« 欧州産マツタケが人気だって | トップページ | さすがのゼットンも中国に怒り心頭 »

2007/09/01

auMPがクソソフトだっていうことを再確認

私が使っているW52Tはスライド部分にクッションゴムが二つ貼り付けられています。1ヶ月ほど前に「いやにバイブの際にガタガタいってるなぁ」と思いつつ見ると、一つ思いっきりずれていました。自分で元の場所と思われるところに戻してやったら直ったんですよね。

今度もずれたのか?と見るとなくなっていました。

さすがに両方ないとがたつきも激しいので修理に出しました。

「ミクシでも書かれていましたよ」
「そうですかぁ、こちらにはゴムの修理依頼というのははじめてかもしれないです」
「電池のもちが悪いという修理依頼はあるんですけど」
「そうですか、私のこれも悪いですよw」

といったような会話をしつつ修理受付が終わりました。

代替機はW43H。ワンセグのアプリは入っていません。ダウンロードすれば見れるようですが、そこまでして見るもんでもなし。写真の映りがW52Tよりもいいですね。クッキリ撮れます。

夏祭り、「めぐみ」、「にしかわ」などなど、修理中にもかかわらず結構撮りました。

んで、8/30に修理アップしたので受け取りに行きました。もちろん無償修理。というか、部品をくれれば私がしますよ、とも言ったんですけどw

なぜか基板も交換されました。何か悪いところがあったんですか?と聞くと、にっこりと微笑みながら「念のために交換したようです」とのこと。
 


余計気に


なるだろw

 


で、修理中に撮影した写真をW52Tに転送してもらいました。転送されるとフォトフォルダじゃなくってグラフィックフォルダになってしまいましたが、まぁご愛嬌。

先ほど、そんなデータも含めてauMusicPortを使ってPCに保存しましたが・・・

何度やり直しても「PHOTO & MOVIE」の転送が途中でエラーになり、auMPが強制終了してしまいます。

いろいろと研究した結果w、まさに修理中に撮影してW52Tに転送してもらった写真の転送でエラーになることを突き止めました。

で、なんでそれでエラーになるのか?ってことですが、よく見るとそれらの写真の日付が
 


2097年
 


になっているんです。

そういえば、転送する際にW52TにはUSIMをさしていなかったから、本体の日付が初期値?の2097年になったままだったんでしょうねぇ。その状態でW52Tに転送したもんだから、すべて本体日付の2097年になったんでしょうねぇ。

で、なんでauMPの転送中にエラーになったのかといえば、想像ですがデータを受信した際にそのデータの年月でフォルダを作るんでしょうねぇ。で、2097年なんていう年はプログラム的に想定していないので、エラーになったんでしょうねぇ。

でも、携帯電話本体で許容できる年月なのに、なんでその携帯電話のデータをPCで管理するソフトが落ちちゃうわけ?
 


限界テスト


してるの?

 


まぁ、無料ソフトなので文句は言いませんが、

メーカーが出すソフトなんだからもう少し自分達が出している商品を研究して開発したらどうか?

と愚痴の一つも言いたくなりまして記事にした次第です。

皆さんも修理中に作成したデータの転送には気をつけましょうw
 


↓あきらめも肝要・・・と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 欧州産マツタケが人気だって | トップページ | さすがのゼットンも中国に怒り心頭 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

携帯って修理に出したりするもんなんですねぇ〜^_^;
そして代替も出してもらえるとは?^_^;


壊れたら買い換える“どん”ちゃんでした。(^_^;)

投稿: “どん”ちゃん携帯から | 2007/09/01 17:55

こんばんわ^^

>"どん"ちゃん
まー、今回の故障は携帯電話そのものには
何の影響もありませんからねw

代替機は便利ですね。これもUSIMだから
でしょうけど。

>買い換える
私、誰でも割に入ったので、2年ごとにしか
解約できなくなりましたw
ま、機種変更はできますけど高いしなぁw

投稿: ピア | 2007/09/01 18:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: auMPがクソソフトだっていうことを再確認:

« 欧州産マツタケが人気だって | トップページ | さすがのゼットンも中国に怒り心頭 »