« やっぱり、トラ退治は無理だった | トップページ | こうでなくっちゃぁ、政治家はやっていけません »

2005/09/13

やっぱりマックィーンはカコイィ!

先日、久しぶりに一人で時間があったので、マックィーンのDVD「大脱走」を観ました。

3時間くらい?の超大作。内容は書かなくても皆さんご存知と思うので書きません (^-^;;

マックィーンって、何気ない(観客にはそう見えるだけで、演技のうちでしょうけれど)仕草がめっちゃカッコイイんですよ。

この映画のマックィーンの見せ場といえば、やっぱりバイクのフェンス越えのシーンでしょうね。右から左からナチスの追っ手が迫ってくる、そこで国境の有刺鉄線で作られたフェンスをバイクで「ブィーーン」と飛び越えていく。

初めて観た時は、いくつも飛び越えていく姿に「あぁ、やっぱりヒーローはかっこよく逃げていくのか」と思いきや、さにあらず。ついにフェンスを飛び越えられず、鉄線に絡まってズタボロに。

でも、バイクと一緒に鉄線に絡まっているシーンでいいところが!

「お前もがんばってくれたな」ということで、バイクのタンクをポンポンといたわるように叩くんです。

いいっすねぇ。(ブランク15年以上の)バイク乗りとしては「うんうんっ」って感じますよー。マックィーン自身もバイク好き、車好きだって事も知っていましたから、余計でしたね。

あと、立ち上がった時にナチスから誰何されて、自分の認識票?をシャツの下から出して見せるんですけど、そのときの表情がまた!

「どうだ、お前ら!オレはアメリカ人で、お前らの収容所から逃げてきたんだっ」ってな、晴れ晴れとした顔でナチスの兵隊たちを見渡すんですねー。

マックィーンでは独房の一人キャッチボールのシーンが有名ですが、私は上の二つのシーンが好きですね。皆さんはどのシーンが好きでしょうか?よろしければコメントください。
#って、人気映画ブログのような終わり方になってしまいました m(_ _)m

P.S.
この映画でおいしい役をしているのは、独房に連れて行く役の若い兵隊ですね。 v(^-^)

|

« やっぱり、トラ退治は無理だった | トップページ | こうでなくっちゃぁ、政治家はやっていけません »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やっぱりマックィーンはカコイィ!:

» ゲッタウェイ 魅惑のシークエンス [WHAT'S FASHIONABLE]
ゲッタウェイTHE GETAWAY(1972) いよいよ追われる身となったことを覚悟して、ライフル銃を手にするスティーブ・マックィーン。しかし人に危害を加えることはない。パトカーに向けて効果的な攻撃を加えた後、アリ・マックグロウ運転の車に乗り込むはずが、彼女が発進でいつも焦る性格のため、バックしてしまう。 かかえた銃がドアにはさまれ、転倒する。 その絶妙のタイミング。ブラックスーツ、タイトなパンツの軽快なスタイルがピタリとはまる不思議な魅力。何度も見返してしまう、興味深いシーンだ。 ... [続きを読む]

受信: 2005/09/30 08:42

» あらためて思う「大脱走」はスッゲ〜おもしろい! [変態博士 Dr.デュランデュランの異常な愛情]
『脱走は許さん。不可能な脱走など企てずにスポーツ・読書・リクレーション・農耕に時間をあてろ。 外の戦争を忘れよう。快適に過ごせるはずだ。』 最新作でもなんでもないが、何時見ても面白い映画ってあるよね・・・(*^ー゚)b 私くらい自他共に認める「ミーハー映画ファン」の『娯楽作品』大好き!(p^-^)p としてははずせないのは、やっぱり「大脱走」ですな。( ̄ー ̄)v (^・x・^)y─┛~~~~ リンク先... [続きを読む]

受信: 2005/11/14 22:23

» 大脱走 [いいな~これ!]
25年ぶりに観ました。 いや~やっぱりいいな~。 『シンドラーのリスト』のようにナチスドイツの非道振りを描いているわけじゃなく、『プライベートライアン』のように壮絶なアクションシーンがリアルに描かれているわけでもない、だけど、『大脱走』の方がワクワク・ドキドキ..... [続きを読む]

受信: 2006/03/23 19:53

« やっぱり、トラ退治は無理だった | トップページ | こうでなくっちゃぁ、政治家はやっていけません »