« どんどんやれよ(笑) | トップページ | ないことを証明するのは無理 »

2007/04/01

これは無理があると思うなぁ・・・

会社で業務をしていて、その一環として発明された特許、発明者にも相応の利益要求権利はあるとはいえ、大きく出すぎているんじゃないんでしょうかね?
’’-->液晶の発明対価訴訟、シャープと開発の元研究員が和解 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

液晶の発明対価訴訟、シャープと開発の元研究員が和解 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

大手家電メーカー「シャープ」(大阪市)の元研究員の男性が同社に、液晶表示技術の発明対価の一部5億円を支払うよう求めた訴訟が30日、解決金を支払うことなどを条件に大阪地裁で和解したことがわかった。

 原告被告双方とも「金額は言えないが、地裁の和解勧告に納得した」としている。

 訴状などによると、元研究員は在職中に大型液晶ディスプレー開発部署のチーフを担当。液晶表示の高速化や低電力化が可能になる技術4件を発明し、同社は日本のほか、米国やドイツなどで相次いで特許権を取得した。

 同社は2002年、発明に対する報奨金制度を改定し、退職者にも支払うことなどを決めている。01年に退職した元研究員も報奨金77万円を受け取ったが、「不服だ」として04年6月に提訴。発明により同社が得られる利益を「960億円」と算出し「自らの貢献度は12%で、発明対価は約115億円に上る」と主張していた。

 企業内の職務発明を巡っては、日亜化学工業が「青色発光ダイオード」の開発を巡る訴訟で約8億4000万円、東芝が「フラッシュメモリー」の開発を巡る訴訟で8700万円をそれぞれ開発者に支払うことで和解したことなどから、報奨金制度の整備や見直しを図る企業が増加している。 (2007年4月1日3時2分 読売新聞)


Photo_366

そもそもこういう法外な利益を要求する人って、会社がその研究を業務として遂行させていたという面を無視してやいませんか?

どういう基準で算出するのかしりませんけど、960億円の利益に対して115億円の対価、5億円の取り分を主張するって、どう考えてもおかしいんじゃないの?

そんなに言うんなら、その特許を研究開発するに当たって会社が使った経費を差し引くべきじゃないか?装置産業の新技術の開発なんて、いったいどのくらいお金がかかるんだよ?LSIの試作って、いったいどのくらいかかるんだよ?

大体会社で出願する特許って、権利をすべて会社に譲渡させられるんじゃないのかなぁ、どの会社でも。

詳しくないんですが、権利はなくても対価を求められるんでしょうか?発明者として登録はされていると思いますが。

自分がそういう発明をしたことがないから「妬み」も入っているかも知れませんが、なんだか「自分ひとりで発明したんだ」というような感じがするんですよね、こういう主張って。集団訴訟になるんなら、まだ理解はできるんですが。
 


↓会社がつぶれるぞ・・・と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« どんどんやれよ(笑) | トップページ | ないことを証明するのは無理 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: これは無理があると思うなぁ・・・:

« どんどんやれよ(笑) | トップページ | ないことを証明するのは無理 »