« ネパール国王、無念・・・ | トップページ | これは天変地異の前触れか? »

2008/02/05

次元の壁を越える中共はさすがだ

まずは犠牲となった女性のご冥福をお祈りいたします
FNN Headline:中国製ギョーザ中毒事件 天洋食品で2007年、19歳の女性従業員が死亡する事故

FNN Headline:中国製ギョーザ中毒事件 天洋食品で2007年、19歳の女性従業員が死亡する事故

中国製ギョーザの中毒問題で、ギョーザが製造された「天洋食品」で2007年、蒸し器のある施設に閉じ込められた女性が蒸気をかけられ、死亡する事故があったことがわかった。天洋食品をめぐり、FNNの取材で、衝撃的な証言があったことが発覚した。

2007年、天洋食品で働いていた19歳の女性が、事故で亡くなったという。女性の母親は「(死亡事故はいつ起きた?)過ぎたことだから、もう言いたくない」、「(工場の対応は?)騒ぐのはもうやめて。もう終わったこと。過ぎたことだから」などと話した。

かたくなに口を閉ざす母親に代わり、友人の女性が証言した。事故死した女性の友人は「彼女は工場の設備の中に入った。現場に入っていったのよ。蒸すところに。生の肉よ。肉を入れて蒸すの」と話した。

女性は、蒸し器のある施設に忘れた携帯電話を取りに入ったのだという。そして、中に女性がいたことに気づかず、蒸し器が稼動された。

事故死した女性の友人は「彼女が中に閉じ込められて、出られなくなりました。そこに蒸気がかけられ、翌日ドアを開けてみたら、彼女はもう死んでいたんです」と話した。

天洋食品側は遺族に賠償金を支払い、表ざたにはならなかったのだという。

この件について、元従業員は「(死亡事故のことを知っている?)聞いたことある」と話した。天洋食品の社員は「すみません、その件については、わたしの責任では答えられませんので」と語った。

WMV high


    _, ._
  ( ゚ Д゚)
  ( つ旦O
  と_)_)

    _, ._ 
  ( ゚ Д゚)   ガシャ
  ( つ O. __
  と_)_) (__()、;.o:。   
          ゚*・:.。

■ヒモ一本持ち込めないはずなのに、携帯電話を持ち込めた
■蒸し器に自由に入れた
■内側から開けられない構造になっていた
■緊急停止も出来ないシステムだった
■警察には届けないで示談で済ますことができた
■母親は口をつぐんでいる
■(多分)その際の蒸し器をそのまま今も使っている
■(怖いけど)その際に蒸した肉はそのまま使われた?

携帯電話をこのような加工現場にも持って入れるのであれば、今回の事件で使われた農薬程度、没問題で持ち込めるのではないか?

人肉が餃子にまぎれたとは思いたくはありませんけど、カニバリズムの王道を行く中国ですので、なんとも形容の仕様が無い・・・

Photo_3
 


↓なんというか、感覚が違うな・・・と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« ネパール国王、無念・・・ | トップページ | これは天変地異の前触れか? »

極東愚連隊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71882/40006710

この記事へのトラックバック一覧です: 次元の壁を越える中共はさすがだ:

« ネパール国王、無念・・・ | トップページ | これは天変地異の前触れか? »