« 戦前じゃないんだから密航はやめてくれないか? | トップページ | 人のこと言う前に!!! »

2007/04/30

違うところに目がいってしまった

医療についてはまったくの門外漢ですが、これはちょっと・・・
受診、最初は「総合科」→専門医に橋渡し…医療効率化狙う : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

受診、最初は「総合科」→専門医に橋渡し…医療効率化狙う : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

厚生労働省は、専門分野に偏らない総合的な診療能力のある医師を増やすため、新たな診療科として「総合科」を創設する方針を決めた。

 能力のある医師を国が「総合科医」として認定する仕組みを整える。初期診療は総合科医が行い、必要に応じて専門の診療科に患者を振り分ける2段階方式を定着させることで、医療の効率化を図り、勤務医の労働環境の改善にもつなげる狙いがある。日本医師会にも協力を求め、5月にも具体策の検討に入り、早ければ来年度中にもスタートさせる。

 総合科は、「熱がある」「動悸(どうき)や息切れがする」「血圧も高い」など一般的な症状の患者の訴えを聞き、適切に治療したり、専門医に振り分けたりする診療科を指す。同省では、開業医の多くが総合科医となり、いつでも連絡がつくかかりつけの医師として、地域医療を支える存在となることを期待している。

 医師が自由に看板を掲げられる内科、外科、皮膚科などの一般診療科とは区別し、総合科医を名乗るには、同省の審議会の資格審査や研修を受けたうえで、厚労相の許可を受けなければならない。国が技量にお墨付きを与えるこうした診療科は、これまで麻酔科しかなかった。

-- 以下略--


( ´ー`)y―┛~~

この「医師免許さえあれば自由に診療科を選択できる」ってぇのは問題と思いますねぇ。

どの治療でもどの診療科でも、プロになるにはそれ相当の訓練や経験が必要でしょう。なんらかの義務を負わせるようにしないと、ただ単に儲かるからという理由だけで診療科を選ぶような医師もでてくるのではないでしょうか?

義務についても論文を書くというような机上の研究じゃなく、実際に治療に当たるには実経験を重視してほしいと思います。既存の開業医の下で経験を積むとか、いくらでも考えればできそうなように思いますが。

いくつかの科を看板に書いていても、最初に書いている科以外は当てにならないんじゃないでしょうか?それで、初めての医者に行くときにはご近所で評判を聞きますけどね。

いったいあなたは何の医者なんですか?という状況はやめてもらいたいですね。
 


↓これからは「○科」と「総合科」になるんか?と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m


|

« 戦前じゃないんだから密航はやめてくれないか? | トップページ | 人のこと言う前に!!! »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71882/14896308

この記事へのトラックバック一覧です: 違うところに目がいってしまった:

» アフィリエイトB [アフィリエイトB]
アフィリエイトB [続きを読む]

受信: 2007/04/30 23:44

« 戦前じゃないんだから密航はやめてくれないか? | トップページ | 人のこと言う前に!!! »