« 久しぶりにヘボ采配炸裂? | トップページ | MVP 村田選手に決定 »

2005/08/30

巨人 雑記

巷では星野SDが巨人の監督になりそうだという話題が報道されている。

ファンの声は反対が多いように思うが、その選択が巨人を立ち直らせるのであれば、ある意味では正解と言えなくもない。しかし、私は少々引っかかるところがある。

ドラフトで巨人に指名されると思っていたが指名されず、その後打倒巨人に燃える男になった星野さん。実際、現役時代は巨人キラーで鳴らした星野さん。中日の監督時代にも打倒巨人を打ち出してチームをひとつにした星野さん。阪神の監督になったときには、もともとチーム自体が打倒巨人だったこともあり、またまた打倒巨人で燃え上がった星野さん。

ここまではっきりとアンチ巨人のカラーの人はいないのではないか?そういう人が監督になるって、言行不一致では?

まぁ、あいつがやめれば今シーズンよりは成績はよくなるだろうし、若手の起用も増えるだろう。おかしな采配で頭が混乱することもなくなるだろう。だから今よりもTV中継を見ることは増えるだろうが、逆に今までと同じような気持ちでは応援できない。

なぜ原さんが監督ではだめなのか?それは解任時の騒動が尾を引いているのだろう。日本一監督が翌年3位に終わった。確かに成績は落ちているが故障者の問題などあり、監督だけのせいではあるまい。それを強引に解任にもっていったのはナベツネを筆頭にしたフロントなのだろう。記者会見の席も異様だった。新旧監督が出席するなどという発表は初めてみた。屈辱的な場面にも、原監督は気丈に耐えていたように思う。

そんなふうにクソミソに扱った人物に、恥も外聞もなく再度監督を要請するのは、ナベツネの性格上堪えられなかったのだろう。かといって、他の江川や中畑では未知数だ。特に中畑は論外である。

私は、原さんにもう一度監督になっていただいて、長期政権を希望するものである。できればソフトバンクの王監督のように、現場の指揮権限だけではなく、チーム全体の権限を持ってもらいたい。

---------------------------------------

さて、次はベテランの処遇である。来期、誰が監督になってもベテランを中心に粛清が始まるだろう。清原はその筆頭である。今年は本当に下半身がだめになっているなと感じた。粘りがないから変化球に対応できない。走れない。野球に必要な資質を欠いているといわざるを得ない。打撃はスランプがあるが、守備と走塁はそれがない。しかし、清原はそれが出来ない下半身になっている。はっきり言って、今の状態では2軍でも通用しないのではないか?悲しいがこれが現実である。チームもようやく決断したようだ。清原は現役を続行するのなら、ぜひ楽天に行ってDHとして活躍して欲しいと思う。

あとは桑田である。2年目に16勝をあげるなど、さすがに実力は申し分なく、期待通りに平成の巨人を支えてくれた投手であることは間違いない。しかし、右ひじを負傷してからは以前のようなスピードはなくなり、変化球に頼らざるを得ず、そのことがさらに腕や肩に負担を強いてきたのではないか?今シーズンはかつての活躍の微塵も感じられないほどの投球だった。彼も、もうすでに2軍でも通用しないのではないか?桑田にはコーチ修行をして、巨人のエースを育てて欲しいと思う。

次は江藤。小久保が入団してからは代打で起用されることが多いが、そもそも代打で使うには勿体無い選手である。江藤といえば、優勝が決まった試合の同点満塁ホームランを思い出す。しかし、それは昔の話。今シーズンは未だにホームランが出ず、349本のまま。若手に若返りを図るチームでは、年齢的にも微妙な位置にあるのは確かだ。スタメンで使えば、0.280の20本はかたいのではないか?このブログでも機会があるたびに言ってきたが、江藤は楽天に行ったほうが選手として幸せな締めくくりができると思う。

以上、提言ということでもないが、感じたことである。

|

« 久しぶりにヘボ采配炸裂? | トップページ | MVP 村田選手に決定 »

ジャイアンツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 巨人 雑記:

« 久しぶりにヘボ采配炸裂? | トップページ | MVP 村田選手に決定 »