« なんだか最近・・・ | トップページ | これ、なんてホンダ? »

2007/03/11

水清ければ魚住まず、か・・・

下院の決議案の1000000万倍くらい正論だと思うんですが・・・
YOL:「米国は拉致問題見捨てた」…ボルトン氏、厳しく批判

「米国は拉致問題見捨てた」…ボルトン氏、厳しく批判

 【ワシントン=坂元隆】ジョン・ボルトン前米国連大使は8日、本紙と会見し、5~6日に行われた米朝国交正常化作業部会に関連し、「拉致問題が解決するまでは、米政府による北朝鮮のテロ支援国指定解除は交渉すらすべきでない」などと北朝鮮の核問題をめぐる6か国協議の交渉を厳しく批判した。

 ボルトン氏はブッシュ政権内の強硬派として知られたが、任期延長で議会の承認が得られず昨年12月に辞任した。

 ボルトン氏は、北朝鮮が寧辺の核施設を停止・封印することなどの見返りに金融制裁の解決や5万トンの重油供給などを決めた6か国協議の2月の合意について、「北朝鮮が自発的に核兵器を放棄することなどあり得ない。極めて悪い合意だ」と指摘した。

 米朝作業部会で、日本人拉致問題に関連するテロ支援国指定解除問題が取り上げられたことについては、「米国は日本を、とりわけ拉致問題を見捨てた」とし、「指定解除は、日本が拉致問題で満足のいく解決を得るまで議論すらすべきでない」と述べた。

 そのうえで、北朝鮮やイランの核問題解決には、「経済的、政治的に圧力をかけ、西側との金融取引を禁じるなどして内側から体制変革を促していくしかない」と主張。北朝鮮の核放棄を確認するには、国連安全保障理事会常任理事国の査察官による、場所や日時を問わない「侵入的査察」が必要と指摘した。
(2007年3月11日12時23分 読売新聞)


( ´ー`)y―┛~~

全面的にごもっともなんですが、北朝鮮はともかくイランは単純に経済封鎖金融封鎖というわけにはいかないように思いますが・・・

拉致問題をここまで考えてくれているのはありがたいのですが、このような人が任期切れで国連の場を去るのは惜しいですね。逆に言うと、そのほかの面がいろいろとアメリカにとって都合が悪いのかもしれません。あるいは、こういう面そのものがアメリカに都合が悪いのかも知れませんね。

北朝鮮が自発的に核兵器を放棄することなどあり得ない

6カ国協議の参加国が、北朝鮮の核施設=寧辺とだけ思っているわけもなく・・・

アメリカの偵察衛星の写真の分析力を持ってすれば、今どこに核施設があるのかということ程度はわかるはずで、中国やロシアはその場所に自国の技術者を派遣して指導しているということも考えられますから、蚊帳の外の韓国以外はすべて北の核ということに関してはお見通し、先刻承知ってことになります。

ならどうすればいいのか?ということですが・・・

場所や日時を問わない「侵入的査察」

ということになります。本当に北朝鮮の核を解決したいのなら、ここまで突っ込んで話を付けないとだめです。

よく言われることですが、北朝鮮の核を脅威とする国はどこか?

直接的な影響を考えれば、日本以外ありえないわけです。中国やロシアに核ミサイルを撃ち込みますか?アメリカにミサイルを撃ち込みますか?韓国は?

韓国は将来自分たちが占領するところでしょうから、そんなところを破壊すべきではないし、今までの流れを考えれば、あと数年で合併にまで持っていけると踏んでいるはずですから、そもそも攻撃する必要も無い。

間接的な影響を考えると、やはりアメリカになるんでしょうね。世界という目で見れば、これが一番怖いでしょう。核の拡散です。北の核そのものも核拡散の賜物といっていいものでしょうから、「核は巡るよ、どこまでも」という状態でしょう。

一体ベルリンでどんな話し合いがあったのか?あのあと、急に接近したように感じます。

こう考えていくと、既に日本は十分孤立していると思われます。だが、100万トンもの重油を援助できるのは日本のほかにはありません。今回は5万トンという量だったので韓国単独で負担できたわけで、残りはまだまだ時間がかかるし、他国も「まー、あとはまた考えよう」なんていうウルフルズ的なノリだったのかもね。軽水炉を作るにしても、やっぱり日本がお金を出さない限りは話は前に進まないでしょう。

日本はこういう絶対的なカードを持っているんですから、他国に置き去りにされても北朝鮮から挑発されても、絶対に譲歩すべきではない。

何がどうなったら、日本の制裁をどうするのか?日本が出す範囲をどこまでにするのか?

十分シナリオを練って対応すべきでしょう。

日本政府、めげるな!
 


↓でもできるだけ早く解決を!!!と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« なんだか最近・・・ | トップページ | これ、なんてホンダ? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71882/14231116

この記事へのトラックバック一覧です: 水清ければ魚住まず、か・・・:

« なんだか最近・・・ | トップページ | これ、なんてホンダ? »