« 小沢る駄々っ子が病気?とくれば・・・ | トップページ | 韓国にもまぁこういう人ばかりとは限らない・・・、か・・・、な・・・ »

2008/10/07

B-カスが廃止となw

ダビング10もそろって廃止って、これはいいですなぁ♪
「第5権力」としてのウェブ:B-CASをつぶしたウェブの世論

「第5権力」としてのウェブ:B-CASをつぶしたウェブの世論




年間100億円近い売上を誇るビーエス・コンディショナルアクセスシステムズはいったいどうなるのだろうか?

 総務省の「デジタル・コンテンツの流通の促進等に関する検討委員会(デジコン委員会)」は9月26日、地上デジタル放送のB-CASを見直すことを決めた。6月にまとめられた第5次答申では「消費者や権利者の立場からB-CASについてさまざまな指摘が行なわれた」ことを理由に廃止の方向を打ち出している。放送局も反対していないので、B-CASの廃止が事実上決まった。

 B-CASがなくなると、ダビング10の信号は受信機で無視できるようになるので、これをどうするかが焦点だ。デジコン委員会の村井純主査(慶應義塾大学教授)は「技術と契約」で対応する方針を示した。しかし、法律で強制しない限り、ダビング10に対応するかどうかは受信機メーカーの自由だ。国内メーカーが(放送局の圧力を恐れて)ダビング10を採用しても、海外メーカーが「ダビング10なし」を売り物にして乗り込んでくる。ダビング10も実質的に廃止(任意の規格)にするしかないだろう、というのが関係者の見方だ。

 デジコン委員会では、これまで一貫して放送局・権利者団体の意向にそって審議が実施されてきたが、ウェブではB-CASに反対の意見が圧倒的だった。これを受けて公正取引委員会が、独占禁止法違反の容疑でB-CAS社などの事情聴取に乗り出したことが流れを決めた。結果的には、ウェブの世論が総務省の「業者行政」を押し切ったわけだ。

-- 後略 --


そうなんですよね、後略している最後の部分にも書かれていますけど、消費者目線で決めないと結局は使ってもらえませんからね。

B-CASカードについては別の報道でも、中古品で買ったら付いてなかったとかいうのも見た覚えがあります。

ウェブの世論

ウェブの世論というか、一般の人がネットで意見を言う場を手に入れたということでしょう。ブログや掲示板もそうですし。玉石混合というよりはもっともっとカオスな世界になっていますけど、しっかり読めばためになる情報もたくさんありますもんね。
 


↓いろんな情報に接するのはよいことだと思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 小沢る駄々っ子が病気?とくれば・・・ | トップページ | 韓国にもまぁこういう人ばかりとは限らない・・・、か・・・、な・・・ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: B-カスが廃止となw:

« 小沢る駄々っ子が病気?とくれば・・・ | トップページ | 韓国にもまぁこういう人ばかりとは限らない・・・、か・・・、な・・・ »