« お疲れ様でした | トップページ | だからイワン凝っちゃ無い »

2008/03/27

ソニー、本当にドコモ撤退とな?

OEMで事業は続けるって?
三洋の携帯事業獲得を争ったソニーとシャープ「国内縮小」戦略(ダイヤモンド・オンライン) - Yahoo!ニュース

三洋の携帯事業獲得を争ったソニーとシャープ「国内縮小」戦略(ダイヤモンド・オンライン) - Yahoo!ニュース

3月27日17時37分配信 ダイヤモンド・オンライン

ソニーがNTTドコモ向け携帯電話端末の生産・開発の中止を検討していることが表面化した。ソニーはスウェーデンのエリクソンとの合弁会社を通じて、「ソニー・エリクソン」ブランドで、世界で携帯端末を販売している。国内では、ドコモとKDDI向けに供給しているが、今夏以降はKDDIに特化、ドコモ向けには端末を他社からOEM調達する。

 ソニーの国内事業の大幅縮小の動きには、“伏線”があった。

 関係者の話を総合すると、じつは京セラが引受先となることで決着した三洋電機の携帯電話事業の買収に、ソニー・エリクソンが名乗りを上げていた模様だ。当初は、シャープと京セラの“一騎打ち”で買収価格を競ったと見られていたが、実際には“三つ巴”の戦いだったのだ。

 3社の狙いは、共に同じだった。三洋の携帯事業の売上高3400億円の半分を占める北米事業の獲得だ。米通信事業者スプリントネクステルという優良顧客基盤を獲得することで、海外事業強化を狙ったのである。

 三洋が携帯事業の売却意思を固めたのは昨夏だから、その時点で、ソニーは「国内縮小・海外強化」の路線を鮮明にしていたといえる。

 2007年の携帯電話の世界市場は11億4400万台。うち、日本市場は5150万台で、構成比はわずか5%にすぎない。「国内では、1機種当たり50 億円以上の開発コストがかかるのに、規模拡大は望めない。世界で勝負できるソニーだからこそ、国内市場を切り捨てられるのだろう」(競合メーカー幹部)という。

 ソニーの海外強化に足並みを揃えるように、シャープが「AQUOS」ブランドを引っ提げて、中国の携帯事業へ参入することを明らかにした。シャープは国内市場の25%を握る圧倒的な首位メーカーなのだが、現状に甘んじてはいられない。

 世界3位の米モトローラでさえ、携帯事業の“身売り”を決めたほど、海外市場の競争は苛烈だ。それでも、携帯メーカーとして生き残るには、海外に活路を見出し、グローバルメーカーとしてしのぎを削り続けるしかないのだ。ライバルが、脱落するまで。

 長らく、10社以上のメーカーがひしめく乱戦が続いていた携帯電話の国内市場では、三洋や三菱電機が撤退を表明した。ソニーやシャープのように、グローバルな携帯事業への投資余力がないメーカーの再編淘汰が進むのは必至である。

(『週刊ダイヤモンド』編集部 浅島亮子)


日本市場は特殊な市場で、世界標準レベルから見れば超特級の機能がないと売れない。電話なのに電話以外の機能が重視されていて、新しいデバイスをどんどんどんどん使っている。

だから価格も高いし発売後の不良も多い?し、勢いサイズも大きくなる。

世界市場としてみれば方式が特殊というのが痛い。W-CDMAになって若干緩和されたとは言え、世界的に見ればまだまだGSM市場が拡大している。市場が拡大しているところは新興国の市場なので、そんな高いものは売れない。

こと携帯電話の事業で言えば、日本メーカーは安く作ることは苦手。キャリアもとにかく値段はおいておいて特徴機能を持っている端末開発を奨励していた。世界とは真逆です。

シャープは年間シェアがトップになってから、あまり魅力的な端末が出てきていません。案の定、ケータイウォッチなどで報道されている売れ筋の端末には入っていません。

後は堕ちるだけかと思われます。

で、気になるのがソニーが調達するメーカーですね。一体ドコから調達するんでしょうか?

案外、シャープからだったりして。
 


↓案外と言うか、素直にシャープでは?と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« お疲れ様でした | トップページ | だからイワン凝っちゃ無い »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ソニー、本当にドコモ撤退とな?:

» ソニーマニアックス [ソニー研究]
ソニーのリンク集形式のサイト情報です。の情報収集にお役立てください。 [続きを読む]

受信: 2008/03/31 19:58

« お疲れ様でした | トップページ | だからイワン凝っちゃ無い »