« 祝♪1万ヒット達成! | トップページ | ディズニーシー! »

2005/12/29

生きる

「男たちの大和」観ました
公式HP

なんというか、この映画を観にいこうと思う人は始まりも終りもわかっているはず。

もう、本当に、最初のシーンから胸が苦しくなります。

何も言うことはありません。
CGも、原寸大の大和セットの撮影も、なにもかも判っているものにとっては、はっきり言ってどうでもいいんです。

この映画は絵を見るんじゃなく、目を瞑っていても大丈夫です。

史実を合間合間に説明するようなシーンがあるのも、成功していると思います。当時の日本のおかれてた状況も説明されています。徐々に戦況が悪化していくのも説明されています。

それでも、自分を犠牲にして、日本の未来を案じていた、そういう人たちがいたことは事実でしょう。なんの希望も無く、目的も無く、自己をささげるようなことは人はしないでしょう。

何かのために。

何かの未来を「安かれ」と想って、人は死の恐怖さえ乗り越えられるんでしょう、か。自分にはそのような経験がありません。しかし、特攻隊員の遺書などを読むと、思わず敬礼したくなる感情が湧き出てきます。

映画の中では、青年兵が純真無垢のまま生の戦争を体験し、何も知らない子供から、決意を秘めた人間に成長していく様が描かれています。その人間は、まだ本当の死を知りません。しかし、生を見切り、死に文字通り死活を見据え、ついに到達した心境。

最後の大和の死闘の場面、見ていて辛かったです。
また、田んぼのおばちゃんが謝るシーン、辛すぎます。

すすり泣く声がそこかしこから聞こえてきます。

その声を聴いた瞬間、「あぁ、この国はまだ大丈夫だ」という気持ちが沸き起こってきました。その声は、ただ若者が死んでいく様子に悲しんでいるのではないでしょう。

戦争の不毛さ、しかし、その不毛さを超えて愛しいものを守る高貴さ、そういうものを感じていたのではないでしょうか?愛するものを守りたい。これは、世界を、時代を超えて普遍的な価値でしょう。

普遍的な価値。他人を認める、許す心。

ここに争いを防ぐヒントが隠されているように思えてなりません。


↓教育は本当に大事だと思う人は、ぽちっとクリックお願いします m(_ _)m

|

« 祝♪1万ヒット達成! | トップページ | ディズニーシー! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

コメントありがとうございました。
田んぼの余貴美子のシーンは、私も号泣でした。
あまりにも単純ですが、「戦争をしてはいけない」とつくづく思いながら帰ってきました。

投稿: toe | 2006/01/02 13:18

こんばんわ^^

>toeさん
いろいろ号泣ポイントが多い映画でしたね。
戦争をしてもいいんですが(必要になる場合もあるでしょう)、素手でしてほしいですね。本当にそう思います。
むやみに人を殺すようなものを使う戦争は反対です。たとえば柔道の対抗戦みたいなものとか。
ルールがきっちり決まっていて、戦いの全体を仔細まで監視できる、そういう戦争にとどめておいてほしいです。
またよろしくお願いします!

投稿: ピア | 2006/01/02 21:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71882/7884212

この記事へのトラックバック一覧です: 生きる:

» 映画「男たちの大和 YAMATO」佐藤純彌/監督 [スチャラカランナーの日々]
 「男たちの大和/YAMATO」観てきました。  公園で20キロのLSDの後。  クリスマスイブにはあまり相応しくない映画ですが、かなり入っていました。  ストーリーは、戦艦大和の沈没地点へ連れて行ってほしいと一人の女が現れ、女を運ぶ船の中で女と船長との縁が明らかになる中で、船長は大和の思い出を語り始める・・・。  さすがに実物大の大和のセットを作っただけの事はある迫力ある映像でした。  戦争での青春�... [続きを読む]

受信: 2005/12/29 11:16

» 『男たちの大和/YAMATO』 [京の昼寝〜♪]
■監督・脚本 佐藤純彌■原作 辺見じゅん「決定版 男たちの大和(上下)」(ハルキ文庫刊) ■キャスト 反町隆史、中村獅童、仲代達矢、鈴木京香、松山ケンイチ、蒼井 優、長嶋一茂、余喜美子、高畑淳子、白石加代子、渡 哲也□オフィシャルサイト   『男たちの大和/YAMATO』   昭和19年2月、特別年少兵として戦艦大和に乗り込んだ神尾(松山ケンイチ)たちは、憧れの大和を前にし目を輝かせていた。 しか... [続きを読む]

受信: 2005/12/29 14:37

» 男たちの大和  YAMATO [GAINAXキャラなりきりブログ]
ジャン  「か、感動したなぁ…」 サンソン 「やー、こりゃ確かに泣けたぜ。       オレも最初はこのブログで、反町や獅童のオーバー演技を叩いてやろうと        [続きを読む]

受信: 2005/12/30 02:14

» 男たちの大和/YAMATO [toe@cinematiclife]
これが、今年最後の映画。 邦画だったっていうのが、自分では結構意外だけど、またしても号泣しちゃった。 私、戦争モノは苦手なので、泣くとは思ってなかったんだけどね~。 <STORY> 鹿児島県枕崎の漁港で、神尾(仲代達矢)は内田真貴子(鈴木京香)に依頼され戦艦大和が沈んだ場所へ彼女を連れて行くことになった。 真貴子は、他にも多くの人に依頼したのだが神尾だけがその依頼を引き受けた。 なぜならば、神尾は... [続きを読む]

受信: 2006/01/02 00:32

» 「男たちの大和」 [変態博士 Dr.デュランデュランの異常な愛情]
超弩級戦艦「大和」の勇姿である。(^・x・^)ゞ (^・x・^)y─┛~~~~ 東映さんまで鑑賞に出かけました。 数年前に「沈没した大和」の海中撮影の様子を「久米番組」で報じていたので まあ、新聞の特集なり本にするなりだろうな、でしたが朝日さんも一枚噛んでました。 大和の水上特攻の航路 大和を映画化するにあたっては困難がともなう。 “戦争賛美”とか「いちゃもん」が入ったり、原作に関しての取材が当... [続きを読む]

受信: 2006/01/12 21:37

» 映画「男たちの大和」 [FREE TIME]
大雪から一夜明けた今日の午後、映画「男たちの大和」を観て来ました。 [続きを読む]

受信: 2006/02/12 23:29

« 祝♪1万ヒット達成! | トップページ | ディズニーシー! »