« ちゃんと考えてから行動しないと Part6 | トップページ | 安くなったんですね »

2006/10/29

G、寒ーい冬?

球団社長が大幅減棒を示唆しています
sanspo:G史上空前の大減俸!上原、高橋由らは1億円以上ダウンも

G史上空前の大減俸!上原、高橋由らは1億円以上ダウンも

 巨人の桃井恒和球団社長(59)は28日、川崎市のジャイアンツ球場を訪れ=写真、今オフの契約更改で空前規模の大減俸を予告した。球団史上初の2年連続Bクラスに、野球協約で定める減額制限の「ギリギリいっぱいまで」というダウン提示を示唆。不振だった上原浩治投手(31)、高橋由伸外野手(31)らは1億円を超える減俸も予想され、厳しい現実がGナインを待ち受けることになる。

 いまから覚悟しておいた方がよさそうだ。球団史上初の2年連続Bクラス。不名誉な記録を更新したGナインが迎えるこの冬は、かつて例を見ないほどの厳しい寒さが待ち受けることになった。

 「厳冬更改? それは間違いない。2年連続のBクラスなんて…。“天下の巨人軍”などという人もいるけど、とてもそんな状況ではない。選手も覚悟しないと」

 秋晴れの空の下、桃井球団社長の口から飛び出したのは過激な“爆弾予告”だった。とはいえプロの世界は信賞必罰。高給取りがそろいながら結果を残せなければ、大減俸は当然のこと。

 「ギリギリいっぱいまで(減俸)という人も出てくる。ベースが高すぎます」と桃井社長は野球協約が定める減額制限の40%(別掲)大幅ダウンも示唆した。

 これに相当しそうなのが今季年俸3億4000万円の上原と、同3億2000万円の高橋由。ともに負傷による離脱が考慮されるものの、上原は24試合で8勝9敗、防御率3.21。高橋由は97試合で打率.260、15本塁打、51打点は物足りない数字。さらにベテランの工藤、清水らも大幅減俸が予想される。

 「日本ハムはそこまで高くない。それなのにあれだけファンを引きつけている。ここ(巨人)は甘いわな」。桃井社長は日本一となった日本ハムを引き合いに出した。今季の開幕スタメンを見ると、巨人は1600万円の亀井以外、8人が年俸1億円以上。日本ハムは助っ人セギノールを入れても“1億円選手” はわずか4人しかいない。

 「強さ=年俸」ではない。巨人の今オフは嵐が吹き荒れそうだ。

(湯浅大)
★保留続出は必至

 この日の練習後、桃井発言を伝え聞いた高橋由は「仕方ない。ルールの範囲内であれば納得すればハンコは押すし、納得しなければ話し合う」と厳しい表情。多くは語らなかったが、選手側にも言い分はあり、契約更改交渉の長期化が避けられないのは明らかだ。

【第92条】(参稼報酬の減額制限)

 次年度選手契約が締結される場合、選手のその年度の参稼報酬の金額から左記のパーセンテージを超えて減額されることはない。ただし、選手の同意があればこの限りではない。
 (1)選手のその年度の参稼報酬の金額が1億円を超えている場合、40%までとする。
 (2)選手のその年度の参稼報酬の金額が1億円以下の場合、25%までとする。(抜粋)
★斉藤、打撃に手応え

 打撃フォームを修正している斉藤が、紅白戦の四回に本塁打。秋季練習では伊勢打撃コーチ補佐にマンツーマン指導を受けていて「体の前でボールがさばけた。結果が出るのはいいこと」と手応えを口にした。同コーチからは指導内容をまとめた手紙を練習後に受け取っている。「大事にしています」と“伊勢大明神”に感謝しきりだった。

★姜を激励!

 姜建銘を激励に訪れた台湾与党の民進党・游錫コン(ユウ・シャクコン)主席が、原監督にもあいさつした。今季3勝の姜建銘について同主席から「素晴らしい先生のおかげ。原さんは巨人の中の巨人です」と賛辞を贈られると、原監督は照れながら「謝々」と中国語で返事。台湾産の米と茶をプレゼントされ「これを食べたら強くなりそうだね」とご機嫌だった。


( ´ー`)y―┛~~

当然でしょう。いいときはあがる、悪いときは下がる。特に何億ももらっている選手は。これが年収1000万とかの若手なら減棒は辛いでしょうけれど。

今までが甘すぎたとも言えますので、しっかり査定して選手も言うべきところは言って戦って欲しいです。でも、ここが少し気になりますねー。

日本ハムはそこまで高くない。

いや、高くしたのは球団でしょう?選手からの要望があったのかもしれませんが、それを断れなかった・理路整然と論破できなかったのはあなたがた球団です。なんだか一方的に選手が悪いって言っている印象を持ってしまいました。
 


↓確かに減棒は当然だけど・・・と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« ちゃんと考えてから行動しないと Part6 | トップページ | 安くなったんですね »

ジャイアンツ」カテゴリの記事

コメント

厳冬更改。
去年も聞いたような・・・

投稿: 木佐貫フォーク | 2006/10/29 23:04

こんばんわ^^

>木佐貫フォークさん
デジャビュ?

投稿: ピア | 2006/10/29 23:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: G、寒ーい冬?:

» またデジャヴ? [木佐貫フォークぷれぜんつ]
伊勢コーチの指導によって斉藤選手が紅白戦でホームラン。まだ紅白戦であって実戦ではありませんが、斉藤選手も2002年にはそれなりの成績を残した選手。指導によっては良い数字を残してくれるかも知れません。今季不甲斐無い成績だったためか、桃井球団社長が今回は厳冬更...... [続きを読む]

受信: 2006/10/29 23:02

» 選手の適正年棒。 [G-Twinkling ヒトリゴト]
巨人・桃井恒和球団社長(59)が28日、東京・よみうりランド内のジャイアンツ球場で「ダメならそれなりのことをしないと」と大幅な減俸も視野に、今年の契約更改に臨むことを明かした。昨年は5位ながら大幅なダウン提示は、桑田ら3人だけ。だが、「2年連続Bクラスはとんでもないこと。頑張れば出すが、ダメなら」と簡単には引かない覚悟を見せた。 (2006年10月29日06時00分 スポーツ報知) うむ。毎年毎年口ばっかりで大甘採点でしたが、 今年はズバっと切り捨てるべし。 上原は当然大幅ダウ... [続きを読む]

受信: 2006/10/30 00:14

« ちゃんと考えてから行動しないと Part6 | トップページ | 安くなったんですね »