« 生死をさまよった10時間 | トップページ | 老人と海 現在編 »

2006/12/25

法相の役目のひとつ

死刑執行が一挙に4人も・・・
YOL:3拘置所で4人に死刑執行

3拘置所で4人に死刑執行

 東京、大阪、広島の各拘置所で25日午前、殺人罪などで死刑が確定した4人に刑が執行された。死刑執行は2005年9月に1人が執行されて以来。

 00年以降は毎年1~3人の死刑が執行されてきたが、4人に対する同時執行は、1997年8月に永山則夫・元死刑囚ら4人に執行されて以来、9年4か月ぶり。杉浦正健・前法相は今年9月までの約11か月間の在任期間中、死刑執行命令書に署名せず、長勢甚遠(ながせ・じんえん)現法相が就任して初めての執行となった。

 執行されたのは秋山芳光死刑囚(77)(東京拘置所)、藤波芳夫死刑囚(75)(同)、日高広明死刑囚(44)(広島拘置所)、福岡道雄死刑囚(64)(大阪拘置所)。法務省は25日、執行の事実と人数だけを発表した。

 秋山死刑囚は兄(無期懲役が確定)と共謀し、1975年8月、千葉県市川市内で、知人の会社社長(当時47歳)をバットで殴り殺し、現金約1000万円を奪って遺体を畑に埋めた。さらに、自分の妻(当時37歳)に多額の保険をかけ、殺そうとした。76年12月、東京地裁で死刑判決を受け、87年7月に確定した。

 藤波死刑囚は81年3月、栃木県今市市(現・日光市)の別れた妻の親類宅に押し入り、2人を刺殺したほか、2人に重傷を負わせ、金品を奪った。82年2月に宇都宮地裁で死刑判決を受け、93年9月に確定した。

 日高死刑囚は96年4月~9月、タクシーの乗客の女子高校生ら女性4人(当時16歳~45歳)を相次いで殺害し、現金を奪った後、遺体を捨てた。2000年2月に広島地裁で死刑判決を受け、控訴しないまま確定した。

 福岡死刑囚は78年12月、高知市内で、当時の妻の姉(当時42歳)を絞殺し、80年4月、この姉が家出したように装う偽装工作を手伝わせたホステス(当時32歳)も口封じのため絞殺。81年1月には、妻の父(当時72歳)を包丁で刺殺した。88年3月に高知地裁で死刑判決を受け、99年6月に確定した。
(2006年12月25日14時17分 読売新聞)


( ´ー`)y―┛~~

前任者の先送りも含めて4人執行ってことで。法相の役目のひとつに死刑執行というのがあるのはわかっているはずなんですから、自分の気持ち(あえて気持ちと言っておきます)がそれを許さないのなら、就任要請を受諾すべきではない。杉浦前法相を任命した責任が誰にあるのか?というのが残りますが、今回執行されましたので被害者の遺族の方々は少しは納得されたのでしょうか?それとも、もうかかわりたくないという思いが強いのでしょうか・・・。

それにしても死刑囚の罪状を見ると無残と言うか鬼畜と言うか・・・。

これが無期懲役で15年くらいで出所とかいう話はギャグとしか言いようがないでしょう。じゃ終身刑がいいのかというと、死ぬまで税金でぬくぬくと暮らすのかと思うとそれも被害者感情は許さないし、財政的にも許されません。こういう鬼畜は社会から抹殺しないと。

あるいは絶海の孤島に集めて、本当の自給自足をさせるとかね。それこそ木の根っこをむさぼらないと生きていけないような土地にほっぽり出す。これだったら税金もかからないし。

死刑を宣告されて悔い改めるという犯人もいるかもしれませんけど、それは「死刑」という現実があってこそのことでしょう。他のなにものでもない自分の死に直面して、やっと自分が犯した罪を実感した。そうであれば、もうそれは死を持って償うしかないということは普通わかりますよね。

そういうことです。
 


↓人権派が黙っちゃいないが・・・と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 生死をさまよった10時間 | トップページ | 老人と海 現在編 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71882/13201921

この記事へのトラックバック一覧です: 法相の役目のひとつ:

» 4人の死刑を執行 [DANGER]
4人に死刑執行 前法相“空白の期間”を経て1年3カ月ぶり 法務省は25日、死刑囚4人に対して死刑を執行したと発表した。 関係者によると、執行されたのは 千葉県の強盗殺人事件の秋山芳光死刑囚(77)と栃木県の2人強盗... [続きを読む]

受信: 2006/12/26 16:18

« 生死をさまよった10時間 | トップページ | 老人と海 現在編 »