« なんて綺麗なんでしょうか・・・ | トップページ | ロッテ、(*^ー゚)b グッジョブ!! »

2006/12/29

世界最高で今年を締めた!

真央ちゃん、サイコーデース!
sanspo:真央、女子初の200点超えで初優勝! 全日本フィギュア女子

真央、女子初の200点超えで初優勝! 全日本フィギュア女子

 フィギュアスケートの全日本選手権最終日は29日、名古屋市総合体育館で行われ、女子はフリーでトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を成功させた浅田真央(愛知・中京大中京高)がほぼ完ぺきな演技で211・76点の高得点をマークし、大差をつけて初優勝。来年3月に東京で開催される世界選手権への初出場を決めた。

 ショートプログラム(SP)で浅田真に続く2位だった安藤美姫(トヨタ自動車)は肩を痛めた影響で演技に精彩を欠き、185・65点で2位。179・72点で3位となった中野友加里(早大)までが世界選手権の代表となった。昨季の世界選手権銀メダリストの村主章枝(avex)は4位に終わった。

* 全日本フィギュア 女子結果

★真央、感極まり涙…3回転半に200点超え

 会心の演技を終えた浅田真の目には涙があふれていた。「(涙は)負けたときが多かった。すごくうれしかったので…」。今季初めてトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)に成功し、女子では世界初となる200点超えでこの大会初優勝。人前で涙することはなかったという16歳が、感極まった。

 こだわり続けた大技トリプルアクセルだった。今季成功が一度もない状況にアルトゥニアン・コーチは、踏み切る前のステップを省くよう提案したこともあった。それでも浅田真は首を縦に振らず、高難度の技に挑み続けた。「毎年レベルアップしたかった」。この日は踏み切り前のスピードも適度で、美しい着氷を披露。「あれこそがトリプルアクセルだ」とコーチに言わしめた。

 昨季のグランプリファイナルで初出場優勝し、追われる立場となった。以前のように無心で滑ることが難しくなり、いつしか笑顔も減っていた。ライバルだけでなく、自分自身との戦いに直面したが、精神面での成長も印象づけた。

 来年3月に東京で開かれる世界選手権に向け「きょうよりもいい演技をして優勝したい」と高らかに宣言した。少女から大人へ日々成長を続ける浅田真。さわやかな笑顔が光った。

以下略


スケートの得点ってよくわからんけど、自分の限界に挑戦し続ける姿勢は見ていて気持ちがいいです。北京での金を目指して、精進精進また精進の日々が続くと思いますが、努力は人を裏切らないという言葉を胸に、がんばってください!
 


↓ミキティもがんばってるしね♪と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« なんて綺麗なんでしょうか・・・ | トップページ | ロッテ、(*^ー゚)b グッジョブ!! »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71882/13255243

この記事へのトラックバック一覧です: 世界最高で今年を締めた!:

« なんて綺麗なんでしょうか・・・ | トップページ | ロッテ、(*^ー゚)b グッジョブ!! »