« まさか!そんな! | トップページ | 話題のマンガをゲット! »

2005/08/01

実物の迫力はすごい

今日は先日も公表?したとおり、都内に用事のついでに話題の映画を観て来ました
公式HP

最初に福井晴敏さんの小説を読んだのは、終戦のローレライ。いつも読んでいる週刊文春に書評が出ていたものの、まずわけのわからないタイトルに拒否反応が起こる。しかも本屋で立ち読みするものの最初の海底の描写にまったくついていけず、立ち読み断念。

しかし、単身赴任の暇をもてあまし読書に励むうち、ついに上巻を購入。一週間程度で上巻を読み終わり、下巻に突入。うって変わってファンとなる。

今まで
・12Y.O.
・川の深さは
・亡国のイージス
・終戦のローレライ
・OPローズダスト
を読み、一貫して流れる国への憂いに惹かれている。

終戦のローレライは4/1に観ました。やはり原作の世界からは少々外れているものの、単純なピアとしては感動した作品でした。傷つき、最後の力を振り絞って東京への原爆投下を阻止すべく、敵艦隊のど真ん中に浮上、見事爆撃機を打ち落とすシーン、その後の「役所」艦長の表情、一番の見所でした。

あ、亡国のイージス。8/1今日観てきましたという記事でしたね。以下、ネタバレは抑えたつもりです。

正直、本物の迫力に圧倒されっぱなしでした。作り物感がまったくありません。特に、ハープーンミサイル発射の場面は、圧倒されていました。当然全部が本物じゃぁないんですけど、最後のいそかぜが沈没するシーン以外は、本当に本物と見えました!実物の2/3のオープンセットも作ったとか。

ヨンファ率いる某国テロリストの無表情と、その対象に位置する日本のためらいを持った幹部たち。その両方に語りかける、仙石先任伍長の「とにかく生きろ!」という叫び。この叫びが本作品のテーマでしょうね。それにも増して、逆に「誰かを生かすために生きろ」ということも感じました。今、その最前線にいるのが自衛官の方々。

今回の舞台になったいそかぜの幹部たちは、無情なまでに作戦遂行を進めるヨンファらのテロリストたちへ最終的には反抗し、テロリストと共謀して自国民を犠牲にするという愚挙を踏みとどまります。いい味出していたのが吉田栄作。いちいち副長に意見を具申していますが、許されるのか?と心配になるほどでした。

印象深いのは、首相梶本の「アメリカはどう言っている?」という台詞。日米関係をまっすぐに表現するのに、これ以上ない台詞でした。これこそ、日本の国内問題でさえアメリカの意向を確認しないと何も出来ないという現状を表している場面です。

この映画を観ようとしている人には、ぜひ原作を読んで欲しい。観る前でも後でもかまいません。また、他の作品も読んで欲しい。そうすればこの作品の位置づけがわかると思います。

絵的にはもう少し派手なものを期待していました。特に戦闘機との戦闘シーン。原作では戦闘機とイージス艦が戦闘し、イージス艦の無敵さが強調されています。全体を通して、ハリウッド映画のような派手さはないものの、その分テーマに深く迫った作品と言えると思います。

15:30の回を観たんですが、満席に近かったですね。年配の方も大勢来ていました。これだけを見ると、日本映画興行収入の記録も狙えるかもしれませんね。

しかし、原作や作者の一連のシリーズを読んでいない人はついていけない部分があるのも確かです。特に終わり方は少々拍子抜けしてしまいます。「ローレライ」も同じ印象を持ちました。

うーん、原作が難しい終わり方だしね。しょうがないでしょうか。

|

« まさか!そんな! | トップページ | 話題のマンガをゲット! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。見てきたのですね、亡国のイージス。自分は4日に見に行く予定です。夜に。
原作を見ていないと付いていけないという事は、ちらほら聞いていましたが、やはりそうですか…
自分は頑張って、一週間足らずで読みましたよ。
そういえば、今回の映画には確か12億円かかってるとか何とか。すごいですよね。
早く見たいです。その際には自分も記事をアップさせていただきます。

終戦のローレライは見たことないです。原作も…とりあえず一巻だけ買ってみましたけどね。

投稿: isamu | 2005/08/02 17:44

こんばんわ^^

この著者の作品は、読むのがしんどい場面が続くことがあります。その分周辺描写を丁寧にしているとも言えるんですが。終戦のローレライもそうです。
亡国のイージスは見る価値ありです。時流にも乗っていますしね。

投稿: ピア | 2005/08/02 23:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 実物の迫力はすごい:

» 映画 「亡国のイージス」 [日々雑記]
やっとで本日、「亡国のイージス」を見に行ってきました。 原作はすごく良かったので、当然映画のほうにも期待をしていたのですが… 正直、期待しすぎたかな、というのが感想です。 以下、ネタバレは極力控えてみました。 小説とは、やはりというか展開が違います。そして、ストーリーがあまりにも端折られすぎな為、原作見ていない人にとっては訳がわからない。 人物関係も説明されていないので、... [続きを読む]

受信: 2005/08/04 22:47

« まさか!そんな! | トップページ | 話題のマンガをゲット! »