« 今日のMVPは誰だろうか? | トップページ | ネ申、降臨! »

2007/03/31

単純なゲームほど面白い?

SUDOKU、世界大会なんてあったのね・・・
’’-->数独世界大会、団体戦で日本チーム優勝|文化|カルチャー|Sankei WEB

数独世界大会、団体戦で日本チーム優勝|文化|カルチャー|Sankei WEB

世界中で親しまれている数字のパズルゲーム「SUDOKU(数独)」の第2回世界選手権が29日から31日までチェコのプラハで開かれ、今回から導入された団体戦で日本チームが優勝した。個人戦でも富山県出身の東大4年、楠井悠平さん(22)が2位に入った。

 大会には32カ国から約140人が参加、個人戦では米国人男性が優勝した。団体戦は各国上位四人の合計成績などで争った。

 数独は、規則に従って九×九のマスに「1」から「9」までの数字を埋めるゲーム。日本のパズル出版社が「数独」と名付け、欧米でも「SUDOKU」として爆発的な人気を得ている。日本では「ナンプレ」の名でも知られている。

 日本チームは楠井さんのほか、東大大学院生の條秀彰さん(23)=熊本県出身=や、京大四年生の岡本広さん(22)=愛知県出身=ら計6人。(共同) (2007/03/31 22:14)


ふーん、団体戦ってなんじゃらほぃ?柔道みたいなもん?

今携帯でやってるゲームがこれなんです。前の機種では大富豪をやっていたんですが、機種を代えた後よさそうな大富豪を見つけられなくて、代わりにこっちに。

25問入っているパターンを二つまで購入しています。それぞれレベルが1-5まで各5問ずつあります。今は、それを全部6分以内で解くことを目標にしています。携帯だから時間も勝手に計測してくれていいですよ。

やってて思うのは、物事って見方を変えるとこうも変わるかね?ってことですね。あるひとつの考え方で解いていても手がかりさえないという状態でも、見方を変えればさらさら解けていくことはざらですから。

縦、横の9個のマスに1-9までがひとつずつ入る。
3×3のマスの中に同じく、1-9。

いろいろ定跡が考えられていそうですね。

50問の中の最短記録は3分32秒、最長?記録は6分24秒。

まだまだ飽きることはなさそうです(笑)
 


↓あんたも暇ねぇ(笑)と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 今日のMVPは誰だろうか? | トップページ | ネ申、降臨! »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 単純なゲームほど面白い?:

» ナンプレについて [ナンプレなび]
すいません、RSSでナンプレについての情報をあつめています。トラックバックさせていただきました。 [続きを読む]

受信: 2007/04/25 16:39

« 今日のMVPは誰だろうか? | トップページ | ネ申、降臨! »