« ちょっとしたぼやきコーナー Part24 | トップページ | パチンコ脱税発覚ってか! »

2006/09/13

東海新報社、意外な一面?

一部ネットではネ申とまであがめられている?東海新報社のコラム「世迷言」ですが、この記事には意外な一面も?
東海新報社:世迷言

☆★☆★2006年09月08日付

 秋篠宮ご夫妻に親王が誕生されて日本列島は祝賀一色に包まれた。昨日の新聞も同様で、各社とも号外を出したが、それを奪い合うようにしている街頭の光景を目にして、日本のこうした枠組みは不変だし、大切にしなければならないと思った

▼同時に大切なのは、天然資源を持たないこの国では「考える」、「工夫する」という伝統を失ってはならないということである。IT時代に入って日本の「ものづくり」の伝統は、コストの面から新興勢力に急追され少なからぬ分野でトップの座を奪われつつある。だが、究極の先端技術ではなおもゆるぎのない地歩を固めており、今後ともその地位は守り抜かなければならない

▼そうしたハイテクはともかく、昔からあるローテク技術を改めて眺めると、先人の知恵には驚かされる。たとえば蚊取り線香だが、このさもない工夫がいま東南アジアでは亜流が大ヒットで、「金鳥の夏、日本の夏」(古いコマーシャルだが)が模倣されて色々な商品が出回っている。そこに目をつけて“本家”も輸出に力を入れているが、このローテクがアジアの人々の生活にまで変化をもたらした功績は小さくない

▼もう一つは蝿取りリボンである。昔はどこの家庭でも天井からぶら下がっており、夏の生活には不可欠の道具だったが、冷房や網戸の普及、そして見た目にも衛生的とはいえないその印象がアダとなって、いまやめったにお目にかかることはなくなった

▼だが、これまた健在である。ビールの匂いに誘われて寄ってくるハエの多さにたまりかねて、これをわがホームビアホールに吊したところ、効果てきめん。同種ハイテク製品もはるかに及ばぬ威力に先人の知恵のすごさを痛感した次第。


( ´ー`)y―┛~~

どんだけの家に住んでるんですかー?
ただのリビングですかー?
 


↓ベランダだったりして・・・と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« ちょっとしたぼやきコーナー Part24 | トップページ | パチンコ脱税発覚ってか! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東海新報社、意外な一面?:

« ちょっとしたぼやきコーナー Part24 | トップページ | パチンコ脱税発覚ってか! »