« 美味しいすいとんって・・・ | トップページ | 詐欺センサー? »

2006/12/09

作られたブームはなくなるのが必定

韓流ブームってまだあったんですか(笑)
産経:韓流 映画ブーム終焉へ ヒットなく本数も減少

韓流 映画ブーム終焉へ ヒットなく本数も減少

 韓流ブーム、もう終焉(しゅうえん)!? 今年に入って韓国映画が急速に冷え込んでいる。公開本数こそ多いものの興行収入は低迷し、ヒット作が生まれていない。爆発的な“ヨン様”人気などを背景に、韓国映画の買い付けが高騰したことも一因で、「今までがバブルで、これが普通の状況」と関係者は平静を装う。しかし、北朝鮮の核実験で韓国に対する距離感まで広がっているという見方もあり、韓流の先行きは不透明だ。

 韓国の情報部員と北朝鮮の女性工作員の悲恋を描いた映画「シュリ」(日本公開2000年)が火付け役だった。日本で興行収入約18億5000万円の大ヒットを記録し、02年の日韓W杯直前ということもあり、韓国ブームが盛り上がった。

 ブームを加速させたのが、テレビドラマ「冬のソナタ」。主人公のぺ・ヨンジュンさんは「ヨン様」「ほほ笑みの貴公子」と呼ばれて主婦層に人気を集め、社会現象にもなった。これを機に、韓国の人気俳優が出演する“韓流ドラマ”が相次いで日本に上陸した。

 映画も「私の頭の中の消しゴム」(05年)が興収約30億円、ヨン様主演の「四月の雪」(同)が約27億5000万円の大ヒットに。公開本数も61本とフランス映画を追い抜き、ハリウッド映画に次ぐ地位を獲得した。

 しかし今年になって状況が一転。「私の頭-」のチョン・ウソンら韓国の2大スターが共演した「デイジー」(5月公開)が約6億円と振るわず。この秋も、韓国で歴代興行記録を塗り替えた「グエムル-漢江の怪物-」が2億8000万円、昨年韓国で最もヒットした「トンマッコルへようこそ」も約3億円と予想を大きく下回る結果に。結局、今年は興収10億円を超えるヒットが出ていない。

 「もうかると分かって粗製乱造気味の作品が増え、結局、飽きられる結果となった」。ある映画関係者は、作品の質の低下を指摘する。ただ、韓流ブームの影響で映画の買い付け価格が暴騰したことも影響したようだ。ちなみに「四月の雪」は約7億3500万円と韓国映画史上最高の買い付け価格を記録、その後も高止まりしたまま。現地の報道によると、「グエムル」は約5億4000万円で興収はその半分程度にとどまった。

 価格高騰の影響で、韓国映画の公開本数も下降線をたどっている。00年の14本から昨年は61本と4倍以上に急増したが、今年は逆に34本に減少。“韓流バブル”の終わりを浮き彫りにした。

 逆風が吹き始めた中、日韓の映画会社が提携して共同配給するという新たな試みの映画「王の男」(9日公開)に期待がかかるが、映画評論家の川本三郎さんは「韓国映画の不振は、作品が玉石混交のうえ公開本数が多過ぎるということに加え、10月の北朝鮮の核実験強行で韓国、北朝鮮への距離感が一気に拡大したことも大きく影響している。南北融和のムードがすっかり冷め、韓流ファンたちも手放しで歓迎できなくなったのでは」と指摘している。

(岡田敏一)

(2006/12/09 05:23)


Photo_31

私は1本も見たことがないし、TVドラマの「冬ソナ」も「チャングム」も見たことがないので、内容についての言及はできませんけど、韓国で最高にヒットした映画でも原価割れを起こすくらいですから、

■買い付けしっかりしろよ

■好みの違い

としかいいようがないような気がしますが。

よく読んでいる「WiLL」という雑誌に載っていた「トンマッコル」の記事によると、ようは北朝鮮軍と韓国軍が一緒になってアメリカ軍をやっつけるというお話のようで、韓国の今の政情(および一般人の性向)を明確に現している映画であると。ぶっちゃけると、
 


北朝鮮


マンセー♪

 


の映画と言うことですから、そんな映画が今の日本で人気が出るわけがない。まー、そうですね。帰国事業が進行中だった40年位前ならヒットしたかも知れませんが、当時はそんな映画ができるわけもなく。

それにしても、グエムルもトンマッコルもTVで宣伝していましたよね。買い付けの金額だけで原価割れを起こすんですから、営業費用なんかも含めるとこれはもう本当に大損としか言いようがないでしょう。

これに懲りて、日本の一般客に受けるかどうかを先ずチェックしたほうがいいんではないでしょうか?
 


↓総連に謝罪と賠償を要求すべきだ!と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 美味しいすいとんって・・・ | トップページ | 詐欺センサー? »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

韓国映画やTVドラマはくさい。内容は単細胞的で演技が薄っぺらくて見るに耐えない。その上妙な政治的宣伝まで入っている。

北の資金源であるパチンコにおぼれた日本人についてエントリーさせて頂きました。
http://zero-bouzu.iza.ne.jp/blog/entry/84360/

投稿: ぜろ坊主 | 2006/12/09 16:57

こんばんわ^^

>ぜろ坊主さん
いらっしゃいませ。

しかし、6時間もぼーっとできるなんて、
廃人か仙人でしょう・・・

投稿: ピア | 2006/12/09 21:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 作られたブームはなくなるのが必定:

» ▼韓流ブームと言うよりも純愛ブームだったのでしょう [フテキセツなブログ]
引用韓流・映画ブームもう終焉? ヒットなく本数も減少 韓流ブーム、もう終焉(しゅうえん)!? 今年に入って韓国映画が急速に冷え込んでいる。公開本数こそ多いものの興行収入は低迷し、ヒット作が生まれてい ない。爆発的なヨン様人気などを背景に、韓国映画の買い付けが高騰したことも一因で、「今までがバブルで、これが普通の状況」と関係者は平静を装う。 しかし、北朝鮮の核実験で韓国に対する距離感まで広がっているという見方もあり、韓流の先行きは不透明だ。...... [続きを読む]

受信: 2006/12/09 11:49

» イ ジュンギや韓国映画情報 [イ ジュンギ「王の男」や韓国映画情報]
イ ジュンギの映画情報や、韓国の映画情報などを紹介しています。 お役にたてたらいいと思います。 [続きを読む]

受信: 2006/12/15 21:15

« 美味しいすいとんって・・・ | トップページ | 詐欺センサー? »