« 福田首相って、今の時期最悪でしょう | トップページ | OP戦第8戦 収穫あり! »

2006/03/13

王監督 激怒!

っていうのがタブロイド紙の見出しにでかでかと出ていたので、思わず会社帰りに買いそうになりましたが、こういうことだったんですね?
sanspo:王ジャパンはサヨナラ負け、韓国は競り勝つ-WBC

ルール違反をしてでもアメリカは勝つって事でしょうね。まさにアウェー。日本はもう負けられない正念場に、いきなり立たされることになった。しかも信じられないことが原因で。

少しずつ引用します。

王ジャパンはサヨナラ負け、韓国は競り勝つ-WBC

【アナハイム(米カリフォルニア州)12日共同】第1回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は12日、2次リーグが開幕し、当地が会場の1組では日本が優勝候補の米国に3-4でサヨナラ負けした。韓国は一回に李スンヨプ(巨人)の本塁打で先制して逃げ切り、2-1でメキシコを下した。

プエルトリコのサンフアンが会場の2組では、アテネ五輪優勝のキューバがベネズエラを7-2で下し、プエルトリコはドミニカ共和国を7-1で破った。

日本はイチロー(マリナーズ)の先頭打者本塁打と川崎(ソフトバンク)の2点左前打で二回まで3点をリード。しかし、2本塁打で同点とされ、九回二死満塁で藤川(阪神)がA・ロドリゲス(ヤンキース)に二遊間安打された。日本は八回一死満塁で三塁走者の離塁が早いと判定され、勝ち越し機を逃したのが痛かった。

日本は14日(日本時間15日)にメキシコ、15日(同16日)に韓国と対戦する。


8回と9回にも満塁のチャンスがあったようですが
試合詳報

こう見ると互角に戦ったように見えますね。先発がこらえた後、後続が打たれてしまうのは強化試合どおりですね。

★コミッショナー事務局にも抗議-判定変更に

米国時間12日に行われたワールド・ベースボール・クラシック(WBC)2次リーグの米国-日本戦での審判員の不可解な判定変更に関して13日、東京・内幸町のプロ野球コミッショナー事務局にはファンからの抗議の電話があった。

職員によると「何で試合を再開したんだ」「納得がいかない」などの不満の声が寄せられ、セ・リーグ連盟事務所にも抗議電話があったという。

審判員のマニュアルでは満塁の場合は球審が三塁走者のタッチアップを確認する。ただ二塁塁審がセーフの判定を下した後の他の審判員による判定変更は、野球規則9・02(c)に抵触する可能性がある。コミッショナー事務局の丸山・野球規則委員は「二塁塁審から相談を求められたのかが問題。そうでないのなら越権になる」と話した。


これと球審の言い分がちょっと食い違っていますね。

★離塁判定は球審の権限-球審が声明文

日本戦の球審を務めたボブ・デービッドソン審判員は試合後に「満塁でのタッチアップをチェックするのは球審。(二塁塁審の)ナイト審判員はいるべき場所である三塁付近にいたが、タッチアップをチェックする権限はない。それが最初に(問題なしとの)判定を下してしまった。球審の判定すべきところであり、私は離塁が早いと判断した」との声明文を出した。(共同)


なんだか、自分の有利なことだけを言っているような気がしますね。この審判はボビーもよく知っているようです。

★清水が2度の反則投球-WBC

リーに同点2ランを浴びた清水は、一発を打たれる前にマウンド上で右手を口に持っていき、2度反則投球と判定された。野球規則に従い、2度とも投げずに「ボール」が増えた。

1度目は四球につながり、2度目はリーに初球を投じる前で、いきなりカウントを不利にした。清水は「大リーグとの練習試合でも普通にやっていたけど、何も言われなかった。確認不足といえば、そうかもしれないけど…」と、困惑を隠さなかった。(共同)

★バレンタイン監督も憤慨-「ひどい判定だ」

米国-日本戦をテレビ観戦したバレンタイン監督は「最高の選手が試合をしたにもかかわらず、審判が試合を決めた。非常に残念」と憤慨していた。

西岡の離塁が早いと判定されたことに「西岡にミスは見られない。ひどい判定だ」と語気を強めた。さらに清水が投球前につばを球につけすぎとクレームをつけた球審を非難。「彼はボーク・ボブ・デービッドソンとあだ名があるぐらいボークに神経質だ。目立ちたがり屋なんだろう。彼が球審だったのは日本には不運だった」と顔をしかめた。

こんな審判の判定はイチローだけではなく、全員が納得できていないのは当たり前でしょう。

★日本、判定変更に泣く-「見たことがない」王監督

12日、行われた野球の第1回ワールド・ベースボールクラシック(WBC)2次リーグの米国-日本戦で、審判員の不可解な判定変更で日本が勝ち越し点をフイにするトラブルがあった。これがたたり、日本は3-4でサヨナラ負け。大リーグのスター選手も参加した注目の大会での「日米対決」は後味の悪い幕切れとなった。

