« まぁ、この程度の鬼畜は想定内ですね | トップページ | アジア人の部下の取扱説明書をゲンダイが公表 »

2008/05/25

トヨタのカイゼンは業務ではなかったのか?

残業代が出ていないということは、業務ではなかったということですよねぇ。それって・・・
トヨタ、QCサークル活動を業務と認定…残業代支払いへ : 経済ニュース : マネー・経済 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

トヨタ、QCサークル活動を業務と認定…残業代支払いへ : 経済ニュース : マネー・経済 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 トヨタ自動車が、生産現場の従業員が勤務時間外にグループで生産性向上などに取り組むQC(品質管理)サークル活動を業務と認め、原則として残業代を全額支払うことを決めた。

 6月1日から、月2時間までとしている残業代支給の上限を撤廃する。

 このQCサークル活動は、生産性向上を目指すトヨタの全社的活動「カイゼン(改善)」の柱だ。自主的な活動とされながら、生産現場の従業員約4万人の全員参加が原則で、活動の成果は人事評価の対象となっている。このため、位置づけが不明確で、サービス残業の温床となっているとの指摘もあった。

 2007年11月には、名古屋地裁が、勤務中に急死したトヨタの元社員の過労死を認め、QCサークル活動についても「業務と判断するのが相当」との判断を示している。

 トヨタは、活動について事前に上司への申請を行うとともに簡素化し、月2時間程度に収めるように各職場に促す。

 同様のQCサークル活動は製造業を中心に広く行われ、不良品の削減など高品質を支える原動力となっている。製造業全体への影響力が大きいトヨタの方針転換で、他の企業にも見直しの動きが広がりそうだ。

(2008年5月22日11時01分 読売新聞)


よーわからんけど、月2時間までの残業代しか出していなかったということでしょうかね。

でも、記事には書かれていないけどこういう

6月1日から、月2時間までとしている残業代支給の上限を撤廃する

ことが書かれるということは、2時間なんかに収まるわけがないってことですよね。

今までオーバーしていた分はさかのぼって支払うのでしょうか?明らかに労働基準法違反ではないの?

カイゼンって言えばトヨタの成功の秘訣のように言われていますけど、その実態が
 


サービス残業
 


だったのか。

そりゃー、昇給昇進どころか出処進退も会社側に握られている従業員はたとえサービスだとしても必死こいてやりますよね。

4万人のアイデア = PriceLess!!!

純利益一兆円なんて言うヒマがあるんなら、せめて残業代くらいしっかり法律に準拠して払うのは義務、というか法律だし・・・。

まぁ、カイゼンで出てきたアイデアが「時間外手当の割り増し改善」なんていう案なら業務外と見なしてももいいかもしれませんがw
 


↓正体見たり・・・と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« まぁ、この程度の鬼畜は想定内ですね | トップページ | アジア人の部下の取扱説明書をゲンダイが公表 »

」カテゴリの記事

コメント


利益の源泉が不当労働だったとは驚きでした。(ψ゜Д゜)ψ

投稿: “どん”ちゃん | 2008/05/25 22:03

こんばんわ^^

>"どん"ちゃん
いやー、まだまだトヨタは
奥が深そうですねぇ。

現代の錬金術師でしょうか?

投稿: ピア | 2008/05/25 22:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トヨタのカイゼンは業務ではなかったのか?:

« まぁ、この程度の鬼畜は想定内ですね | トップページ | アジア人の部下の取扱説明書をゲンダイが公表 »