« 人の指を切断しても警察通報なし、やんちゃするなら堺の学校っていうことなのか? | トップページ | あれ?逃げにかかってる? »

2008/06/20

神様は時々信じられないことをする

9歳でドラムを叩けるだけでも信じられないのに、ジャズを叩くっていうんですから・・・
9歳のジャズドラマー“大我”、世界最年少ギネス認定(夕刊フジ) - Yahoo!ニュース

9歳のジャズドラマー“大我”、世界最年少ギネス認定(夕刊フジ) - Yahoo!ニュース

6月20日17時0分配信 夕刊フジ

9歳のジャズドラマー“大我”、世界最年少ギネス認定

 9歳のジャズドラマーとして世界的に注目を集めている日本人ミュージシャン、大我(たいが)こと鬼束大我くんが「世界最年少プロドラマー」としてギネスブックに認定され19日午後(日本時間20日午前)、滞在先のニューヨークで表彰された。

 大我は、この日、ギネス認定を記念してニューヨーク市内のクリントン・レコーディングスタジオでライブパフォーマンスを披露した。

 認定証が手渡されると、あどけない表情の大我は「世界でたったひとりしかもらえないことなのでうれしい」とニッコリ。

 共演したニューヨークの著名なピアニストのベニー・グリーン(45)は「大我ははるかに自分より若いのに刺激を受けた」と絶賛。ベーシストのバスター・ウィリアムス(67)も「すごすぎる。これからが楽しみだ」と舌を巻いた。

 大我は1998年7月9日、料理人でジャズ好きの父親と美術教師の母親のもとに生まれ、お腹の中からジャズを聴き始めた。

 3歳のとき両親がフライパンをいくつか並べて叩かせると、CDに合わせて、4ビートを刻んだという。5歳で子供用のドラムセットを買い与えられ、プロミュージシャンに師事。

 6歳でプロデビューし、7歳になるとニューヨークでライブを行った。地元からはその表現力と4ビート感覚が「まるで老練な黒人ドラマーのよう」「エルビン・ジョーンズの再来」などと驚異を持って迎えられている。

 昨年10月の横浜ジャズプロムナードでは、ジャズ殿堂入りの名ピアニスト、秋吉敏子のトリオでドラマーを務め、日野皓正、山下洋輔、渡辺香津美ら、日本ジャズ界を代表する巨匠のコンサートにも出演、堂々と渡り合った。

 今年4月23日、オリジナルアルバム「TIGER!」とライブ盤の2枚同時リリースでCDデビュー。今月から米国に渡り、ニューヨークとニューオリンズでジャズのルーツを訪ね歩いている。


ジャズドラムとはただドラムを叩くだけではなく、セッションしている相手が何を考えて今演奏しているのかを常に感じ取り、しかもそれに呼応するように自分も演奏する、いわゆる「アドリブ」?というものでしょうか、それが要求される度合いが強いジャンルではないでしょうか?

大人でも難しいのに、9歳で・・・。

まぁ、今は「9歳の子供が!!!」というので驚かれている部分があるのかも知れませんけど、ほんと、将来が楽しみですね。

既にレコードも出しているとは、次の目標はなんでしょうかね?

いつかのインタビューで、「宇宙一のドラマーになる!」って言っていたのが印象に残っています。
 


↓ここまで来るとうらやましいなんて気持ちはなくなるねぇ(驚)と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 人の指を切断しても警察通報なし、やんちゃするなら堺の学校っていうことなのか? | トップページ | あれ?逃げにかかってる? »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神様は時々信じられないことをする:

« 人の指を切断しても警察通報なし、やんちゃするなら堺の学校っていうことなのか? | トップページ | あれ?逃げにかかってる? »