6安打しか打たれてないんですよね。

死球⇒HR、ヒット⇒HRってことで、もったいなかった。それと、山口・豊田・東野が初登板でそれぞれ抑えたというのもよかったですね。

HRの球は両方とも失投でしょう。特に2本目の球は初球からぶんぶん振ってくる西武のクリーンアップにとってはまさに絶好球でしたね。ここいらへんを次の試合に活かすようにしないと。

打線はそうですねぇ、今日の岸のピッチングでは参考にならないかも知れませんけど、孤高のネ申が重症のような気がします。

とにかく、あと二つ勝てば奪回だ!がんばれ、G戦士達!
 


↓しかし、優勝チームのピッチャーはさすがに打てないねぇ・・・と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2008/11/04

タカヒロ大活躍、投手陣も〆て明日は王手か?

タカヒロが3ランなんて、誰が予想できましたか?
Yomiuri Giants Official Web Site:11月4日 対西 武3回戦・西武ドーム  俊足と本塁打で逃げ切る

Yomiuri Giants Official Web Site:11月4日 対西 武3回戦・西武ドーム  俊足と本塁打で逃げ切る


1号3ランを放つ鈴木尚。4打数3安打3打点の活躍
 


 

 ジャイアンツは鈴木尚が初回、足を生かして先制したのに続き、二回には3ランを放ち、序盤に試合の主導権を握った。埼玉西武ライオンズも一時1点差にするなど粘ったが、小笠原のソロでリードを広げ、シリーズ2勝目をあげた。

 先発は巨人が内海、西武が石井一の左腕対決。

 巨人は初回、先頭の鈴木尚が初球をたたいて右翼線へ二塁打。木村拓の内野ゴロの間に判断良く三塁へ進むと、続く小笠原への初球を石井一が暴投して鈴木尚は先制のホームイン。わずか3球での先取点だった。

 二回には、亀井が一塁方向へ打球を転がし、全速力で内野安打に。鶴岡も四球を選んで走者をためると、鈴木尚が左翼スタンドへホームラン。一気に点差を広げた。

 その後、立ち直った石井一に巨人打線もしばらく沈黙したが、六回にラミレスがソロアーチを突き刺してリードを広げた。

 一方、内海は立ち上がりから安定した投球。西武のクリーンアップをイニングをまたいで3連続見逃し三振に打ち取るなど制球が冴えた。しかし六回、いきなり3連打をされ、1点を失って降板。ピンチで登板した西村健は西武の四番・中村に3ランを浴び、1点差に詰め寄られた。

 この後、八回に小笠原のソロで2点リードを確保。さらに越智、クルーンのリリーフ陣が踏ん張って西武の反撃を抑え込み、逃げ切った。

 巨人は西武との対戦成績を2勝1敗とし、あす勝利すると、日本一に王手がかかる。


フランケンは打たれてしまいましたけど、勝ち越しを許さなかったのがいいですね。
それにしてもまぁ、越智の活躍はどうでしょう?原監督がいうように頼もしい選手ですね。

タカヒロは・・・
すばらしい・・・

特に初回の打撃と走塁というかプレッシャー。

ネ申レスも復調したようだし、完璧な状況じゃないですか?しかもまだ正義の味方が出てないんですよね?

日本一、奪回目の前!

ガンバレ、G戦士達!!!
 


↓こりゃーもう、3タテできまるっしょ!と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2008/11/02

4番の一振りでサヨナラに!日本シリーズは五分になったぞー!

今日も投手戦でしたが、最後は打撃が決めましたね!
Yomiuri Giants Official Web Site:11月2日 対西 武2回戦・東京ドーム ラミレスがサヨナラ弾 1勝1敗のタイに

Yomiuri Giants Official Web Site:11月2日 対西 武2回戦・東京ドーム ラミレスがサヨナラ弾 1勝1敗のタイに


サヨナラ弾を放ち、ダイヤモンドを周るラミレス
 


 

 ジャイアンツは九回、ラミレスが鮮やかなサヨナラ弾を放ち試合を決めた。日本シリーズの対戦成績を1勝1敗のタイにして、埼玉西武ライオンズの本拠地・西武ドームに乗り込む。

 先発は巨人は高橋尚、西武は帆足の両左腕。

 初戦に続き先制したのは巨人。二回、イ・スンヨプの四球、谷の死球で無死一、二塁すると、坂本がバントを決め、鶴岡の犠飛でイ・スンヨプが生還する。

 3イニング連続で三者凡退に抑えていた高橋尚だったが、四回に中島に2試合連続となる2ランを浴び、逆転される。

 巨人は五回に木村拓、小笠原の連打、イ・スンヨプの四球で二死満塁としたが、このチャンスを生かせず。しかし、六回、途中出場の亀井が西武の2番手・大沼からタイムリー2塁打を放ち、同点に追いつく。

