« バスケットじゃなくて、ソフトボールですよ! | トップページ | 殉職って事なのかね? »

2008/10/12

これが本当の発言なら、野田聖子は何なの?バカなの?

じゃぁそれをどうにかしないとダメだろうって言うことまでは頭が回らないで、とにかくこんにゃくゼリーを規制するんだっていうこと?
形は国が決める? こんにゃくゼリー 自民、議員立法へ 消費者行政迷走 - 速報 ニュース:@nifty

形は国が決める? こんにゃくゼリー 自民、議員立法へ 消費者行政迷走 - 速報 ニュース:@nifty

2008年10月11日(土)3時9分配信 産経新聞

 こんにゃく入りゼリーを食べた子供が窒息死した事件を受けて、自民党内で10日、ゼリーの形状などを規制する新法制定を検討する動きが出てきた。消費者庁設立のきっかけともなったゼリー被害の防止に焦点を絞った新法だが、窒息による死亡事故が多いモチの規制との兼ね合いなど課題は山積する。新法制定の背景には、政府が消費者の安全をはかるため国会に提出した「消費者安全法案」でも根本的解決にはならないとされる事情があり、ゼリー規制の議論は政府・与党肝いりの消費者庁構想にも影を落としそうだ。(酒井充)

                   ◇

 「子供が見て、食べたら死ぬと分かるようにしないと。それぐらいはできるでしょ!」

 こんにゃく入りゼリーの規制を議論した10日の自民党消費者問題調査会(会長・岸田文雄前消費者行政担当相)は、河野太郎氏ら出席議員らが怒声を発するなど、さながらゼリー糾弾の場となった。ほかにも「外国並みに規制する法律をつくるべきだ」といった意見が続出し、議員立法による新法の国会提出を目指す方針が確認された。

 政権与党の議員がゼリー規制に熱くなるのには事情があった。9月に兵庫県の1歳の男児がこんにゃく入りゼリーを食べ、のどに詰まらせて死亡する事件があり、平成7年以降で17人目の犠牲者となったためだ。

 国外では、EU(欧州連合)が独特の硬度を生み出すこんにゃく成分を添加物とし、ゼリーへの使用を禁止しているのに対し、日本国内では食品衛生法の対象は食中毒などに限られる。

 このため、今回のような死亡事故を防止する取り組みが「生産者重視から消費者の安全を重視する行政への転換の象徴」(中堅)と位置づけられている。

 そのためか、この日の会合では厚生労働省側が「製造中止や回収させる法制度はなく、強制力のない指導が限界」と説明しても、議員の怒号は消えなかった。

 だが、新法でゼリーの形状などを規制するには「法の下の平等」という点で大きな壁が立ちはだかる。こんにゃく入りゼリーはだめで、モチは規制しなくてもいいのか-という問題だ。

 実際、10日の調査会でも谷公一衆院議員が「モチは昔から死亡事故が多い」と指摘した。一方、野田聖子消費者行政担当相は10日の会見で「モチはのどに詰まるものだという常識を多くの人が共有している」と強調したが、「ゼリーだけを規制し、モチやアメを規制しない合理的な根拠は見つかりにくい」(厚労省)というのが実態だ。

 厚労省の調査では、平成18年中に食品を原因とする窒息で救命救急センターなどに搬送された事例は、把握できた計803例のうち、モチの168例が最多で、「カップ入りゼリー」は11例だった。

 政府が今国会に提出した消費者安全法案には首相の権限で商品販売などを最大6カ月禁止できる項目が盛り込まれた。だが、法案審議は民主党の難色でめどは立っていない。どの商品がどれだけ危険かという判断も容易でなく、ゼリー規制新法も、「なぜゼリーだけかと野党に突っ込まれても答えようがない」(政府関係者)のが現状だ。


モチはのどに詰まるものだという常識を多くの人が共有している

Photo_4

だからそっちが問題だろ?
一体毎年毎年もちをのどに詰まらせて何人死んでいるんですか?

