« HDD、逝く | トップページ | IQ430?の人のほうがよかったのか? »

2008/01/05

中国に人民元はない

っていう本を読んでいます。右のサイドバーにも載せました。

テーマは日本人が中国にあると思い込んでいるものをことごとく「そんなん、ないない」って否定するものです。

目次を見ればこの本の内容がよくわかると思いますので、ちょっと紹介してみます。

中国に公私混同はない
中国に裁判所はない
中国に農民の失業はない
中国に契約不履行はない
中国に私的財産はない

まぁ、まだまだいろいろあるんですが、一番面白い目次の項目は
 


中国に中国はない
 


です。

Photo_4

ちょw
ネタがネタになってるよw

今、目次30の20まで読んだんですけど、衝撃を受けたのが二つあります。

一つは「中国に公私混同はない」というもの。これは本の最初の項目です。要は公とは私を搾取する、私と敵対するというものであるから、公私混同など笑止千万、あるはずがないということです。だから個人は徹底的に公と戦う、搾取されたものを取り戻すために戦うわけで、公の代表である政府や企業のものを流用する、私物化することは搾取されたものを取り返す行為であり、理にかなっているというわけです。あと、公共の場は私の立場から見ればこれほどゴミ捨て場に適した場所はないから、汚すのは当たり前ということ。

さもありなん。

綺麗なビルを建てるのも、世界一のリニアモーターカーを導入するのも金さえあれば簡単にできますけど、普通の国で言うこうした公と私の概念を認識させるには一筋縄ではいかないと書かれています。また、中国は過去日本から「共産党」などの用語を取り入れてきた実績もあるので、公私混同が可能なくらいに概念を浸透させることも不可能ではないはずだとも書かれています。

はて、そうなのか。
ま、そうなって欲しい気持ちはありますが・・・

二つ目は「中国に友達の輪はない」というもの。ここの話はまぁ本を読んでもらうとして、驚いたのは「敵対しない」という意味が朋友にあるというくだり。

「知り合いでなくても、『朋友』と言うときがある。それは『争いがない』関係である」

これを読んで、中国人には敵か味方しかないのか、と感じました。争わない関係=友人関係ってことですから。まぁ、友人という概念自体も日本と中国では違うようですが。少し話は違いますけど、田中真紀子さんの「人間には、敵か、家族か、使用人の3種類しかいない」という区別を思い出しました。だから中国人と話があうのかな?と。

あと衝撃を受けるまでには至りませんでしたが、「中国は13億人の巨大市場だと言われるが・・・」というのも面白かったです。確かに人口は13億人(かどうか不確かですが)いますけど、市場はどうか?と。本当にある商品を発売しようとして13億人にいきわたるような物流含めて市場があるのかと。料理にたとえている部分がありますが、「中華料理」というものはなくて四川・広東・北京・上海など、その土地土地の料理があるだけだと。市場もしかり。

物流のほかにも決済の手間がある。要は現金またはそれに順ずる方法でないと物を売買できないと。手形の不渡りに対してペナルティがほとんどない(!!!)から、おのずとそういう方法になる。銀行保証つきの手形も、現金が出来るのは同じ市中だけ。要は北京で発行された手形は上海で現金化できないと。

こんな国で全国市場が形成されるはずがない。それでも全国で商売をしたければ、自前で物流を作り上げるしかない。13億人の市場というからには、全国で商品を売りさばけなければいけない、しかしその基盤がない。それでも中国市場が大きい・大事だ・乗り遅れるなというのでしょうか?

Photo_5

こういうことをマスコミその他は知っているはずではないのでしょうか?それでもまだまだ中国様万歳が報道されるんでしょうか?

中国株のバブルを活用するくらいで止めておいたほうがよくないですか?
 


↓進出するのはバカだろ?と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« HDD、逝く | トップページ | IQ430?の人のほうがよかったのか? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

当方のブログでも、中国に人民元はないを紹介いたしました。中国の実態についての幻想が、オリンピックが近づくにつれて増幅されていくような感じがしますが、隣の国とはいえ、全く違う文化文明の国です。文春新書の本は、中国の実態について理解を深める良書です。誤解することこそ、将来に禍根を残しますから。

投稿: Orwell | 2008/01/08 19:29

こんばんわ^^

>Orwellさん
コメントありがとうござます。

>誤解することこそ
その通りですね。
日本には中共の尻馬にのって売国する
輩がいますから、国内的にはまずそれを
駆逐する必要があると思っています。

またよろしくお願いします。

投稿: ピア | 2008/01/08 20:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国に人民元はない:

« HDD、逝く | トップページ | IQ430?の人のほうがよかったのか? »