« さーて、シーズンはこれからだ!!! | トップページ | これはもう、スパイとしか思えないレベル »

2008/09/22

【友に引かれて善光寺】PartⅢ 善光寺散策①

ってことで、二日目が始まりました。

ピア 徒然見聞録: 【友に引かれて善光寺】PartⅠ 富岡製糸場編
ピア 徒然見聞録: 【友に引かれて善光寺】PartⅡ 宿坊ってどんなとこ?

朝5時前くらいからなにやら低い静かな太鼓の音で目が覚めたりまた寝たり・・・

5時45分には玄関集合ということで出発しました。

仁王門です。

P10704031

こちらには阿形(あぎょう)と吽形(うんぎょう)の像が立っています。この阿形の像の後ろに作者の銘が入っているとのガイドさん(というか、坊のお坊さん)の説明を聞き、撮ったのがこちら。

P10704111

高村光雲と米原雲海とありますが、高村光雲がお師匠さんで米原雲海が一番弟子ということでした。

高村光雲 - Wikipedia

歴史の勉強も出来て、本当にありがたいことです。

こちらが三門です。

P1070379

どうして三門なのか?山門ではないの?
三門と山門の違い

三門と山門の違い

三門と山門の違い

三門とは三解脱門の意。三解脱とは涅槃に入るための空・無相・無作の三つの解脱門を寺院の門に擬したものです。すなわち迷いから解放されようとする者が必ず通らなければならないという意味で、寺の門はみな三解脱門となるはずでしょう。

鎌倉時代に禅宗とともに重層楼門の左右に廻廊の名残りと思われる山廊を付けたものが流行したことで、この門に限って三門と呼ぶようになりました。この門の特徴は楼上に釈迦三尊、左右に羅漢像を安置するのが常です。

山門は寺院が元来山に建てられたものであるから山中の寺門の意味です。後に平地に建てられても寺院の門を山門と呼んでいます。古来寺院を自ら称するのに用いられていましたが、近世になってことに禅宗寺院で顕著になってきました。


なるほど・・・。勉強になります。涅槃とはすなわち悟りの境地ですから、仏教に相応しい(というか当たり前ですが・・・)門ですね。

で、なんとこの門ですが40年以上立ち入り禁止になっていたものが先の地震による修復が終わったことを記念して?、今登ることができるんです。500円ですが、登る価値は十分あります。

というのは、この門の中には四国88箇所のご本尊の御魂入れをした仏像が安置されているんです。登った階の梁に安置されています。残念なことに地震の際に落ちてしまったものが数体ありましたが、この88体におまいりすれば四国88箇所めぐりをしたことと同じご利益があるとか。また、そういう場所ですので四国88箇所を巡った方も、その後に善光寺におまいりすることで区切りになる、というようなことでした。

私もしっかり全部御参りしましたので、徳が高くなったはず♪

しかし残念なことにこういう貴重な文化遺産にも落書きがあったこと。「Takehara」だったと記憶しているんですが、そのほかにもたくさんの落書きがありました。最近は警備の人が付いていますのでないとのことですけど。この警備の人は優秀で、三門の中は当然撮影禁止だったんですが三門の中から外の景色を写すのはいいだろうと思って構えると、なんとレンズの前に手を出して「撮影は禁止です!」とすかさず・・・。

その意気で頑張ってください。

ってことで今回のベストショットはこれだ!

P10703941

つづぬ m9っ`Д´)
 


↓相変わらず長いね・・・と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« さーて、シーズンはこれからだ!!! | トップページ | これはもう、スパイとしか思えないレベル »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント


>【友に引かれて善光寺】

俺は牛か?( ̄□ ̄メ)

っと、昔は子供の遊び場所だったという三門。いかに善光寺が庶民に愛されていたかを示すエピソードですね。
それにしても、「Takehara」という落書きには閉口でした。┐(´д`)┌

投稿: “どん” | 2008/09/25 22:56

こんばんわ^^

>"どん"ちゃん
>俺は牛か?
少なくとも私をお導きいただいた方ですよねw

>子供が遊んだ
それですよ。
それは本当にびっくらこきました。

今では登ることもままならないのにね。

>閉口
私は警備員に閉口しました(汗)

投稿: ピア | 2008/09/25 23:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71882/42545703

この記事へのトラックバック一覧です: 【友に引かれて善光寺】PartⅢ 善光寺散策①:

« さーて、シーズンはこれからだ!!! | トップページ | これはもう、スパイとしか思えないレベル »