« 黒姫スキー 顛末記(その4) | トップページ | 黒姫スキー 顛末記(その6) »

2006/03/28

黒姫スキー 顛末記(その5)

さてさて、無事一夜を過ごすことができたんでしょうか?

----

宿について、1Fの乾燥室から入ります。ここが曲者でして、ドアがいくつもあって、本館への入り口がわからない!で、空けたらまたまた乾燥室があったりして、「あれ?ここは違うの?」と思っていると、その乾燥室の奥に本館への入り口があったりして、わけワカメ。

本館に入るとそこは如何にも急造で増築しましたーという部屋が並んでいます。嫌な予感。そういえば安かったしな・・・。

チェックインを済ませると18号室とのこと。1Fにそんなに部屋あるの?って???が出ましたが、1Fと2Fで連番になっているようで・・・。2Fにも1Fにも部屋があって、部屋番号が11号室から。わけワカメ。

せっかく2Fに持って上がった荷物を再度1Fに降ろす羽目に。疲れた体にはちときつい。

で、階段を下りたところで発見!

DSCN3358

HALL?なんでしょう?カラオケかな?「上のルームに音が漏れます」って、おいおい。下にも部屋があるんですけど?

とりあえず部屋に入ります。

DSCN3339

まさにワビサビの日本を体感できる部屋ですね。古きよき時代の日本がそこかしこに!

DSCN3341

脳トレをしのぐ、この電線!この意味がわかるか m9っ`Д´)

DSCN3342

大事な張り紙に、自然と目が行くように配慮されています。

DSCN3343

電話はオブジェの扱いです。「18号」の紙が無常観を引き出しています。

DSCN3344

またまた脳トレ出たっ!
あなたは、どれがどのキャリアかわかるか m9っ`Д´)

DSCN3346

TVのACコードも、手仕事の大事さを訴えています。

DSCN3350

壁も、手仕事の大事さを訴えています。

DSCN3357

実は多分暖房のせいだと思うんですけど、部屋にファンヒーターを消したときの匂いがずっと充満してるんですよ。私だけが言ってたんですけど、そのおかげで喉がいがらっぽくなってしまいました・・・。

こ、これでは食事はどうなるんでしょうか・・・
まさか、目刺しと野沢菜とか・・・
 


↓安いのはそういうのがあるからなーと思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 黒姫スキー 顛末記(その4) | トップページ | 黒姫スキー 顛末記(その6) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

張り紙に注目させるテクニックは、
泣かされますね(^^;;;;;

投稿: "どん"ちゃん | 2006/03/28 00:44

こんばんわ^^

>"どん"ちゃん
そうですね。
っていうか、遅くまでありがとうございます (^-^ゞ

投稿: ピア | 2006/03/28 01:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71882/9292401

この記事へのトラックバック一覧です: 黒姫スキー 顛末記(その5):

« 黒姫スキー 顛末記(その4) | トップページ | 黒姫スキー 顛末記(その6) »