« 2005年3月13日 - 2005年3月19日 | トップページ | 2005年3月27日 - 2005年4月2日 »

2005/03/26

太っ腹!

いつものITMediaを見ていると面白い記事が
ITMedia

さすが超優良企業のドコモですね。2万円補助+ショップへの助成金の出費なんか、へみたいなもんなんでしょうねぇ。どっかの企業みたいに、ボーナス渋ちんのところとは違いますなぁ。

でも、FOMAもそのうちHSDPAとかいう方式のものとか、その次のB3Gとかになっていくのに、その時にもやっぱりこんなことするんでしょうかね。基地局なんかの設備投資+端末売るための補助etc…。いつまでも終わらない、エンドレスな商売ですね。

あ、終わらないうちはいいのか・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

当たるも八卦、当たらぬも八卦

花粉症、今日もすごかったですけど、先日医者に言った話は書いたと思います。

その後、薬を飲んでいて鼻水、目の症状は治まってきました。特に目の症状は激変。本当に薬が効いてこうなったのか?と疑いたくなるくらい、効いています。ほとんど症状はなくなりました。鼻水は、まだ薬が切れた頃に出始めますけど。

こういうときは、西洋医学万歳って思いますね。

でも、何度か医者には失望したことがあります。
1回目は右足の付け根が痛くなって、一時期は足を引きずって歩いていたような頃がありました。整形外科に行ったのですが、レントゲンをとって診察した結果、説明もあまりなく「痛みがあるようですから、痛み止めを出しときます」で終わりました。ヤブ医者のきわみ?って思いましたよ。2度と行っていません。

2回目は、仕事のストレスから自律神経がやられて吐き気や不眠に陥ったとき。吐き気止め、導眠剤を出されて終わり。もう少し親身になって考えてくれよ、と。そこは仕方なしに通っていますけど。

なんか、対症療法しか考えられない医者って最悪ですね。とりあえず症状を抑えたいので、対症療法も必要でしょうけどね。

この前なんか、やっぱり右足の付け根が痛くなって。一定の姿勢をとっていた後姿勢を変える際に痛い、特に腰を伸ばすと痛いという症状が出ました。近くの整形外科に行ったら、やっぱりレントゲンをとり、診察し、「坐骨神経痛ですね」という診断。リハビリしましょうっていうことで、「あぁ、電気とか暖めたりするのかな?」と思ってたら、なんと

腰の牽引

をされてしまいました。案の定、それが終わったあとはしばらく歩きにくくなって、右足を引きずっていました。あんた、俺の言った事聞いていたのか、と。そのおかげで症状は悪化。えぇ、そこも2度と行っていません、行くもんですか (^-^;;;

あぁ、これだから医者に行くのはいやなんですよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/03/21

玉砕 湯沢パーク

この2日間で、湯沢パークスキー場に行ってきました。

泊まったのは、本館のホテルではなくてちょっと離れた(でも、ゲレンデからはすぐ近くの)スポーツマンロッジ。本当は本館のホテルも予約できたんですけど、なんせ金の差が大きかった。親子4人で泊まって、2日間スキー乗り放題(ナイターも)、夕食朝食つき、温泉はホテルのに入れるし、ロッジにもお風呂はあり。部屋にはTVもあるし。ほとんどリフト代金程度で、1泊2日のスキー旅行!最高!部屋は、大人用のベッドが二つと子供用の2段ベッドが二つ、計6人は泊まれます。安いですよ!お勧め。

しかし、コースは・・・・・・・・・・・・・・・。ま、ファミリースキー用ですね。中でも、初めてクラスの人がいれば最適では?人は少ないし、コースは適度に短いし、急な斜面は数えるほどしかないし。中級、上級者には、ぜんぜん物足りなく、しかも、数少ない気持ちの(ちょっと)いいコースでも、スクール実施中!じゃまやねん。(う、失言)

まーねー、初日の朝はカリカリアイスバーン。滑りにくい(しかし、翌日にはもっとすごいことが!!!)。でも、お昼前くらいになると解けてきて、今度はビシャビシャ。重い、ターンしにくい、腿疲れる!

