« 中国農民が新漁法を発案 | トップページ | これも無識者の仕業か? »

2006/01/26

共通化の落とし穴

インプレスのケータイウォッチで、FOMAの広範囲に影響が出ている不具合について報道されています
Impress

~~~~~~ 引用開始 ~~~~~~
NTTドコモは、「SH901iC」「SH700i」「N901iC」「N700i」「P901i」「P700i」で、電源を一度も切らずに使用していると音声通話、パケット通信ができなくなる不具合があると発表した。

「SH901iC」「SH700i」「N901iC」「N700i」は25日から、「P901i」「P700i」は2月13日よりそれぞれ1年間、ソフトウェア更新で不具合を修正できる。なお、通話や通信ができない不具合が発生した場合、一度電源を入れ直すと事象は一旦回復するとしている。

同社では、携帯電話が基地局の切り替えをスムーズに行なえるよう基地局側の機能を拡張していたが、今回の不具合は、機能拡張された基地局と従来の基地局を跨いで通信を行なった場合に、該当する機種においてソフトウェアの処理が適切に行なわれないため、電源を切らずに使い続けていると通話やパケット通信ができなくなる可能性があるというもの。

不具合が発生した場合、一度電源を入れ直すと事象は一旦回復するが、同社では、今後ネットワークが拡張されるにつれて不具合が発生する確率が高くなるとしている。

対象となるエリアは全国で、該当機種を使用しているユーザーすべてが対象。6機種合計で約618万台が対象となり、内訳はそれぞれ「SH901iC」が約84万台、「SH700i」は約53万台、「N901iC」が約131万台、「N700i」が約93万台、「P901i」が約 137万台、「P700i」が約124万台。今後販売される製品は対策済みとなる予定だが、同社では念のためにソフトウェア更新で確認することを勧めている。

なお、2005年4月以前に製造された「P901i」および2005年5月以前に製造された「P700i」については、ソフトウェア更新が正しく行なわれない可能性があるとして、ソフトウェア更新が開始されるまでに詳細な操作方法をダイレクトメールで送付するとしている。また、それ以外の「P901i」「P700i」についても、ソフトウェア更新の前に一度電源を入れ直すように案内している。
~~~~~~ 引用終り ~~~~~~

すさまじいまでの不具合台数ですね。618万台って、携帯電話の8%くらいですよー。

ドコモの携帯は、ACPUとCCPUという構成になっているようですね。
NEC 、松下 携帯電話端末提携成果発表

■ACPU:Application CPU
■CCPU:Communication CPU

ようは、ACPUはアプリ用でCCPUは通信用。

今回の不具合は無線の部分だから、CCPU関連の部分に不具合があったんでしょうね。当然こんな部分は各社共通なものを使うと思われるので、このような台数の不具合になったんでしょうね。

今の携帯電話の開発、特にソフト開発はものすごいことになっていますから、OSの採用も含めて共通部分が増えていくことになると思いますが、このようなデメリットもありますからね。

しっかし、1機種で100万台のものもありますね。昔仕事していたPDAなんて償却台数が2万台なんてもはざらでしたけど、携帯電話はその程度は1日で流してしまうかも知れませんね。

おそろしやー (((( ;゚д゚)))アワワワワ
 


↓一から作るのも、それはそれでしんどいなーと思う人は、コメントお願いします m(_ _)m

|

« 中国農民が新漁法を発案 | トップページ | これも無識者の仕業か? »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 共通化の落とし穴:

« 中国農民が新漁法を発案 | トップページ | これも無識者の仕業か? »