« 日本人洗脳施設?そんなもん、いらんわいヽ(`Д´)/ | トップページ | 根津先生、こんなところで何をしてるんですか? »

2008/12/31

外国相手だけじゃなく、国内でもこんなことしてんのか?

面白い国ですね、見ているぶんにはw
為替ヘッジ損失で企業の提訴増加か | Chosun Online | 朝鮮日報

為替ヘッジ損失で企業の提訴増加か | Chosun Online | 朝鮮日報

「効力停止」仮処分決定受け

 ソウル中央地裁は30日、文具メーカーのモナミと液晶メーカーのDSLCDがSC第一銀行を相手取り、為替オプション契約の効力停止を求めた仮処分申請を受け入れる決定を下した。裁判所が為替オプション契約の効力停止を認める処分を下したのは初めてだ。

 ソウル中央地裁は主に三つの判断理由を挙げている。

 まず、契約締結当時と現在では状況があまりに大きく変化した点だ。同地裁は「契約締結当時には為替相場が安定的に変動することを前提としていたが、(その後)ウォン安などで契約の基礎となる客観的事情が明らかに変化した」と指摘した。

 第二の理由として、為替オプション商品は無限に損失が拡大する可能性があるにもかかわらず、銀行の安全対策が不足だった点を認めた。第三に、銀行が為替デリバティブ商品を販売するに当たり、企業に商品の特性と損失リスクをしっかり説明しなかった可能性を指摘した。同地裁は「銀行が契約の持つリスクについて一般的、抽象的に通知しただけで、具体的な説明を行わなかった」とした。

 今回の仮処分申請が認められたことで、為替オプション商品で被害を受けた450社による訴訟が今後相次ぐ見通しだ。

 しかし、仮処分申請は認められない可能性もある。12日前の12月18日には金型輸出メーカーK社が新韓銀行を相手取り、為替オプション契約の効力停止を求めた仮処分申請が棄却された。

 当時K社は「契約を履行しなければ金融制裁を加える」という銀行の脅迫に耐えきれず無理に契約を結んだと主張したが、裁判所はK社が提出した証拠では銀行が脅迫を加えた事実が十分に立証されたとはいえず、銀行が提示した約定書や確認書にも違法事項はなかったとして、申請を棄却した。

 その後、モナミとDSLCDはK社のケースを研究し、万全の準備を整えた。原告側の弁護士事務所は「契約に関連した証拠資料を細かく整え、契約内容と契約過程に問題があったという点に主張を集中させた」と説明した。

 主契約無効を主張する根拠と証拠の説得力、銀行側の説明によっては、仮処分申請の結果は異なってくる見通しだ。


チョン・チョルファン記者

イ・ソクホ記者
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版


他の無効理由はおいておくとして、一番言っちゃならんことを言ってませんか、これ?

契約締結当時には為替相場が安定的に変動することを前提としていたが

(その後)ウォン安などで契約の基礎となる客観的事情が明らかに変化した

為替って、そういうものじゃ・・・
だから為替予約なんてものもあるんだし・・・

サイゼリヤはオーストラリアドルで痛い目にあったけど、払いましたよね・・・

Photo_2

現代の世界で徳政令を目の当たりに出来るとは・・・、つくづく今の韓国経済・金融って経済学のいい教材になっていますねぇ。

ところで、0だった信用がマイナスになりそうなイベントでしたが、もうこれで韓国では金融商品などというものはなくなるどころか、金融商品などという「単語」もなくなりますね。物々交換かな?

でも、背伸びをしなくてもよくなるんだから、韓国にとってもいいことですよね♪
 


↓ブツはどこにある?と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 日本人洗脳施設?そんなもん、いらんわいヽ(`Д´)/ | トップページ | 根津先生、こんなところで何をしてるんですか? »

極東愚連隊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71882/43589583

この記事へのトラックバック一覧です: 外国相手だけじゃなく、国内でもこんなことしてんのか?:

« 日本人洗脳施設?そんなもん、いらんわいヽ(`Д´)/ | トップページ | 根津先生、こんなところで何をしてるんですか? »