« 口は災いのもと?ぶつ切り報道の功罪 | トップページ | ほのぼのとしたニュースですね♪ »

2007/01/31

NEWS23って最高の番組だったのか(笑)

今読んでいる本が、

これなんですけど、正直読みはじめるまでは「筑紫哲也のことをボロクソに書いてるんだろうな」っていう予想しかしていなかったんですけれども、これが違うんです。

著者の中宮 崇さんはNEWS23を録画し、ニュースを中心にテキスト起こしをし、他局の同様のニュースと比較する毎日、ということらしいです from 同書 「序 筑紫哲也と共に生きて」

それで、NEWS23に特有の傾向がはっきりして、非常にユニークな番組であることが次々と明かされています。

目次にもある『「プロ市民」発見の特殊技能』、『NEWS23に「拉致」はない』、『犯罪者はいつも日本人?』などなど、タイトルを見ているだけでもワクワクしてきますよね♪タイトルだけではなく、筑紫哲也さんが社民党の辻元清美議員に個人献金をしているということも書かれていました(爆)

これで中立な報道ができるとかな?と子供でも突っ込みそうな(爆)

私がニュースをよく見るようになったのが、このブログをし始めてからです。ところがこの本にはそれ以前の「事件」がいろいろと書かれていて、おぼろげに知っていただけのことが改めて「酷い」番組だったことを思い知らされます。

つい最近、見るともなしにNEWS23を見ているとあまりにもばかげた報道内容だったので、「あー!こんな番組見てたら頭が腐ってくる!」と声に出してチャンネルを変えると、上の子がびっくりしていました(笑)

文春新書ですので800円と安いのですが、なかなか普通の本屋では売っていません。私は今日、東京駅近くの丸の内オアゾの丸善という大型の本屋さんでゲットしました。

ご購入の際には、是非!上のリンクからお願いします♪
m(_ _)m

あ、ついでにこんな本もあったので買ってみました♪


 


↓偏向しているなぁ(笑)と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 口は災いのもと?ぶつ切り報道の功罪 | トップページ | ほのぼのとしたニュースですね♪ »

読みたい本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NEWS23って最高の番組だったのか(笑):

« 口は災いのもと?ぶつ切り報道の功罪 | トップページ | ほのぼのとしたニュースですね♪ »