« 老いも若きも熱投だ! | トップページ | この人、大丈夫ですか? »

2005/09/09

ユビキタス機器は電子細胞の夢を見るか?

ユビキタスという単語が世に出てから既に5年くらい?経っていますが、いつになったらユビキタス社会がやってくるのでしょうか?

goo

ここではユビキタスの通信規格ZIGBEEが紹介されています。超低消費電力でたった一つの電池で数年間使用可能という利点で、交換の手間が少ないこともあり、私は非常に有望であると思います。250kbpsっていうのもいいんでないかい?なんにでも、そんなに大容量はいりませんよ。はっきり言って。

「問題なのは技術ではなく、使い道だ。人々は家庭での問題を解決したいと思っているのであり、友人に新しいネットワークを見せびらかしたいと思っているのではない」

その通りです。なんでもいいんです。皆どんな通信規格で動いているかなんて考えませんから。今のインターネットも、仕組みをわかって使っている人は少ないでしょう?(あくまでもユーザー数の割合の話)

ここを見ても傾向はわかります。

ファッション業界と同じで、用途も作りださないとだめっちゅうことですなー。

パソコンも、数年前に比べて処理能力はすーーーーごく向上しているのに、メモリがちょっと少ないとOSが動くので精一杯だし。
#家のPCはDuron 950MHz (^-^;;;
#XP、512MB

どうもユビキタスっていうといい印象がないんですね。なんでも管理されてしまう社会は嫌っていう方向に思考が働いてしまいます。

|

« 老いも若きも熱投だ! | トップページ | この人、大丈夫ですか? »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

でもこれからはひと昔では考えられなかったことができるようになりました。

投稿: uno | 2005/09/09 22:52

こんばんわ^^

>unoさん
はじめまして。
そうですね。だから余計にちゃんと考えないと、個人情報の漏洩のレベルではすまないことが起こりそうな。そこが常に引っかかります。

投稿: ピア | 2005/09/09 22:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ユビキタス機器は電子細胞の夢を見るか?:

« 老いも若きも熱投だ! | トップページ | この人、大丈夫ですか? »