休憩しようにも、ゲレンデの中にはなく、一番下(といってもそれほどないが)のホテルまで帰ってくるか、コース脇にある一般のお店に入るしかない。しかも、ホテルのロビーは、何をしに来ているのかわからないくらい、ずっと座っている人も多く、空いている席は少ない。しかも、分煙されていないので、タバコのきらいな私にとっては苦行。

お昼も、店の数は少ないので込みこみ。12:30に店に行って、席を確保して、注文して、物が来て、食べ終わって、少し休憩したら、14:00。その頃には、やる気自体がなくなりつつあった・・・。しかも、そこからのスキーは苦行以外の何者でもなく、午後になって疲れた足に鞭打って、それでも16:00過ぎくらいまで滑った。疲れた。

ロッジは、コースの途中にあるので、スキーを履いたまま玄関の近くまでいけます。荷物はホテルに預けておけばロッジまで運んでおいてくれます。スキーは玄関ロビーのロッカーに入れますが、狭いので、親子4人なら4個は使うと思います。部屋に行くと、結構いい(安い割りに)けれど、ハンガーは6個しかない。10個はほしい。着替えて少し休憩。

ロッジからホテルまでは送迎バスが出ていて、まぁ便利。でも、便が少ない。1時間に1本て、あんた、私の田舎のJR並やないですか?せめて2本くらいあってもええのに(控えめな私)。ロッジからホテルは2分くらい?あっという間です。

食事まで時間があったので、今度中学に入って卓球部に入る上の子の前に、卓球をすることに。1時間600円は、まぁこんなもん?ラケットぼろぼろやけど、まぁこんなもん?でも、部屋にテーブルがひとつだけなんで、貸しきり状態はよかった。

飯は、まぁこんなもん?安いしな。けど、お土産でコシヒカリとか、魚沼産のお米売ってる割には、ご飯がまずい。水の加減が悪いんやろうけど、なぁ…。刺身の盛り合わせが置かれてるから、きっと一人一人に鍋料理(例のちっちゃいやつ)がくるのかと思いきや、皿に乗って運ばれていたのは、なんと煮込みハンバーグ。あんた、何考えてるん?刺身とハンバーグかよ!って心の中でそっと突っ込み。テーブルにはメニューもなく、せっかくの夕食時にビールも飲めないのかと思うと、別のテーブルではビールジョッキが!ためしに頼んでみると「ありがとうございます」と返事がきた。よかった。

温泉は、ちょっと小さめだが、まぁ不満はなし。いすが今までに経験したことがないくらい、しっかりしていて、更に高さがちょうどいい!温泉のいすって、低すぎるのが多い(というか全部低すぎ!)けど、初めてちょうどいいのにめぐり合った!人間、辛抱だ!

気をよくしてロビーに帰るが、ちょうど送迎バスが出たところ。運悪く、次は1時間20分くらい後になる。しかたなく、10分ほど歩くことに。ま、遠すぎず、いい散歩にはなったが、雪が降っていると/雪が積もっていると、歩くのは無理でしょう。30分に1本くらい、出してよ。部屋に帰ってすぐに寝にかかるものの、暖房がかかっていて空気が乾燥しすぎ。花粉症で鼻が詰まっていて口呼吸になっているものの身には、ちと辛い。でも、疲れと酔いもあって、すぐに寝付く。

朝起きると、すぐに食事に。食事はロッジ併設のカフェテリア(ようはゲレ食)。外を歩くことなくたどり着けるので便利。ご飯の炊き具合は別にして、可もなく不可もなく。洗面所は1階にしかないので、ちと不便。

夜のうちに雪が降って、かりかりアイスバーンの上に、薄ーく重い新雪が。板が滑らない。しかも、人が滑った後はその新雪がないので、あるところとないところですべりが違って、よくこけかかる。新雪に差し掛かると、急にブレーキがかかったように、板が滑らない。初心者も多く乗っている、こんなリフトの真横で、20度くらいの斜面でこけたら恥!と強く心に誓い、何とか筋肉痛の下半身に鞭打って滑り続ける。

今日は少し早く昼食、店もすいている。でも、昨日も今日もお昼はラーメンを食べたが、両方の店がスープがぬるい!なんで、出来立てのラーメンのスープをごくごく飲めるの?手抜き?新潟特有!

2時ごろあがって、2時30分ほどに出発。快調なのははじめだけ、藤岡JC手前から渋滞の連続、結局外環道に6時30分ごろ、家には7時30分ごろに到着。渋滞がなければ、6時30分には到着だったのに。

ま、今回の結論は
・湯沢パークは、お金のないときに
・3月のスキーはそれなりの覚悟を
・東京の渋滞をなめるな
ということになりました。

今年は滑り収めですが、来年に向け課題も見えたし、有意義なシーズンでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年3月13日 - 2005年3月19日 | トップページ | 2005年3月27日 - 2005年4月2日 »