« 時間の浪費ってこのことでは? | トップページ | いいところもある人なんだけど・・・ »

2006/12/26

まさにプギャー(笑)

懐かしい人がニュースになってます(笑)
朝日:「騒音おばさん」に懲役1年8カ月の判決 大阪高裁

「騒音おばさん」に懲役1年8カ月の判決 大阪高裁

2006年12月26日12時20分

 約2年5カ月にわたって自宅から大音量の音楽を流し、隣人女性に体調不良を起こさせたなどとして、傷害と暴行の罪に問われた奈良県平群町の河原美代子被告(59)の控訴審判決が26日、大阪高裁であった。古川博裁判長は「隣人女性への敵対的態度を今も崩しておらず、再犯の可能性も高い」と判断。懲役1年(求刑懲役3年)とした一審・奈良地裁判決を破棄し、懲役1年8カ月を言い渡した。

 判決によると、河原被告は02年11月~05年4月、自宅勝手口付近にCDラジカセを置き、昼夜を問わず隣の住宅に向けて大音量の音楽を流し続けた。その結果、隣人女性に精神的ストレスを与え、高血圧やめまい、睡眠障害など約1カ月の傷害を負わせた。

 古川裁判長は「被告は大音量の音楽を流すことにより、隣人女性の体に不調をもたらすことを明らかに認識していた」と述べ、傷害の確定的故意を認定。「反省しておらず、一審判決は軽すぎる」と判断した。今年4月の一審判決は、騒音によって女性が何らかの傷害を負うかもしれないという「未必の故意」を認めるにとどまっていた。

 昨年4月に逮捕、起訴された河原被告については約1年8カ月にわたって勾留(こうりゅう)が続いている。古川裁判長は未決勾留日数のうち計約500日を刑に算入することを告げたうえで、「(判決が確定すれば)あと3カ月ほど刑務所で過ごすことになります。あなたの行為は誰からも支持されないということを考えてほしい」と諭した。

 一審判決に対し、弁護側は「騒音による傷害罪は成立しない」などとして無罪を主張し、検察側は量刑が軽すぎるなどとして、それぞれ控訴していた。


2_4

この人が無罪ってありえないし。

もし無罪になったとしたら、アホ判決もしくは法律が間違っているってことでしょう。

こういうのを骨折り損のくたびれもうけって言うんでしょうなぁ(笑)

ただ、あと3ヶ月程度で出所できるってことですから、被害者の方の心労はぜんぜん改善されないのでは?民事の罰金も払ったのかは定かではないし。

いっそ、被害者の自宅半径10km以内への居住を禁止するなんていう条項も付け加えたらよかったかも知れません。でもそうすると引越し先の方々が迷惑することになるし。

当分は観察処分で、何か少しでも騒動を起こしたら10年くらいの懲役食らわしたらいいんじゃないでしょうか?ちょっと税金のむだ使いになるけれど。
 


↓再犯のないことを祈りますと思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 時間の浪費ってこのことでは? | トップページ | いいところもある人なんだけど・・・ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71882/13213392

この記事へのトラックバック一覧です: まさにプギャー(笑):

« 時間の浪費ってこのことでは? | トップページ | いいところもある人なんだけど・・・ »