« 見覚えのある顔が(驚) | トップページ | ソフトバンク、来年こそは! »

2006/11/23

淘汰が始まったんでしょう

三洋が携帯電話事業の売却も視野に入れた再建策を!
産経:三洋電機、携帯事業売却も 中期計画を抜本見直しへ

三洋電機、携帯事業売却も 中期計画を抜本見直しへ

 経営再建中の三洋電機は23日、昨年11月に策定した3カ年の中期経営計画(平成17~19年度)を抜本的に見直す方針を固めた。携帯電話の分社化や株式売却を含む事業の再編を幅広く検討する。

 中期計画で事業の柱に位置付けた携帯電話やデジタルカメラの収益が落ち込み、19年3月期は約500億円の大幅な最終赤字になる見通し。さらに、携帯電話で海外メーカーとの合弁会社が取りやめになるなど構造改革の遅れも目立ち、中期計画の大幅修正が避けられない情勢となった。

 今後は消費者向け製品の事業全般を縮小し、充電池や業務用冷熱機器を中心に業績立て直しを目指す。井植敏雅社長、野中ともよ会長の下で策定した経営計画を1年で見直さざるを得なくなったことで、経営陣は改めて責任が問われそうだ。

(11/23 23:10)


なんの事業でもそうでしょうけど、上位3社くらいのシェアがないとなかなか利益は出ないんでしょう。

今の上位は
■シャープ
■NEC
■PMC
ですから、この3社を軸に、特にシャープを軸に再編が進んでいくんじゃないでしょうかね?

それと、日本市場の特殊性から海外メーカーのシェアも伸びていませんから、海外メーカーとの協業も進むんじゃないでしょうか?日本に比べると2年ほどは遅れていますからね。

機能しかり、UIしかり。初めてVFの海外の携帯電話を触ったときは衝撃的でしたから。

この3社の中で怖いのはPMCでしょうね。グループの総力が桁外れですから。PMCの動きに注目でしょうね。
 


↓いつまで今のビジネスモデルが続くかにもよるねと思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 見覚えのある顔が(驚) | トップページ | ソフトバンク、来年こそは! »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 淘汰が始まったんでしょう:

« 見覚えのある顔が(驚) | トップページ | ソフトバンク、来年こそは! »