« まるで去年のような負け方だ | トップページ | そんなことはいいからさー »

2007/06/27

一体この騒ぎは何だったのか?

なんだか特待生をはずして試合に負けた学校はバカみたいですね(怒)
高野連、来年入学者は特待容認 今後は野球憲章を論議|野球|スポーツ|Sankei WEB

高野連、来年入学者は特待容認 今後は野球憲章を論議|野球|スポーツ|Sankei WEB

日本高校野球連盟は26日、大阪市内で特待生問題私学検討部会と臨時の全国理事会を開き、来年度の生徒募集に向けた特待制度の基準について審議した。来年度の入学予定者については、スポーツ技能に優れた生徒が経済的支援を必要とすると加盟校が判断した場合、学費免除など制度適用を容認することを決めた

 この措置は特待制度の廃止による退学や転校を防ぐため、5月の全国理事会で在校生に対して示した緩和措置と同じ内容で、日本高野連は「暫定的」としている。当初は禁止事項など明確な基準を作成する予定だったが、私学側との調整がつかず先送りとなった。

 全国9地区の私立校長による私学検討部会では、私学側から「私学経営の独自性」「公立校との学費差を埋める」などの観点から特待制度の継続、憲章の見直しを求める声が相次いだ。日本高野連の脇村春夫会長は「最終的な結論に至らなかったため、今回は暫定措置として特待制度を容認することになった」と語った。

 また、教育や法曹、スポーツ界の有識者で構成する第三者機関「特待生問題有識者会議」の設置を決定。平成21年度以降の入学予定者については10月初旬までに有識者会議の提言を取りまとめた上で、11月までに最終的な結論を出す。有識者会議では、野球を目的にした特待制度を禁止する日本学生野球憲章の見直しを含めて提言を求める。 (2007/06/26 19:15)


┐(´д`)┌ ヤレヤレ

今年だけか・・・
今年の最後の試合になった選手とか、いないんですかね?

夏の甲子園の予選は始まったばっかりなんで、そんなことは少ないとは思いますが、高野連のボケ老人のせいで気分が悪くなった人も多いでしょうね。もしかしてもう転校してしまった生徒もいるかもしれません。

百害あって一利なしとはこのことかw
 


↓いや、笑いごっちゃないで(怒)と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« まるで去年のような負け方だ | トップページ | そんなことはいいからさー »

野球」カテゴリの記事

コメント

だったら最初から認めてあげても良いのに。
高野連なんて昔からへんてこりんなトコでしょう。大体あんな暑い日平気で連投させるような強行日程しか組もうとしませんからね。

投稿: 木佐貫フォーク | 2007/06/27 22:45

こんばんわ^^

>木佐貫フォークさん
>強行日程
どうなんでしょうね。

後援しているTVの視聴率稼ぎのために
ちょうど盆休みにあわせて開催している
ということなんでは?

8月1ヶ月くらいしてもいいですのにね。

投稿: ピア | 2007/06/28 20:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一体この騒ぎは何だったのか?:

« まるで去年のような負け方だ | トップページ | そんなことはいいからさー »