« G首脳のまともな判断 | トップページ | さすが自爆党、想定外? »

2007/02/15

10年前だったらとは悔やむまい

いろんな選手がメジャーに挑戦している今シーズン。

松坂、さすがのVIP待遇!
コールミーオカジ、マイペース?
コールミーイガー、はーるよ来い?

しかし、なんと言っても私としてはこの選手が気になります。
sanspo:桑田、6、7割でも球に切れ チャンスはあるとコーチ

桑田、6、7割でも球に切れ チャンスはあるとコーチ

 フォームを確かめるような、ゆったりした動作はない。約20年のプロ生活で、すべては身に染み付いている。桑田は初めてのブルペンで無造作に見えるほどテンポよく球を投げ込んだ。

 「暖かいからすぐに肩ができると思う。あとはトントンと仕上がっていくでしょう」。6、7割の力で投げたという19球には切れがあった。

 35人の投手がキャンプに呼ばれており、ベンチ入りは11、12人。不可能とも思われる壁に挑む38歳の右腕について、コルボーン投手コーチは言う。「10年前なら居場所を空けて待っていた。だが、今は違う。確かなものはない」。オリックスのコーチを務めたこともあり、桑田を長く知る。それだけに甘い言葉は口にしない。ただ可能性を信じる理由もある。

 「モイヤーから日本へ連れて行ってくれと言われたことがある。1992年だった」。30歳を迎えて登板機会に恵まれない左腕から相談を受けた。「それからモイヤーがどうしたかは知っているよな」。通算216勝のベテランは44歳の今季もフィリーズに在籍する。

 「マイナーで投げたって問題ない。引退しようと思うまでチャンスはある」。厳しい言葉の中にも、勝負を懸ける日本のスター投手への愛情がのぞく。(共同)


いい言葉ですね・・・

引退しようと思うまでチャンスはある

できることなら、長くアメリカで戦ってほしい。
でも、できることなら早く日本に、Gに帰ってきてほしい。

複雑ですね・・・
 


↓どっちにせぇ、桑田を応援できるやんか♪と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« G首脳のまともな判断 | トップページ | さすが自爆党、想定外? »

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10年前だったらとは悔やむまい:

» アメ車のパーツとして似合う男!?桑田選手メジャーで頑張れ! [アメ車のパーツみたいなカッコいいブログ。]
桑田が、松坂に間違えられた。ピッツバーグの地元紙「ピッツバーグ・ポスト・ガゼッテ」紙の電子版は、15日付けで、桑田真澄投手に関する長文記事を掲載。僕らの世代になると、やはり桑田選手には思い出がたくさんあります。ぜひメジャーでの雄姿がみたいものです。 [続きを読む]

受信: 2007/02/16 15:01

« G首脳のまともな判断 | トップページ | さすが自爆党、想定外? »