« 裁判所はコントの練習場じゃない | トップページ | 革でしたっけ、あれって? »

2007/06/27

桑田、すしボールってなに?

レインボールじゃなかったの?
Yahoo!ニュース - 夕刊フジ - 桑田ネタは豊富…多彩な変化球に「スシボール」命名

Yahoo!ニュース - 夕刊フジ - 桑田ネタは豊富…多彩な変化球に「スシボール」命名

6月27日17時0分配信 夕刊フジ


桑田ネタは豊富…多彩な変化球に「スシボール」命名

 39歳でメジャーデビューを果たしたパイレーツの桑田真澄投手の注目度が、米国内でさらに高まっている。桑田の象徴となっている「レインボーカーブ」に新たな名前を付けようという動きが出てきているほか、その投球術に他球団が獲得に関心を寄せている。

 「スシボール」-。日本ではすでに「レインボーカーブ」の名称が定着しつつある桑田の大きなカーブを、ピッツバーグの地元紙「ピッツバーグ・ポスト・ガゼット」がこう名付けた。

 「桑田のスシボールは新鮮な素材を使っている」と題し、「スシにたくさんの種類があるように、桑田の球は(たくさんの種類があって)次に何が来るか分からない」と解説。

 チームメートの間でも「カーブだ」「チェンジアップに見える」と意見がわかれ、ブルペン捕手に至っては「よくわからないが、よく動く球だ」と話している。

 「スシボール」の名称定着は微妙だが、少なくとも日本のレジェンドに対する関心が日に日に高まっているのは確かだ。  地元だけでなく、メジャーの他球団も、桑田の投球術に関心を寄せる。

 交流戦の最終カードで対戦したエンゼルスのソーシア監督は、以前から桑田に関心を持っていたとされるが、今回の対戦で、その制球力や多彩な球種に対し、さらに関心を深めているという。

 ただ、獲得から常に桑田に目をかけてきたリトルフィールドGMには、桑田放出の意向はまったくなさそうだ。  26日の桑田は、マーリンズ戦に向けて、入念な調整。連投での疲れもたまりつつあるが、リーグ戦再開を機に、快投がさらに続けば、全米の関心がもっともっと高まることになりそうだ。(夕刊フジ特電) 最終更新:6月27日17時0分 夕刊フジ


投球術の引き出し、多彩な変化球、度重なる怪我にも負けない精神力、確かにさまざまなネタを持っている飛び切りのすし職人かもしれませんが、すしボールって・・・ orz

意味がわからんぞw

ブルペン捕手のコメントがいいですな♪
なんだか、これぞアメリカンなアバウトな雰囲気がよく出ています♪

よくわからない

正直ですなw

桑田の移籍はないと思いますが、夏場になって連戦連投なんてことがないように、監督コーチ頼みますよ!
 


↓歳だしねぇ・・・と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 裁判所はコントの練習場じゃない | トップページ | 革でしたっけ、あれって? »

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桑田、すしボールってなに?:

» レインボーカーブ [レインボーカーブ]
レインボーカーブ、最近話題ですが、レインボーカーブとは桑田真澄投手が投げる魔球のことです。 [続きを読む]

受信: 2007/06/27 23:48

» すしボール [すしボール]
すしボールって最近呼ばれている魔球。すしボールは桑田真澄投手が投げているカーブのことである。 [続きを読む]

受信: 2007/06/28 00:15

« 裁判所はコントの練習場じゃない | トップページ | 革でしたっけ、あれって? »