« 国旗に斜線を引いたような服? | トップページ | まさにプギャー(笑) »

2006/12/26

時間の浪費ってこのことでは?

日中で歴史問題を研究?する?みたいな?
YOL:歴史認識での対立緩和へ、日中研究委が北京で初会合

歴史認識での対立緩和へ、日中研究委が北京で初会合

 【北京=末続哲也】日中両国が設置した「日中歴史共同研究委員会」の初会合が26日、2日間の日程で、北京で始まった。

 同委は、日中両国の有識者による歴史共同研究を通じ、相互理解を深め、両国間の歴史認識をめぐる深刻な対立の緩和を目指す。2008年を目標に結果をまとめる。

 共同研究では、両国関係に影を落とす歴史論争を専門家に委ねることで、歴史問題が政治交流に及ぼす影響を薄める効果が期待されている。反面、共産党独裁体制下の中国では、「党の利益」に合致する歴史認識が優先されるため、双方の主張がすれ違いに終わる恐れも大きい。

 26日の初会合では、中国側座長の歩平・社会科学院近代史研究所長があいさつし、「侵略戦争の責任を否定する言行を十分に警戒する必要がある」とクギをさした。

 一方、日本側座長の北岡伸一・東大教授は「事実に即して対話をすれば、ふくらんでしまった(日中間の)イメージのギャップを、もう少し埋めることができる」と訴えた。

 歴史共同研究は、10月の日中首脳会談で合意。11月の日中外相会談で同委設置が決まった。同委は日中双方の有識者各10人が参加し、「古代・中近世史」と「近現代史」の2分科会を設置。26日午後と27日午前に全体会合を開き、同午後には分科会に移る予定。

 初会合では今後の検討課題や委員会の運営などについて意見交換する。
(2006年12月26日21時16分 読売新聞)


Photo_93

もうちょっとこぅ、わかりやすい表現を使えないものか?

双方の主張がすれ違いに終わる恐れも大きい。

じゃなくって、そもそも人為的な歴史を研究するほうがおかしいってことじゃないでしょうか。

主張が平行線っていうよりは、まさに
 


歴史って言う


レベルじゃねぇぞ!

 


ってことなので、そのへんはちゃんとわかった上で議論しないと、脳みそ腐りますよ。

耐ショック耐閃光防御のヘルメットとか要るんじゃないの(笑)
 


↓いまだに田中上奏文だもんなぁ・・・と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 国旗に斜線を引いたような服? | トップページ | まさにプギャー(笑) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71882/13213150

この記事へのトラックバック一覧です: 時間の浪費ってこのことでは?:

« 国旗に斜線を引いたような服? | トップページ | まさにプギャー(笑) »