« 日本語が通じない日本人もいるんですね? | トップページ | それはないでしょう・・・ »

2006/04/10

意思疎通、できてるようで♪

ジャイアンツは今日はオフのはずですが、バッテリーミーティングがあったようですね
YOL:巨人バッテリー、6連戦に備え休日返上のミーティング

巨人バッテリー、6連戦に備え休日返上のミーティング

 12年ぶりの開幕3カード連続勝ち越しと波に乗る巨人。10日は休養日だったが、投手と捕手がジャイアンツ球場(川崎市)で全員ミーティングを行い、11日からの広島、横浜との6連戦に備えた。

 前週に続く休日返上のミーティングでは、スコアラー報告などを基に広島打線のデータ分析を行った。バッテリーの意志統一を図るため今季から投手、捕手合同で行われている相手チーム研究のミーティング。一貫したテーマは「無駄な失点をいかに防ぐか」だ。

 首脳陣が掲げるポイントは、被本塁打と与四球を減らすこと。尾花投手総合コーチは「こうすれば失点は減る、という意識付けは出来つつある。最終的に相手打者に『巨人は変わった』と思わせられるか」と話す。

 チーム防御率はリーグ3位の3・59、与四球はリーグ最少の18個。5日に初勝利を飾った工藤は「ミーティングを重ねて、試合での捕手との呼吸も良くなった」と話す。バッテリー間の信頼と自信が、守りの安定感につながっている。
(2006年4月10日20時2分 読売新聞)


無駄と言えば四死球ですね。これは守備だけじゃなくって攻撃の流れも断ち切ることがあります。内角攻めの徹底もそうですが、方針を与えるのが監督、具体的な方策を与えるのがコーチ、実践するのが選手。あ、あと、実践できるように実技のヒントを教えるのもコーチ。

こういうのを聞くと、去年の首脳陣はこういう発想もなかったのかなと思ってしまいます。
 


↓先ずは守りだからねと思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 日本語が通じない日本人もいるんですね? | トップページ | それはないでしょう・・・ »

ジャイアンツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 意思疎通、できてるようで♪:

» 巨人の変身を亀井の泥くさバントに見た [ラッキーパンチ]
今日発売の読売ウイークリーの記事第3戦でランナー1塁の場面でバッター亀井。第1戦でタイムリーを放つなど活躍した亀井だが、第2戦ノーヒット、第3戦もここまでヒットなし。ここで、亀井がバントし1塁にヘッドスライディング。アウトにはなったが、高校野球ばりの必死さに...... [続きを読む]

受信: 2006/04/11 06:43

« 日本語が通じない日本人もいるんですね? | トップページ | それはないでしょう・・・ »