« 皇室典範改正 男系維持の方策は? | トップページ | 大人に見えるのはなぜ? »

2006/02/15

ちょwwww、まじ?

「どうぶつの森」がヒットして品切れが続いている任天堂DSですが、こんな周辺機器が出るようです
goo:ロイター

( ´ー`)y―┛~~

PSPに先を越されていた分を一気に抜き返しましたか?

任天堂、年内にゲーム機「DS」用地上デジタル放送受信カードを発売

2006年 2月15日 (水) 18:28

 [東京 15日 ロイター] 任天堂の岩田聡社長は事業説明会で、携帯型ゲーム機「ニンテンドーDS」で地上デジタル放送を視聴できるようにする受信カードを年内に発売する方針を明らかにした。同時に岩田社長は「DS」でインターネットを閲覧できるようにするソフト「ニンテンドーDSブラウザー」(仮称)を6月に発売すると発表した。ゲームソフトに加えて、機能を拡張するソフトを提供することで、「DS」の販売台数拡大につなげる。

 「DS地上波デジタル放送受信カード」(仮称)について、岩田社長は「『DS』でワンセグ放送を受信可能にして、『DS』を携帯テレビに変身させる」と説明。受信カードを使えば、移動中の車や電車の中などで放送を楽しむことができる。ワンセグ放送は、携帯電話など移動体向けの地上デジタル放送。

 「DS」は、無線LAN(構内情報通信網)機能を内蔵しているため、「ニンテンドーDSブラウザー」を使うことで、インターネットを閲覧できる。ノルウェーのオペラソフトウエアと共同開発した。上下2枚の液晶画面とタッチペンでインターネットを利用できるなど独自色を出している。価格は3800円。

 「DS」事業について、岩田社長は「さまざまな分野のソフトラインナップが充実し、新たな応用も提案している」として、「中間目標として年内のできるだけ早期に国内の累計販売台数1000万台を達成して、圧倒的な普及を図る」と述べた。

 ゲーム業界では、任天堂の「ゲームボーイアドバンス」が、発売後30カ月で国内販売台数1000万台を達成している。2004年12月2日に発売された「DS」は、最短での1000万台突破を目指す。「DS」は、日本のゲーム市場で史上最速となる発売後14カ月で実売約600万台を記録している。

 同社は、14年ぶりとなる人気キャラクター「スーパーマリオ」の2Dアクションゲームソフト「ニュー・スーパーマリオブラザーズ」(4800円)を5月に発売する予定。さらに岩田社長は「『ポケットモンスター』シリーズ最新作『ポケットモンスター・ダイヤモンド/パール」を年内に発売する方針を明らかにした。


ブラウザを売るのか (^-^ゞ
PCの感覚で言うとありえないわけですが・・・。すぐに流れそう。

PSPと違ってDSは2画面なので、手前の画面は常にソフトキーボードを表示するとか、タブブラウザじゃなくて2画面ブラウザとか、ゲームしながらブラウザでランキングを表示させるとか、いろいろアイデアは出てきそうですね。技術的には画期的じゃないけど、結構面白いのかも→DoubleScreen。
 


↓無線LANルーター買おうかなと思う人は、ポチっとお願いします m(_ _)m

|

« 皇室典範改正 男系維持の方策は? | トップページ | 大人に見えるのはなぜ? »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちょwwww、まじ?:

« 皇室典範改正 男系維持の方策は? | トップページ | 大人に見えるのはなぜ? »