 試合はこう着状態が続いたが、九回一死からこの日ノーヒットだったラミレスが左中間スタンドへ1号ソロ。4番の起死回生のひと振りでサヨナラ勝ちした。

 巨人の投手陣の踏ん張りも目立った。打たれたヒットはわずか3本。得点されたのは四回だけで、高橋尚、西村健、越智の3投手合わせて7イニングを三者凡退に抑えた。

 なお、七回に死球を受けて退場した小笠原は、都内の病院でレントゲン検査を受けた結果、骨に異常はなく、左手の打撲と診断された。


ガッツのデッドボールには怒りが湧いてきましたよ。大体デッドボールが多すぎる!打撲ですんで一安心というところですけど、やっぱり怪我をすると打撃が・・・。

( ´ー`)y―┛~~

オケツはよかったですね。HRを打たれた回以外はヒット1本。フランケンと越智もノーヒット?いやー、このシリーズは若手の中継ぎ陣が凄いですね♪

で、ここまでの2試合でなんとなく不調かな?気負いすぎかな?と思われるネ申レスが、まさにネ申の能力を見せ付ける一発で試合は決着!サヨナラーーー!!!

亀井もいいところで打ったし、タカヒロの盗塁失敗は実はセーフだし、Gは完璧な試合でしたね。

さぁ、次は西武ドーム。3連勝するもよし、聖地に帰ってきてドームで胴上げもまたよし!

がんばれ、G戦士達!
 


↓負けるかと思ったぞ・・・と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

| | コメント (4) | トラックバック (7)

2008/11/01

予想通り?予想外?どちらにしてもいい試合でしたね!

投げも投げたり、打ちも打ったり、野球の醍醐味を楽しめました!
Yomiuri Giants Official Web Site:11月1日 対西 武1回戦・東京ドーム  息つまる投手戦 2本のソロに泣く

Yomiuri Giants Official Web Site:11月1日 対西 武1回戦・東京ドーム  息つまる投手戦 2本のソロに泣く


中島に勝ち越しソロを浴びる上原
 

 日本シリーズ第1戦は息つまる投手戦。ジャイアンツはラミレスのタイムリーで先制しながらも、先発・上原が力投の間げきを縫うように打たれた2本のソロアーチで埼玉西武ライオンズに逆転を許し、惜敗した。

 巨人は三回まで、西武の先発・涌井の前に三者凡退を繰り返したが、四回、先頭の鈴木尚の三塁ゴロが敵失を誘って出塁。木村拓のバントで二塁まで進むと、ラミレスが右翼へタイムリー二塁打を放ち、1点を先制した。

 しかし続く五回、上原は後藤に同点ソロを被弾。さらに六回には中島に勝ち越しソロを許した。

 その裏、巨人は四死球で一死一、二塁のチャンスを得たが、ラミレスが併殺打に打ち取られた。その後も大きく反撃に出ることができず、八回まで涌井にわずかヒット1本に抑えられた。九回には先頭の木村拓が西武の2番手・グラマンからヒットを放ち、意地を見せたものの、後続を断たれた。

 上原はソロアーチ2本を浴びこそしたが、安定した投球で、7イニングを被安打5本、8奪三振の内容だった。


 長嶋終身名誉監督のコメント「涌井は球離れが遅いな。打者の体が前に出されて、自分のスイングが出来なかった。そういう点でうまいよ。上原もボールの質はよかったよ。ただ、(中島の本塁打は)甘いところにいったな」


エース上原の初戦を・・・という目論見でしたが・・・。さすがにパリーグ優勝チームのエース涌井。すばらしいピッチングでしたね。驚きなのはその涌井をスパッと代えた事。

グラマンは相当信頼されているようです。

( ´ー`)y―┛~~

ネ申レスの前にランナーがいて、1回はタイムリー!!!
さすがネ申レスですね。他の場面では併殺でしたが、そうそうヒットというのは厳しいですから。

とにかく4つ勝てばいいのです。ガンバレ、G戦士達!!!
 


↓エース上原はナイスピッチング!ただ持病が・・・と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2008/10/25

やっと前座試合が終了、日本シリーズが待ち遠しい♪

個人的にはオケツが一番危ないなぁと思っていたんですが、なんのなんの、堂々の1失点ピッチングでしたねー♪
Yomiuri Giants Official Web Site:10月25日 対中 日4回戦・東京ドーム ラミレス勝ち越し弾 日本シリーズ進出決定

Yomiuri Giants Official Web Site:10月25日 対中 日4回戦・東京ドーム ラミレス勝ち越し弾 日本シリーズ進出決定


8回、ラミレスは勝ち越しの2ランを放ち拳を突き上げる

日本シリーズ出場を決め、胴上げされる原監督

 ジャイアンツは同点で迎えた八回裏にラミレスの2ランなどで4点を奪い、中日ドラゴンズとの接戦を制した。巨人は3勝1敗1分で02年以来の日本シリーズ進出を果たし、11月1日から埼玉西武ライオンズと日本一をかけて戦う。

