« またまた快勝! | トップページ | 景気のいい話ですなー »

2006/08/30

転勤先に必要な窓際族?

これからは会社も迂闊なことは出来ませんかね?
YOL:不本意な転勤でうつ病、38歳元会社員男性の労災認定

不本意な転勤でうつ病、38歳元会社員男性の労災認定

 不本意な転勤後にうつ病になったとして、労災申請していた東京都内の化粧品製造会社の元社員の男性(38)について、太田労基署(群馬県太田市)が労災を認定していたことが30日わかった。

 男性の代理人の弁護士は、「過労ではなく、不当な処遇によって発症したうつ病で、労災が認定される事例は珍しい」と話している。

 代理人の説明によると、男性は2001年、東京にある本社の経理係長となったが、04年7月、約1週間後に群馬県内の工場に赴任するよう会社側から命じられた。

 配属先では、部下から離れた出入り口近くの席に、窓に顔を向ける形で座らされ、座席の移動を要望しても受け入れられなかったという。毎月の賃金も11万円減額された。

 男性はその後、激しい頭痛や腹痛、脱力感を覚え、うつ病と診断されて約1か月間入院。退院後に本社勤務を要望したが、「上司の許可なく一方的に休み、職場放棄した」として、解雇されたという。

 男性は昨年4月に太田労基署に労災申請し、5月には解雇無効と損害賠償を求めて東京地裁に提訴。今月15日に、同労基署から労災認定された。

 男性は「自分と同じような状況に追い込まれている人もいるはず。今回の認定が、苦しんでいる人たちの支えになればと思う」と話している。一方、会社側は「必要性のある転勤だった」としている。
(2006年8月30日21時14分 読売新聞)


( ´ー`)y―┛~~

完全な窓際族扱いをしておきながら、必要性のある転勤だったって言われてもなぁ。

いまどきはどこの会社にでもあるパワハラ野郎とかセクハラ野郎とか、野郎だけならまだしも会社がこんなことをしていちゃいけませんなー。会社そのものが社会からパワハラ受けないのか心配です(汗)

うつ病って心の病だけに、患者がそういう訴えをすると医師の側も否定しづらいのではないか?それとも、嘘のうつ病と本当のうつ病は専門家(医師)が見れば、はっきりと見分けがつくのでしょうか?ちょっと疑問です。
 


↓上司もやりにくくなったろうなぁ・・・と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« またまた快勝! | トップページ | 景気のいい話ですなー »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

他の問題が発生しますが、
ハッキリと(正当な)解雇処置をしてあげればいいのにね?

もっとも、この人にも問題があったのか?
それとも何かの報復人事だったのかはわかりませんが・・・。

"どん"ちゃんの明日の姿だったりして?

投稿: "どん"ちゃん | 2006/08/31 00:08

こんばんわ^^

>"どん"ちゃん
自己都合退職にしたい理由があったんでしょうね。
金がないとか、いじめたかったとか。

まー、逆に高くついたということですね。

投稿: ピア | 2006/08/31 20:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 転勤先に必要な窓際族?:

« またまた快勝! | トップページ | 景気のいい話ですなー »