« あー、はいはいPart35 | トップページ | 8/6 バブリックビューイング(笑) »

2006/08/07

めぞん一刻、スペシャルドラマ化

あのラブコメ漫画界に燦然と輝く名作、「めぞん一刻」が伊東美咲さん主演でスペシャルドラマ化!!!
sanspo:「めぞん一刻」初のドラマ化!美咲が“アナタ”を選びます!

「めぞん一刻」初のドラマ化!美咲が“アナタ”を選びます!

ラブコメ漫画の名作「めぞん一刻」のヒロイン・音無響子を伊東美咲が演じる。相手役に合格すれば、人気女優とムフフ…なことも!?

人気女優、伊東美咲(29)が、来春放送されるテレビ朝日系スペシャルドラマ「めぞん一刻」に主演することになり6日、同局から発表された。ボロアパート・一刻館を舞台にした名作コミック(高橋留美子氏原作)の初ドラマ化。美咲はワケあり未亡人の管理人を演じるが、ナント美咲に恋する浪人生役をオーディションで決めることが決定。20-24歳のアマチュア限定だけに、あなたも美咲と共演できるかも!?

“ラブコメ漫画の金字塔”が美咲で甦る。

「めぞん一刻」は昭和55~62年まで「ビッグコミックスピリッツ」(小学館)誌上で連載された漫画家、高橋留美子氏の代表作。ボロアパート・一刻館に管理人としてやってきたワケあり風美女・音無響子(美咲)と、ダメ浪人生・五代裕作を中心に描いたラブコメディーで、61年にはフジテレビ系でアニメ化、石原真理子(42)主演による実写映画化(東映)もされるなど、社会現象になった。

名作の初ドラマ化にあたり、「みんながあこがれる若き未亡人というセクシーな役は、彼女をおいて他にはいない」(同局・内山聖子プロデューサー)と美咲の起用が決定した。

美咲は「愉快なキャラクターに囲まれて繰り広げられるラブコメディーなので、今から撮影が楽しみです」と気合十分。「音無響子さんはとても魅力的な女性なので、それを楽しみながら表現できたらいいなぁと思います」と早くもイメージが膨らんでいる。

そして何と!! 響子に恋する裕作役を一般公募することも決定。同局では(1)満20~24歳の男性(2)アマチュア限定(3)経験問わず-という応募条件で、フレッシュな俳優を発掘したいとしている。

10月中旬に開催予定の最終審査には脚本家・岡田惠和氏、本木克英監督のほか、美咲本人も審査員として参加予定。美咲は「皆さんにチャンスがあると思いますし、沢山の人に応募してもらえたらうれしい。どんな方が選ばれるのか私も楽しみにしています」と、前代未聞のオーディションに興味津々だ。

合格すれば俳優デビュー&人気No.1女優の恋の相手役に…。同局では今後スペシャルドラマとして年数回放送していくことも示唆しており、応募が殺到しそうだ。


(◎皿◎)ナンデスト!!

20-24歳のアマチュア限定

惜しいなぁ。後5年ほど早かったら自分も応募できたのに・・・ orz

めぞん一刻は読んでましたね。三鷹が年貢を納める頃以降は友人たちの間であーでもないこーでもないっていう激論(笑)を交わした記憶があります。

個人的には単行本で言うと最初の2巻、それと最後の2巻くらいの雰囲気が好きです。それ以外ももちろん好きなんですが、ただのラブコメになってるんで(笑)

夏休み、読み返して見ましょうかね♪

実は昔コミック全巻持ってたんですが引越しの際に捨ててしまったのでした。でもやっぱり読みたくなるんですよね、時々。で、数年前にジャスコの古本ワゴンセールで全巻セット750円ってのを見つけて、即買い!

1巻50円って orz
確かに古くて日焼けもしてたけど、中は全然問題ないし♪

うーん、読む時間を作らねば!
 


↓石原真理子はお母さん役?と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« あー、はいはいPart35 | トップページ | 8/6 バブリックビューイング(笑) »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: めぞん一刻、スペシャルドラマ化:

« あー、はいはいPart35 | トップページ | 8/6 バブリックビューイング(笑) »