 四回に木村拓の安打を足がかりに二死二、三塁のチャンスを作ると、谷、坂本が連続タイムリーを放ち2点を先制する。

 先発・高橋尚は安定感ある投球で7回を投げ1失点。得点圏に3度走者を背負ったが、後続を断ち失点をウッズのソロホームラン1点のみに抑えた。

 八回からは2番手の山口が登板。先頭のイ・ビョンギュに安打を許すと、送りバントと内野安打で一死一、三塁のピンチを招きマウンドを降りる。後を受けた越智がウッズに犠牲フライを打たれ、試合は振り出しに。

 追いつかれた直後の八回裏、巨人打線が爆発する。先頭の寺内が二塁打で出塁すると、続くラミレスが初球をレフトスタンドへ。主砲の一発で貴重な勝ち越し点を奪う。さらに攻撃の手を緩めず鶴岡、亀井のタイムリーでダメ押しの2点を追加した。

 最終回は守護神・クルーンが二死から四球を与えながらも、代打・立浪を空振り三振に仕留めゲームセット。巨人が日本シリーズ進出を決めた。

 クライマックスシリーズ(CS)のMVPには勝ち越し2ランを放ったラミレスが選ばれた。

 また、四回に死球を受け交代した小笠原は都内の病院でレントゲン検査の結果、骨には異常なく左手の打撲と診断された。


原監督、谷スタメンGJ!

その谷が先制タイムリー!坂本も久しぶりにタイムリー!

オケツはよく投げた。気合が入った今季最高レベルの投球だった。ウッズにも勝負を挑んで打たれちゃったがその1点だけでよくしのいだ!

8回裏は予想外でしたね。寺内が2ベースとは。ネ申レスはいつものように(笑)初球から打って2ランHR!あとも続いて怒涛の一挙4点!

クルーンも今日はよかった。ノリも怪我が大丈夫そうでよかった。

20081025205506

20081025205513

今日は抑えるっしょ♪

20081025212732

まだだ、まだ泣いちゃダメだ!

20081025213158

ネ申、日本シリーズはOKか?

20081025212939

さて、もう一度これを見せてくださいよ♪

20081025212838
 


↓いやー、今夜は長いぞー♪という人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

| | コメント (6) | トラックバック (8)

原采配がズバリ?そうなの?

参戦してきましたけど勝利を見ることなく、12回表のドラ凡退を見届けた後帰路につきました。なんと言っても田舎は遠いので終電が・・・
Yomiuri Giants Official Web Site:10月24日 対中 日3回戦・東京ドーム 引き分けで日本シリーズに王手

Yomiuri Giants Official Web Site:10月24日 対中 日3回戦・東京ドーム 引き分けで日本シリーズに王手


ウッズを空振り三振に打ち取るなど無失点で試合を締めた東野

 中日ドラゴンズとのクライマックスシリーズ(CS)第3戦は、4時間42分の熱闘の末に、引き分けとなった。ジャイアンツはアドバンテージを含め対戦成績を2勝1敗1分とし、あす勝利すれば日本シリーズ出場が決まる。

 先制したのは巨人。三回に「人生初のバックスクリーン」と本人が振り返る鶴岡のソロアーチで1点を先制する。

 先発の内海は三回まで内野安打1本に抑える力投を見せるが、先制した直後の四回表に和田に2ラン、井端、谷繁の連続二塁打で3失点。逆転を許す。

 巨人打線は六回裏に鮮やかな集中打を見せる。代打・木村拓、亀井の連打で無死二、三塁のチャンスを作ると、脇谷が遊撃にタイムリー内野安打を放ち、1点差に迫る。さらに重盗で二、三塁とチャンスを広げ、イ・スンヨプが左翼に3ランを放ち、逆転に成功する。

 しかし、八回に豊田がウッズにソロアーチを打たれ、1点差に詰め寄られると、九回にはクルーンが先頭打者に死球を与え降板。後を受けた山口も谷繁にタイムリー二塁打を浴び振り出しに戻る。

 試合は延長戦に突入。山口、東野はそれぞれ走者を出しながらも要所を締め、勝ち越し点を許さない。一方の打線も中日リリーフ陣をとらえきれず、引き分けとなった。


見ていて感じたのは、シーズンどおりの野球が出来ていないんじゃないか?という点。

■内海の交代
 次打順が回ってくるのにもかかわらず表から交代⇒裏で代打ってことで、ピッチャーを一人浪費してしまったことにならないか?結果フランケンは抑えてはいますけど、内海も決して調子が悪かったわけではないし、見方を変えればピッチャーを一人浪費したということになりはしないか?

