« サンヨーよ、お前もか・・・ | トップページ | 実名報道って言うんなら! »

2006/12/07

名作の予感?

「硫黄島からの手紙」ですが、賞を獲ったようですね♪
YOL:「硫黄島からの手紙」に米映画批評会議・最優秀作品賞

「硫黄島からの手紙」に米映画批評会議・最優秀作品賞

 【ニューヨーク=大塚隆一】米アカデミー賞の前哨戦の1つとなる米映画批評会議賞が6日発表され、クリント・イーストウッド監督の「硫黄島からの手紙」が今年の最優秀作品賞に選ばれた。

 受賞作は硫黄島での日米の激戦を日本側の視点から描いた作品で、渡辺謙さんが日本軍の指揮官役を演じている。公開は日本が9日、米国が20日から。

 この作品と対をなし、同じ死闘を米国側の視点から描いた「父親たちの星条旗」(日米で上映中)も今年のベスト10映画の1つに選ばれた。

 また、ブラッド・ピットさんらが出演した米映画「バベル」(アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督)で聾唖(ろうあ)の女子高生役を熱演した菊地凛子さんに新人女優賞が贈られた。
(2006年12月7日13時6分 読売新聞)


Photo_28

恒例になりつつあるんですが、会社の組合が映画のチケットを斡旋しています。

この映画ももちろん入っていましたので、早速申し込みました。大人1000円は安いですよね。実は12/1の映画の日に「父親たちの星条旗」を見に行こうと思っていたんですけど、あいにくと風邪で体調不良。

楽しい一日のはずが・・・ (つд・)エーン

12/1は1000円だったのに・・・(ちなみに毎月1日は映画の日で大人1000円です)

斡旋チケットでリベンジしてきます!

あとひとつ、「大奥」も申し込んだんですよね。いやー、ドラマが好きだったもんで(笑)

問題はいつ見にいけるのか?という点ですが(爆)
 


↓時間は作るものだ!と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« サンヨーよ、お前もか・・・ | トップページ | 実名報道って言うんなら! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名作の予感?:

« サンヨーよ、お前もか・・・ | トップページ | 実名報道って言うんなら! »