« 政治家はこうでなくっちゃ Part7 | トップページ | キャンプレポ Part5 »

2006/02/12

CASSHERNがやらねば誰がやる?

いやー、オリンピックを却下されたのでCASSHERNを見ていました
テレビ朝日:日曜洋画劇場

公開時の評判は最低といっていいほど不評でした。レンタルDVDもありますけど、そんなわけで見るのを躊躇していたCASSHERN。こういうときにTV放映っていいですね。

開始早々から飛ばす飛ばす。なかなかストーリー展開についていくのに一苦労しましたし、?という展開もありましたけど、感想としてはなかなかいい映画では?少なくとも最低と言うような映画ではないと思います。

多分、悪い印象を持った人たちは、この映画をTVアニメの新造人間キャシャーンとして見たんだと思います。確かに、そう見ると元のアニメとはかけ離れた映画ですが、新造人間という設定だけを借りた紀里谷監督の作品と見れば、いい内容だったなと思います。

いろいろ伏線があって絡み合うところも多いし、なぜ殺しあうのか?というメッセージもよく描かれていたと思います。人種差別の問題も描かれているし、利己主義者の哀れさも描かれていました。

みどりだけが手を差しのべてくれた、という台詞がありましたが、そのみどりは盲目だったというのもいいスパイスが効いていたと思います。

番組終了時に視聴者プレゼントというのがありましたので、早速Webから応募しようとしましたが、23:41分現在でまだ
 


準備できてないよ orz
 


しっかりしてや!テレ朝!
 


↓ルナが核の後に生きてたのはビックリ!と思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 政治家はこうでなくっちゃ Part7 | トップページ | キャンプレポ Part5 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CASSHERNがやらねば誰がやる?:

» CASSHERN [The track of the soul]
友達が言うにはつまらなかったらしいですが、そう言われるとついつい見ちゃうんですよね。 かっこいいというより、深いと思った。戦争だけに当てはまらないんだよね、これは。何かが正しいと言うのを貫くとすれば、絶対に相反する何かが敵になる。結局は双方が納得行くような方向に向かわせるのがベストなんだけど、並みの事じゃそれはできない。 今回新造人間という研究が暴走し、危険を感じて彼らを殺した軍に、彼らの生き残りが... [続きを読む]

受信: 2006/02/12 23:58

« 政治家はこうでなくっちゃ Part7 | トップページ | キャンプレポ Part5 »