3-3の八回、日本は一死満塁の絶好機をつかんだ。岩村明憲内野手(ヤクルト)が左翼に高々と飛球を打ち上げ、三塁走者の西岡剛内野手(ロッテ)が楽々とホームイン。日本は「犠飛」で4-3と勝ち越したはずだった。

米国は西岡選手の離塁が早いとアピールしたが、塁審は認めず「セーフ」の判定だった。しかしマルティネス監督が球審に抗議すると、判定は覆り、西岡選手はアウト。日本の勝ち越し点は幻となり、併殺でチェンジとなった。

日本の王貞治監督が、通訳を伴ってベンチを飛び出し、球審に抗議。この間、地元米国の観衆からはブーイングの嵐が起こった。王監督は紳士的に球審に詰め寄ったが、判定が再度、覆ることはなかった。

試合後、王監督は「悔しい。一番近いところで見ている審判員の判定を変えることは、日本で見たことがない。野球がスタートした米国でこういうことがあってはならない」と怒りを隠さなかった。イチロー外野手(マリナーズ)も「全員が納得していないから(すぐには)守備につかなかった」と話した。

問題のシーンをテレビ観戦したパ・リーグの前川芳男審判部長は「一番、近いところの塁審の裁定が最終判断のはず。アドバイスを求められた時以外、球審はこの判断に介入してはいけない」と判定変更を疑問視した。(共同)


野球発祥の国の審判が、歴史に残る誤審をやらかしたようですね。2塁塁審にもう一度聞きたいところですね。

そんな中、朗報もあるようで。

★上原、先発の役目果たした

上原はピンチを招きながらも5回1失点と粘り強い投球。強打者が並ぶ米国と接戦を演じる立役者となった。「よく1点に収まりましたよ。何とかという感じだが、先発の役目は果たした」とホッとした表情。

一回無死一、二塁で3番グリフィーを見逃し三振、4番のA・ロドリゲスを三ゴロ併殺打。三回二死二、三塁では、二回に本塁打を許したC・ジョーンズを一ゴロに打ち取った。

ただ、決め球のフォークボールがしばしばワンバウンドに。「滑った。滑ったということは克服できていないということ」とWBC公認球の適応に課題を残したようだ。(共同)


メジャーも1点がやっと?今年はやってくれそうですね。期待して大丈夫でしょう。逆に、変にメジャーボールの感触に慣れきってしまうと、日本に帰ってから戻すのが大変そうですね。

なんにせよ、1敗は1敗。もう後がない日本は韓国・メキシコ戦に連勝しなくてはなりません。今日もイ選手はHRを打っているようですので、要注意ですね。
 


↓次回は日本の審判でやったらどう?と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 福田首相って、今の時期最悪でしょう | トップページ | OP戦第8戦 収穫あり! »

野球」カテゴリの記事

コメント

これが正義の国なのか、世界の警察国家なのか?

投稿: "どん"ちゃん | 2006/03/13 22:22

あの判定はないですよね。
あれじゃあ試合にならないですもん。
ただ、日本の選手は本当によくやってますよね。
久々にというか、ここまで緊張しながら見た試合も
今までになかったです。
一球一球見逃せないゲームでした。

投稿: HILOVINSON | 2006/03/13 23:44

どう見ても護身です。
アイヤ、誤審です。
本当にありがとうございました。

投稿: ぼぅ | 2006/03/13 23:59

このままアメリカが優勝しようものなら、審判取り込み疑惑ぐらい起きるかも知れませんね(,,゚д゚)
これではWBCの価値なんてあがるわけないです(T_T)

投稿: かんかん | 2006/03/14 01:52

いつもお世話になります。

王監督だけではなく
日本中が激怒ですね。

これは大問題ですよね。
何度観ても、あれは問題ないタイミングです。

判定が覆った時の、アメリカの喜びようは
なんとも言えない、幼子のようでした。

投稿: 「感動創造」 | 2006/03/14 05:53

こんばんわ^^

>"どん"ちゃん
球審に問題あり、日本憎しって感じでしょうかね?

>HILOVINSONさん
本当、いい試合でしたね。
誤審がなければ、もっといい試合でしたが・・・

>ぼぅさん
TVニュースで、外野と3塁を同時に映していた場面があったんですけど、思いっきりセーフでした (^-^;;;

>かんかんさん
サッカーのように、第三者の国から審判を出すべきですね。

>「感動創造」さん
覆るとうれしいのは理解できますけど、それじゃぁ野球ファンじゃないですよね。

投稿: ピア | 2006/03/14 20:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 王監督 激怒!:

» WBC第1回の今日の試合、絶対に忘れません。 [うっぷんを晴らせ]
ちょっと引き際が悪いかもしれない。 いつまでもしつこいかもしれない。うだうだ言うなって? でも、怒りはおさまらないよ。 もはや「疑惑の判定」ではなく、完全なるミスジャッジだ。 負けは負け。もう取り戻しようが無い。 ただ、私が言いたいのは、ただひとつ。 誤審を認めて、謝罪せよ!!! どんなに日本代表の監督・コーチ・選手らの心を傷つけたか、想像力を働かせてほしい。 そして、�... [続きを読む]

