« 政治家はこうでなくっちゃ Part31 | トップページ | 負け惜しみが精一杯か・・・ »

2006/11/09

政治家はこうでなくっちゃ Part32

安倍首相、いいねー!
YOL:「核保有」議論すらダメは行き過ぎ…首相、党首討論で

「核保有」議論すらダメは行き過ぎ…首相、党首討論で

 安倍首相と民主党の小沢代表による2回目の党首討論が8日、行われた。

 首相は、政府・与党内で核保有議論の是非を巡る発言が続いていることについて、「安全保障の議論として、そういうことに触れたからといって、大問題であるかのごとく言うのはおかしい。議論すらしてはいけないというのは行き過ぎではないか」と述べ、議論すること自体は容認する姿勢を改めて示した。

 その上で、日本の核政策については、「非核三原則を今後とも維持していくことに、いささかの変更もない」として、政府や党の正式機関で核保有などを議論する考えのないことを表明。

 麻生外相の発言については、「政府の基本方針と同じ考えであると言った上で、核を巡る議論について評論したということではないか」として、閣内不一致にはあたらないとの考えを示した。

 これに対し、小沢氏は「内外の信用信頼を失墜させる」として、外相らに対し発言を慎むよう、首相が指示すべきだと主張した。

 また、憲法改正について首相は、「自衛隊の存在について、明示的に書くことが活躍する自衛隊の人たちにとっても、大切なことではないかと考えている」と述べ、9条改正の必要性を改めて強調した。
(2006年11月8日19時43分 読売新聞)


すばらしい。というか、極々当たり前のことを言っているだけです。当たり前のことを言っているだけなのにすばらしいという感想が出てくることが問題なわけですよ。如何に今までの政治家が怠慢していたか、方向がおかしかったか。

安全保障の議論

どういうふうに国を守るのか?そのためには何が必要なのかという議論になり、核武装もその話の中に入ってくるのは至極当然なわけです。手段と目的を勘違いした指摘ほど、ちゃんと理解している側からバカにされることはないですよ。

ま、私がそう思っているから書いているだけですので、違うご意見の方もいらっしゃるでしょうけど。

活躍する自衛隊の人たちにとっても、大切なこと

これもすばらしい指摘です。災害救助隊じゃないんですからね。いざとなったら国のために死ねといわれる人たちです。もっと尊敬されるように持っていくのが国の指導者の義務でしょう。無防備マンは守ってくれませんよ(笑)

それと、いざとなったら死ねといわれる人たちの命も無駄にはできません。丸腰で敵の前に出る、撃たれれば終わりなのに撃てない、などということも至急改善しないと、シビリアンコントロールできなくなりますよ。

至急改善をお願いします。
 


↓また「やらせ」質問か?(笑)と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 政治家はこうでなくっちゃ Part31 | トップページ | 負け惜しみが精一杯か・・・ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71882/12612013

この記事へのトラックバック一覧です: 政治家はこうでなくっちゃ Part32:

« 政治家はこうでなくっちゃ Part31 | トップページ | 負け惜しみが精一杯か・・・ »