« 王子、メジャーを目指すなら! | トップページ | すさまじい言論弾圧 »

2006/09/13

攻めの姿勢が大事

今日は帰宅が遅くなりTV観戦も出来ませんでしたが、こんなに失点するのはいつ以来でしょうか?
公式HP:20060912

2-10

2-10

2-10
 


2-10
 


きっかけは2アウトからのワッキーのエラーですが、その後を抑えられない救援陣もふがいないですね。中日に勢いがついたといえばそれまでですけど。

打つほうも5安打。1番から4番までで11打数1安打。これじゃぁ点も入りません。また悪夢の絶対防衛圏発動なんでしょうか?そういえばヤクルト戦も

2-1
2-1
1-0

2点以上取れてないよ (´д⊂)‥ハゥ

そりゃぁ、すいすいと中田に投げられて完投勝ちをプレゼントになっちゃう。せめて下ろすくらいの展開だったらなぁ。秋田のファンの皆さんもちょっと残念でしたね。

しかし、矢野はどうなんでしょうね。今日はベンチスタート。清水が出場するのはいいんですが、どうしてライト?という素朴な疑問もあるし・・・。んで、矢野は代打でヒット。結果だけ見ていいんじゃぁなく、そういう起用をするのなら矢野スタメンでいいのでは?よくわかりませんでした♪

監督コメントです。

主導権を握れない

Q:結果的に7回の守りのミスが致命的になってしまいました
 「主導権を握るゲームが出来ていない。ミスが出てしまっては、なかなか勝てない。ドラゴンズとやるときはこっちサイドが我慢しながら、ミスのない状態で戦わないといけない。向こうは守りを中心にやってくるわけだから」

Q:パウエルも押し出し四球を与えるなど、粘れませんでした
 「主導権を握ることが出来ないということでは、(ミスが出たのと同じように)先取点を与えてしまったということもあるでしょう」

Q:今季は中日に対し、同じような展開となってしまっています
 「主導権を握れない。だから、ウチは今年のドラゴンズに勝てない。それが大きな課題でしょう」


守りの野球とよく言いますが、いいチームは守っていても攻めているような気がしますね。打者、走者、最終的にはベンチにさえプレッシャーをかけるような戦術・守り。

今年は守っていて真っ先に相手を攻めることが出来る投手に対して、インコース攻めの意識徹底があったとか。その姿勢が大事なんであって、インコースに攻めるというのは戦術に過ぎないのでしょう。そういうことから再徹底をする秋季キャンプをやってほしいですね♪

え?
まだ試合は残っているって?

もちろん私も参戦勝ち越しがかかっていますから勝って欲しいんですが、試合をしながらこういう反復しないとできない練習は無理でしょうから、キャンプに期待したいです♪
 


↓今日は膿が出たと思いましょう、という人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 王子、メジャーを目指すなら! | トップページ | すさまじい言論弾圧 »

ジャイアンツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 攻めの姿勢が大事:

» 巨人、中日に完敗 [じーくらぶ]
巨人−中日(秋田こまちスタジアム)パウエル×中田 2回まで、パウエル・中田ともに無失点と無難な立ち上がり。 しかし、今日は制球に安定を欠いたパウエルが3回につかまる。 井端、福留のタイムリーで2点を失うと、なんと アレックスに押し出しのファオボールを与え3..... [続きを読む]

受信: 2006/09/13 01:06

» キュラソ星人、2発3安打3打点! 安藤、5回コールドでタナボタの2連続完投勝利! / 今日のプロ野球 [ANQ Ritzberry Fields]
◆C2−6T◆ 川相不在と言う計り知れないハンデを勝手に背負うナメきった戦いを演じている中日を走らせる訳にはいかないと怒りに燃える阪神はこの日も絶好調。初回からキュラソ星人の2ランで先制すると、3回には鳥谷が会心の3ラン。... [続きを読む]

受信: 2006/09/13 06:37

» 55年ぶり秋田開催で喜んだのは「出身者」だけ…。 [楽巨好き。-Take it E.G.!-]
巨人原監督怒った、いす蹴り上げた http://www.nikkansports.com/baseball/p-bb-tp0-20060913-89268.html 竜70勝 落合監督故郷でM19 -<巨人 ミスに原監督キレた> http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2006/09/13/05.html 原監督キレた「守れない」「...... [続きを読む]

受信: 2006/09/13 16:24

« 王子、メジャーを目指すなら! | トップページ | すさまじい言論弾圧 »