« 音楽ってすばらしい | トップページ | お、重い・・・ »

2005/11/27

値段に釣られてついつい

今日は成田のイオンジャスコに行ってきました。

いつものごとく、子供達はおもちゃ売り場、嫁さんは服飾系、私はちょっとだけ服、あとはお決まりのCD/DVD、本、PC関連へ Let's GO!

通勤で着ていける革ジャンが欲しいんですけど、なかなかいいのが無くて。オフならいいのがあったんですけど、会社となるとちょっと、というのが多くて。いいのがあっても高いしねー。

次はCD/DVDのショップへ。
目立つところに999円のDVDがざーっと陳列されています。

「安いとあんまりいいのないんだよなー」と思いつつ見ていると、なんと、羊たちの沈黙が!

即効ゲットです!
以前1500円くらいで出ていたときもぐっと我慢していた甲斐がありました。

この映画の見所は間違いなく、最後のバッファロービルとの暗闇の闘いですが、このシーンが私の好きなエイリアンのシーンにオーバーラップするんです。

リプリーが最後脱出する際に船の自爆装置を起動し、脱出艇に向かっている際にエイリアンが!そのときのリプリーが物陰からそーっと覗き込むときの、あの警告灯の明かりが錯綜している、リプリーの顔がパッパッパッとフラッシュする、あのシーンにオーバーラップするんです。

話を元に戻しますが・・・

映画も原作も全部観て読みましたが、この羊たちの沈黙が一番いい出来ですね。

1作目の救いを求めるような主人公もよかったし、3作目の歴史あふれる描写もよかったんですが、ハラハラ度という意味では一番の出来!レクターの芸術的な作品もいくつか出てきましたし。

こんないい作品を1000円も出さずに自分のものに出来るとは、いい時代になったもんですなー。
 


↓3作目はグロいしな・・・と思う人は、ポチッとクリックお願いします。

|

« 音楽ってすばらしい | トップページ | お、重い・・・ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 値段に釣られてついつい:

» 改めて考えなければならない [釣りキチおやじの言いたい放題]
 明治の昔に作成された、百年後の大分の都市計画図を見せていただいたことがあります。明治の昔の百年後というと、つまり現在です。驚いたことに、そこに描かれている道路網などは、 [続きを読む]

受信: 2005/11/28 20:44

« 音楽ってすばらしい | トップページ | お、重い・・・ »