1996年ですが、1月だけで208人死んだようです
死とシルバーデータ(1)(1999.06)

死とシルバーデータ(1)(1999.06)

火災死亡の半数が高齢者

  東京消防庁管内での1993年の火災による死者89人のうち、41.6%にあたる37人が高齢者。負傷者925人のうち高齢者の割合は2割という。高齢者の負傷者が少ないということは、それだけ死亡率が高いと言うことになる。

  福岡市消防局がまとめた93年中の救急救助業務の概要によると、救急車利用の4人に1人を高齢者が占め、主に脳内出血、脳梗塞、心臓疾患などによる利用が多いことが明らかになった。同署の救急車の出動件数は93年中の合計は3万825件。

  餅で窒息死した人は208人

  1996年1月の1ヵ月間にもちをつまらせて死亡した人は、208人で、男性が150人、女性は58人。年齢別では70歳代が28.8%、80歳代が 25.4%、60歳代が25.3%の順であった(『厚生の指標』96.12)。従って60~80歳までで8割を占めることになる。


片や、こんにゃくゼリーの死亡者は?
こんにゃくゼリー:マンナンライフが製造中止 - 毎日jp(毎日新聞)

こんにゃくゼリー:マンナンライフが製造中止 - 毎日jp(毎日新聞)

 こんにゃく加工品メーカー「マンナンライフ」(本社・群馬県)は7日、兵庫県の1歳男児が今年7月に食べ窒息死したミニカップ入りこんにゃくゼリー「蒟蒻(こんにゃく)畑」の製造中止を決め、卸売会社に通知した。マ社品質保証室は「警告マークを大きくするなど行政に要請された改善策に応じられないため」と説明している。

 マ社によると、製造中止となるのは、蒟蒻畑(25グラム12個入り)の8種類▽蒟蒻畑ライト(24グラム8個入り)の6種類▽蒟蒻畑コンビニ専用商品(25グラム6個入り)の3種類。8日の出荷で販売をいったん終了する。製造再開のめどは未定という。

 今回の事故を受け農林水産省は、子供や高齢者が食べないよう警告する外袋のマークの拡大やミニカップ容器にも警告を表示するなどの再発防止策を要請。業界団体は取り組みを表明していたが、マ社は「時間的、物理的に対応が困難で流通に混乱を招く恐れがある」と判断したという。既に流通している商品は「商品が危険だから製造中止にするわけではない」として自主回収せず、テレビCMなどで子供や高齢者は絶対に食べないよう注意を呼びかける予定だ。

 国民生活センターの統計では、こんにゃくゼリーによる窒息死17件中3件がマ社の商品で起きている。全日本菓子協会によると、こんにゃくゼリーの売り上げは07年度約100億円で、うち約3分の2がマ社。マ社の売り上げの約9割は「蒟蒻畑」が占める。【柴田真理子、板垣博之】


1ヶ月だけで208人死亡と、17件は1年か何かは分からないが大負けに負けて年間と受け取ると、

208*12 対 17 で百倍以上の死亡率です。

でも、もちは規制されずにコンニャクゼリーは規制される。

こんな報道もありますね
浪速製菓がコンニャクゼリー新製品で販売ルート開拓 2008年 8月26日 (火) 地方面の記事 中部経済新聞社

浪速製菓がコンニャクゼリー新製品で販売ルート開拓 2008年 8月26日 (火) 地方面の記事 中部経済新聞社

更新日:2008年 8月26日 (火)

 こんぶ飴製造などを手掛ける、浪速製菓(本社本巣市温井二四三ノ四、山田誠社長、電話058・324・8770)は、コンニャクゼリーの新製品で販売ルートの新規開拓に取り組む。新製品は、大人の女性向けにパッケージをリニューアルしており、手で開けやすいピロー包装を採用、生きて腸まで届く乳酸菌が入っているなどの特長がある。山田社長は「健康志向を前面に出しながら、これまで弱かったドラッグストアへの販売をめざしたい」としている。


( ´ー`)y―┛~~

浪速製菓㈱トップ

浪速製菓㈱トップ

浪速製菓株式会社
〒501-0473 岐阜県本巣市温井243-4
TEL 058-324-8770
FAX 058-324-8771
mail info0728@0728.co.jp


なんか、分かりやすいというかなんと言うか・・・。偶然の一致にしてはできすぎてるよねぇ。まぁ、事実は小説よりも奇なり、ですけどねぇ ┐(´д`)┌ ヤレヤレ

でもまぁ、なんですな。

野田聖子は規制規制とうるさいですが、
 


自分が業界に


寄生してる

 


んじゃないでしょうか?
 


↓議場で呼び出しでもやってるだけでよかったのになwと思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« バスケットじゃなくて、ソフトボールですよ! | トップページ | 殉職って事なのかね? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71882/42766821

この記事へのトラックバック一覧です: これが本当の発言なら、野田聖子は何なの?バカなの?:

» 【マ社品質保証室】についてブログの検索結果をまとめると… [最新キーワードチェック!]
マ社品質保証室 についてブログの検索結果をまとめると… [続きを読む]

受信: 2008/11/08 14:03

« バスケットじゃなくて、ソフトボールですよ! | トップページ | 殉職って事なのかね? »