受信: 2006/03/13 22:46

» 米国VS日本(2次リーグ) [ORANGE☆Holic]
☆米国 4-3 日本     1 2 3 4 5 6 7 8 9  計日本  1 [続きを読む]

受信: 2006/03/13 22:56

» 日本代表、サヨナラ負け [ラッキーパンチ]
WBC2次リーグアメリカ4-3日本代表さあ、今日からいよいよ2次リーグ。まずは、アメリカと対戦。先発の上原は1発を浴びたが5回1失点と好投。打線もイチローの先制HRなどでリード。ファインプレーも出て、ここまでは日本の流れ。しかし、日本の投手が清水直に代わった途端、...... [続きを読む]

受信: 2006/03/13 23:13

» 王JAPAN-敵は、アメリカえっ、そこにもかよ!! [PC面白探検隊!]
今日は大きな事件がありました。○○○モンのことではなくって、もちろん我が王JAPANのことです。これは事件です、ね〜3。どうしたらいいんでしょうかね。敵があっちこっちにいます。こんな状況で試合をしろというのだろうか。こんな状況では、勝てる気が・・・そうすで...... [続きを読む]

受信: 2006/03/13 23:25

» WBC2次ラウンドvsアメリカ戦 [ちみちみコラム]
もう、悔しいっっo(><)o 見ましたか?見ましたか?見ましたか? もう、私なんて、朝からずっと悔しくて悔しくて。 西岡のタッチアップは絶対セーフですっ!!! 結果的には日本は3−4でアメリカにサヨナラを許しました。 それでも あの判定が覆らなければ日本が勝ってた! 間違いない!!! あの時、王監督が抗議に行ったけれど、出てこなかった選手は立派だった。 本当なら全員で抗議するところだし。 アメリカって審判のジャッジに文句をつけない野球なんじゃなかったの? 私はそ... [続きを読む]

受信: 2006/03/13 23:47

» アメリカを世界一にするためのWBCか!? [好きです!J-POP]
今日の試合ほど待ち遠しく、そして見ている側を熱くさせてくれた 試合は今までにないと言っても過言ではない試合でした。 内容も見ていて、本当に手に汗握るものだったし楽しかった。 でも、あのジャッジには絶対に納得はできない。 もちろん、8回の幻の勝ち越し犠牲...... [続きを読む]

受信: 2006/03/13 23:53

» WBCアメリカ戦、なぜ? [LARGO DRIVE(ラルゴドライブ)]
日本時間13日6時から、WBC2次予選の対アメリカ戦がありました。先頭打者のイチロー選手がHRを打ち、調子が悪いながらも上原投手が粘り強く投げ、3vs1で中盤へ。上原投手の後をうけた清水投手が、指をなめる行為で注意を与えられ完全にリズムを崩されてしまい、....... [続きを読む]

受信: 2006/03/14 01:51

» これが「完全アウェー」ってことなのか…。 [楽巨好き。-Take it E.G.!-]
【WBC】日本には痛すぎる「判定変更」 http://www.nikkansports.com/ns/baseball/f-bb-tp0-060313-0021.html コミッショナー事務局にも判定で抗議 http://www.sponichi.co.jp/baseball/flash/KFullFlash20060313049.html WBC 日本、判定変更に泣く http://www.yom...... [続きを読む]

受信: 2006/03/14 11:26

» 後味悪し [ば○こう○ちの納得いかないコーナー]
早朝からWRCの第二次リーグ「日本v.s.アメリカ戦」をTV観戦。イチロー選手のホームラン等で3点をもぎ取った日本チーム。2回裏、アメリカチームに1点を返されるも、その後は相譲らない白熱した展開。残念ながら3対1の状況で外出しなければならなかったので、日本チームの勝利を信じて家を出たのだが、出先で日本チームのサヨナラ負けを知り意気消沈。 その後の展開が気になり、帰宅してから録画しておいた内容を見たのだが、実に後味... [続きを読む]

受信: 2006/03/14 23:57

» 恥ずべき主審、恥ずべき監督、恥ずべき選手達、恥ずべき国家 [()とむプロ野球研究所〜球界の危機はいまだ続いている〜]
誤審を行った主審。 誤審にガッツポーズをした監督。 誤審にガッツポーズをした選手達。 誤審を生んだ国家。 これが、 「ベースボール」 なのか。 但し。 「あの誤審がなければ日本が勝っていた」 とも思いません。 私は、 「たとえあの誤審があっても勝っていなければならない試合展開だった」 と思います。 10人目のUSA選手ボブ・デービッドソン主審の清水投手へのクレーム&チームUSAへのアシス�... [続きを読む]

受信: 2006/03/15 07:42

« 福田首相って、今の時期最悪でしょう | トップページ | OP戦第8戦 収穫あり! »