■豊田
 シーズンなら、あの場面は豊田ではなく山口の出番ではないか?豊田は最近投げていないんだから、少なくとも一度は投げた後あのような緊迫した場面で投げるべきではないか?昨日の9回ならうってつけだったように思いますが・・・。

■大道に何さすねん annoy
 大道の代打でバントなんて見たことないんですけど。しかもバスター?バントなら山口でいいとも言えますけど、まぁ投げすぎていたという面もあります。バントならばどうして大道なのか?寺内でも実松でもいるでしょうに。逆に大道なら打つ一手でしょう。

( ´ー`)y―┛~~

こちらには原采配ズバリ!なんて書かれていますけど・・・
巨人・原采配がズバリ!「大きな決断」奏功 (1/2ページ) - 野球 - SANSPO.COM

クルーンが登板して1球目投げた後のライトスタンドの悲鳴ったら・・・。逆に山口に交代したときの声援と来たら・・・。

まぁ、結果は引き分けでよかったです。9回以降はドラが目いっぱいおしていましたけどね。

とにかく、2勝1敗1分で日本シリーズに王手!明日も勝って早くスッキリしましょう。そのためにも、天才はスタメンから外したほうがいいと思います。今日はまるっきり打てるスイングではありませんでしたので、谷でお願いします。

あと、加治前大丈夫でしょうか?心配です。心配といえばノリさん大丈夫でしょうか?死球のあと転げまわっていましたので、正直骨折か?と思いましたが・・・。

ま、いろいろありますけど、とにかくガンバレ!G戦士達!あと1勝だ!
 


↓っていうか、実質1回しか勝ってないんだよね・・・と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

| | コメント (5) | トラックバック (6)

2008/10/23

勝利♪

勝利♪

大爆笑♪
加治前のタイムリーがよかったですね。ラミ&孤高の神のHRも見れたし、エース上原の快投も見れたし、言うことなし!
明日もヨロシクお願いしますよ!

頑張れ、G戦士たち!

----------------

以下、10/25追記

Yomiuri Giants Official Web Site:10月23日 対中 日2回戦・東京ドーム 小笠原 逆転弾と満塁弾

Yomiuri Giants Official Web Site:10月23日 対中 日2回戦・東京ドーム 小笠原 逆転弾と満塁弾


2打席連続となる満塁弾を放つ小笠原

 ジャイアンツは小笠原の2打席連続ホームランなど計17安打の猛攻で大量11点。先発・上原も安定した投球で、中日ドラゴンズに快勝した。

 初回に1点を先制された巨人は、その裏、小笠原が中日の先発・朝倉から右翼へ2ランを放ち、すかさず逆転。二回には、上原が打球を三塁方向へころがし、全力疾走で内野安打に。その後の連打で満塁とすると、小笠原がまたも右翼へホームランを打ち込み、一挙にリードを広げた。

 四回にはラミレスが2ラン、七回にはイ・スンヨプがソロアーチ、そして八回には、二死二、三塁で途中出場の加治前が左翼へ2点タイムリーを放ち、リードを広げていった。

 一方、マウンドの上原は序盤に2本のソロアーチを浴びたものの、投球のリズムはまったく崩れない。8回を被安打4本、9奪三振、死四球ゼロの好投だった。

 巨人はクライマックスシリーズ初勝利だが、リーグ優勝のアドバンテージ1勝を含め、戦績は2勝1敗となった。


いやぁ、この日は会社が終わってからの参戦だったので聖地に着いたのは19時過ぎ。ガッツの2打席連続弾は見れませんでしたので、「なんだ、今日はいいところ見れないの?でもまぁ、勝てるからいいかぁ」と思っていたら、出るわ出るわwww

ネ申レス 2ラン♪
孤高のネ申 ソロ♪
おまけ(失礼)で加治前の2点タイムリー

ほんと、大爆勝のゲームでしたよ。

でも、圧巻だったのはエース上原のピッチングでしょう。まったく打たれる気配なし。独特のテンポでどんどん投げ込んできて、ドラのバッターはてんてこ舞いって感じでした。あれだけ完璧に投げてもらえると、バッターも攻撃に専念できるってもんだわねぇ・・・。

完投して中継ぎを休ませるのか?と思えば東野が登板。先発候補じゃなかったっけ?と思いつつ見ていましたけど、エース上原に比べてテンポ最悪www

まぁ、比較すると可哀想なのですけどね(汗)

さて、10/24のゲームは残念ながら勝利ではなかったですけど王手は王手!土曜日のゲームでスッキリしましょう!
ピア 徒然見聞録: 原采配がズバリ?そうなの?
 


↓月曜のチケットまだ買えるみたいだけど?と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

| | コメント (3) | トラックバック (6)

より以前の記事一覧