« やり手ギャル、逮捕 | トップページ | こんな失言が許されていいのか? »

2008/02/21

谷は今年も2番

まぁ、そこしかないんでしょうねぇ
2番・中堅、谷が紅白戦初出場…順調な仕上がり : プロ野球 : スポーツ : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

2番・中堅、谷が紅白戦初出場…順調な仕上がり : プロ野球 : スポーツ : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 打撃は「定位置」、守備は「かつての場所」へ。巨人の宮崎キャンプで21日、谷が紅白戦に2番・中堅で初出場し、順調な仕上がりをアピールした。

 昨年のキャンプで、原監督から2番を任せる方針を告げられた。オリックスでは長く中軸を務め、バントの機会もほとんどなかっただけに、「いろいろ犠牲という部分があり、悩んだ時期もあった。練習しかないのでとにかく練習した」。

 その結果、チームトップの20犠打に加え、リーグ3位の打率3割1分8厘をマーク。献身と勝負強さの双方を併せ持つ2番打者として存在感を発揮した。

 原監督は昨季1番を担った高橋由と合わせ、「二人とも昨年は試行錯誤があっただろうけど、今年はその打順を与えればスムーズに戦い抜けると思う」と言い、今季も1、2番コンビのそろい踏みが濃厚だ。初の紅白戦は2打数無安打に終わったが、「違和感なくやれた。初めて投手の球を見れたし、これからどんどん振り込んでいきたい」と表情は明るい。

 一方、守備では、新加入のラミレスが左翼に入るため、3年ぶりに中堅を守る。この日は当初の予定を1イニング延ばしたが、最後まで1球も飛んでこなかった。「味方の投手が良すぎましたね。でも景色も違うし、1球1球がよく分かるからやりやすかった」

 オフに手術した右ひじの回復ぶりも、連日ノックをしている緒方守備走塁コーチが「順調も順調。あれだけ強く投げられるんだから」と舌を巻くほど。攻守に再び充実した1年になりそうだ。(宮崎で、田中潤)
(2008年2月21日21時10分 読売新聞)


肩が少し不安ですけど、打撃は問題は無いんでしょう。

超攻撃的1,2番です。

っていうか、1-8番まで超攻撃的布陣です。

天才

ガッツ
孤高のネ申
カトちゃんペッ
ネ申2世
ネ申
ワッキー

これに現役時代の堀内投手でも来た日にゃぁ、あんた。9者連続ヒットどころか、
 


9者連続HR
 


でも狙えそうな打線です。

( ´ー`)y―┛~~

この季節は夢が見れて、結構好きですw
 


↓夢にも悪夢ってあるよね・・・と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« やり手ギャル、逮捕 | トップページ | こんな失言が許されていいのか? »

ジャイアンツ」カテゴリの記事

コメント

脇谷も谷もホームラン打者じゃないのでどうかと。
2番打者を打つとなるとある程度器用なタイプじゃないといけません。となると谷なんでしょう。あるいは脇谷という案もありかと。

1番由伸ならやはりバントの上手い選手じゃないと。走るタイプじゃないので。

投稿: 巨兎アーツェット | 2008/02/22 22:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 谷は今年も2番:

« やり手ギャル、逮捕 | トップページ | こんな失言が許されていいのか? »